ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

祝詞

縄文てアニミズムなんでしょ??

皆さん、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ


春らしくなって参りましたが、いかがお過ごしですか??



私はアメハレて
2017年3月12日
ホツマツタヱ22アヤ「オキツヒコ・ヒミツ🔥💧のハラヒ」の暗唱を達成しましたワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!




ところで皆さんは、縄文て自然崇拝=アニミズム

という思想をお持ちですか??

少なくともヲシテ文献をよく読むとそうではないことが分かります( ´ ▽ ` )ノ


漢字以降、「カミ」という語が「神 / 神」という語に置き換わってしまい、
これがシャーマニズムと結びついて、
尊い「カミのミチ」「トのヲシテ(ヲシヱ)」が歪められてしまったことは、
本当に嘆かわしいことです(⌇ຶД⌇ຶ)



漢字で「」という文字を見た場合、祭壇である卓「」の上にお供物があって、何か「お告げ」を受けている、という象形文字です。因みに「」というのは雷⚡️の象形文字だそうです。


一方、
カミ」をヲシテで見た場合、
カ=光」を与える
ミ=身、人」という意味になり、
輝き他の存在(タミとか)に光を与え照らしてくれる方ということになります。

決して天上界に居る?霊的存在のことではないです。


これは、
ヲシテ文献で他に「カミ」という用例を見た場合にもよく分かります( ´ ▽ ` )ノ

例えば、
ご功績のあった方への讃え名として、
36人もの子供を生み育て、また産医としても沢山の子どもを取り上げた3代目オオモノヌシのミホヒコ様には『コモリカミ』の称号が(○´3`)ノ


また、
夫婦仲が悪くて、
お互い「合わない」と罵り合って、
一時は離婚の危機にあった、
ソサノヲ様のお孫さんのオキツヒコ様。お互いに欠点を論ってばかりいたのでしたが
「マフツのカガミ(真実を映し出す鏡)」
に映して見たところ、
実はお互いに自分にも欠点があった…。誰でも欠点の無い人はいない。
自己をミガキ(磨き)合い、
それをせて行くのが
イセ(イモ・ヲセ=夫婦)のミチ」なのだ!と悟ったオキツヒコ様には「カマドカミ」との称号が( ´ ▽ ` )ノ


その他、
トップの人たちのことも「カミ」と言います。
ハタレだって頭領は「ハタレカミ」

現代でも政府のこと「お上(カミ)」と言いますよね+:.゚(人>◡σ).。+゚

肥後守(ひごのかみ)とかもそういう言い回しの一つですよん♪




ヲシテ時代、
自然神もありましたo(^▽^)o

ヤマサカミを始め、
キヲヤ(樹木の頭領)はククノチ
ノツチ(野や土)はカヤノヒメ

その様にいます!
なんでもかんでも物質のみ、
スピリチュアリズムを否定している訳ではないのですが、
それらは
①「自然(自然霊、自然神)とは人間が怖れ、崇め奉る存在」
でもなければ、

逆に
②「自然現象を征服して、文明を発達させれば良いという物質至上主義」
でもないのです。



これが、凄いところなんです(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…




ヤワしてアワお
ヱナとして
ヤマト・アキツス
アハチシマ
イヨ・アハ、フタナ
オキミツコ
ツクシ、キヒノコ
サドウシマ
ウミテウミカワ
ヤマノサチ
キヲヤ・ククノチ
カヤノヒメ
ノツチもナリテ
アワウタに
ヲサムハラミの
ミヤにヰテ
ステニヤシマノ


そしてね、
そのヤマサカミとか自然神を
人間より上に見ていた訳ではないんです。



ニハリミヤで自然神ウツロヰの悪戯に、
2代目オオモノヌシ・クシヒコ様、別名ヲコヌシ、ヲヲコヌシ、ヲヲクンヌシ様は、
ニニキネ様がツクバのミヤからニハリミヤに宮遷しの引越をなさる時に、
「タミも祝うと言うのに、
ウツロヰよ、そなたの行動は何事だ!?」と、
その状況を見ないウツロヰの勝手な行いを叱りつけます。


それ(ウツロヰの行い)をアマテルカミはお許しになりませんでした(΄✹ਊ✹‵)

まあ、わざとなんですけどね…

でも、ここで!
TPOを考えない行動というのは良くない、
自分だけ好き勝手な行動は良くない、
ということも読み取れますよね👀

(天)(地)せる」大切さワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ



そして、ニニキネ様が、
ヲヲンカミ(アマテルカミ)にウツロヰの過ちの許しを請います。

1度目は許されなかったのですが、再度、オホナムチ様の喩えまで出してきて許しを乞い願うのです!

オホナムチ様は自分の業績が素晴らしく出雲を豊かに導きましたが、その故慢心してしまいました。

けれどもツカルキミ(津軽のクニカミ)として再び立派に功績を上げました。
ウツヲカミ(ウツロヰカミ)も再びタミの役に立つと思いますので、
どうか許してやって下さいませ。


その様な訳で、
暦の365日の守りの内の5日間、ウツロヰに役目のお休みを与えて、
また東北の方角の一本の樹木をウツロヰの居場所と定めました。


そして、そのヤマサカミを統べるトシノリカミと共に、暦を守っているんですo(^▽^)o


私達の生活は、天地に生きて、
食物を始めとして、
自然現象や気象により、
季節があり、
また生活があり、
それらに司られているのですから、
暦を守っているのが自然神ヤマサカミだというのも当然ですね(^ー^)ノ



各々のヤマサカミの働きはどういったものなのか!?

それは『オキツヒコ・ヒミツ🔥💧のハラヒ』で述べられています(○´3`)ノ

このノト(祝詞)はまた、
ヤマトタケ様が東国平定に向かった折にも、
叔母であるミツエシロ(斎王)ヤマトヒメ様から、
ムラクモノツルギと共に、
ヒミツ🔥💧のハラヒのノトを授かり、
それを焼津でのりごちてます( ✪ฺД✪ฺ)




このノトを読み込みますと、
出てくるカミがどんな役割のどんな方なのか?
ということがスッキリ分かること請け合いですヾ(●´∀`●)ノ


ヤマトタケ様の詳しくを知りたい方はこちらをどうぞ♪





自然現象は、
地震、雷、台風、大雨、津波、火事、山火事、暴風波…
の巨大なものに遭うと人間はとってもちっぽけで、
人間の手には負えないものです。


けれども、
雨や雷、地震(の地浄作用)、風、火、水、土、
それぞれ私達の生活に大変役に立ちなくてはならぬものです。


ですからその働きに感謝して、
崇拝ではなく功績を讃え、お礼を言い、
ヤワしていく

そういった姿勢がヲシテ文献から読み取れるのですよ(○´3`)ノ


勿論、
イサナミ様がカグツチを(産道から)出産した訳でもなければ、
イサナミ様とカグツチは母子関係でもありません!!
「カグツチ」という讃え名と役目を与え、
タミの為に末長く役に立つように」と祀ったことを「ウム」と表現しています。

勿論、
イサナギ様もイサナミ様も、
島も生まなければ、
鼻から出産もありませんよ(`◕‸◕´+)キリッ!

そんなビックリ人間いるんですかっ∑(❍ฺд❍ฺlll)!??
(居たら見たいです)


また所謂シャーマニズムで、
自然神から御神託を伺うとか、
生け贄などを捧げてご機嫌を伺うとか、
そういうことではないっっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


勿論、私も人智を超えた不思議な出来事やお導き、事件、ということがあることを認めますし、
それらを全否定している訳ではないです。


それに諸外国では、
特に太古であればあるほど、
アニミズムやシャーマニズムの信仰があった、
今もある、
ということは存じております。


けれども、
本当の元の日本の国は、
アマカミがタミがより良く生活出来るよう、
タミを教え導き諭し統べる、
そういった国でしたo(^▽^)o


そしてヲシテ文献を読めば、
私達の想像以上に、
科学も数学も天文学も医学も地学も技術も発達していた世界に驚かれることでしょう!!


それが申し上げたいことなのです♪(*〇´∀`艸)*゚

是非、是非、漢字ではなく【ヲシテ】で読み込んで見て下さいね♪
ええ!暗唱出来ちゃうくらい何十回も!!


かと言って、
自然とは征服していく対象でもないのです(ღ′◡‵)


私達は(天地)に生き、そのアメノメクリ=天地のリズムの中で生かされているのですから(♡´◡`♡)




それと共に、
私達人間社会に於いても!
人はそれぞれ欠点もありましょうが、
それを補い助け合って、
またそれぞれの役割を担い合って、
そしてその働きに感謝して尊び合っていくのが、
どんなにか重要か?が分かりますよね!?


「脅す」ことでも
「威張る」ことでも
「妬む」ことでも
「媚び諂(へつら)う」ことでも
「論(あげつら)う」ことでもない。

しかし尊び合うこと!

その役目に対する感謝の念!


そしてその役割の仕事の恩恵を
「独り占めする」のではなく、
讃え合ったら、

素晴らしい社会になるのだと信じています✩゚.:★。+゚.:
✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦皆様の働きに感謝✩




こちらの記事も併せてお読み下さいませ♪




祝詞の神様??アマノコヤネ様のこと。関西旅行その1

5月も終わろうとしておりますが、
急に暑くなって来ましたね…(;´Д`A

私は、5/22〜25まで池田先生や池田先生の奥様の展覧会が大阪であるという事で、
それと絡めて2年ぶりの関西旅行に行って参りまして、今朝東京に戻って来ました(○´3`)ノ


実は夏至に出雲の佐陀神社で巫女舞奉納をするつもりなのですが、
今新しく『悠久の舞』を教えていただいていて、
6月には又広島から出雲と考えているので、舞のお稽古も必死です( ;´Д`)

巫女舞の師匠が
「バスは何処出発?
東京駅からならうちからの方が近いから、夜遅くても構わないからお稽古入れてあげるよ!」と熱心に教えて下さってありがたいことです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

巫女舞先輩も、一緒にお稽古しましょう、と親身になって見てくれます。+゚(つз`o)゚+。

まあ、Bebeはホンマに対人運が良いのですよ੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



さて、
今回は東京→大阪、2,000円というバスを見つけちゃったのです(((✿ฺ≧▽≦)彡☆

ええ、そりゃあバスは疲れますょ(TДT|||)

でも2,000円ですからね(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


そして大阪着いて直ぐのホテルも、
シングルでベッドでWi-Fiも使えて駅近で朝の7時半からチェックイン出来て2,000円+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


私の彼は、
そういう所はとても節約する人です(#^.^#)
お金の大切さ、ありがたみを知ってるからでしょうね!

けれども、
その分誰かにポンと10万円出したり、
何万円もポンと寄附したりします( ´ ▽ ` )ノ


うん、
私も彼ほどストイックには出来ないけれど、
やはりそういうお金の使い方が良いと思うんです(ღ′◡‵)


それはまるで「カスガカミ」アマノコヤネ様の教ゑのようではないですか☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



私が最も尊敬するカスガカミ・アマノコヤネ様は、

「自分の稼ぎだからどう使おうと勝手だろ?良い物を使ったり所有して何が悪い??」という考えのカルキミ・オホナムチ(所謂、大国主命と呼ばれてる方ですね!)や、
「欲を捨てちゃったら人生楽しみあるの??」というツクバウシに、
こう諌め答えます。


タカラアツメテ
クラニミツ
チリヤアクタノ
コトクナリ
(ホ13-51)


そして自分の為に財産を使うのではなく、
タラザラバ
ウエバホドコシ
ウケンカヤ
13-48

と、
今自分は恵まれていても、
いつ病や事故などで社会的弱者になるかは分からないのだから、
助け合いなさい。それでこそ社会であり、
自分の稼ぎが良いのだから自分で使うということを戒めています。

また施しを受けるだなんて乞食では?と抵抗感を示すツクバウシには、

ナオカラザレバ
ヒトナラズ
ヨニアリナガラ
ソノワザニ
ウメルタカラお
タダコヒテ
クラフイヌコソ
(天)ノツミヨ
(13-49)

そして自分の子とかは分け隔てなく、
教育したり育てたりしなさいと!

ココロスナオノ
ヒトアラバ
ワガコノコトク
トリタテテ
ミナタストキわ
ホシモナシ
(13-51)

現代社会は個人主義や利己主義に冒されていますが、
社会全体で人を育てたり助け合ったりするということ。
それが大切なのだと説いているんですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


それは私もそう思うのです。

与えれば与えるほど心は豊かになるし、
奪われていると考えれば考えるほど心は病んでいくものです。

奪われる妄想病は怖いです(TДT|||)

それは財産ばかりではなく、
「権利の主張」という名に変えて、
現代社会は冒されていますよね…。
著作権、知的財産権。

いえ、
盗作を勧めてる訳では無いのですよ(#^.^#)

作品なり思想なりを生み出した方は偉大ですから尊ぶべきです!

しかしあまりにもギスギスとした
「これは自分のもの」という考えは、
その人本人を不幸にすると思うのです。

アマテルカミは
本当に惜しみなく与える方だった!
いつも「モロタミキケヨ」と、
尊いみ教ゑもあまねくふれた方でしたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


アマノコヤネ様もそういう偉大な方でした(○´3`)ノ

そして欲望や我欲を離れた清廉潔白な方でしたから「カスガカミ」との尊称をアマテルカミから賜ったのでした꒰*✪∀✪꒱♬ ♡*:・


またアマノコヤネ様は大層聡明な方でした!

お父様はココトムスビ。
お母様はフツヌシ(カトリカミ)の妹アサカヒメ。
ですからフツヌシの甥っ子にあたる訳です。

第9代アマカミ・オシホミミ様が東北ヒタカミのタカノコフで即位するにあたって、ミクサタカラ(三種神器)とアマテルカミの詔を携え、
ヲシカ(勅使)として伊勢からヒタカミへ向かいます(11アヤ)。

そして福島勿来の浜で叔父のフツヌシ(カトリカミ)がアマノコヤネ(カスガマロ・ワカヒコ)を出迎えます。


オシホミミ様が就任するにあたりの勅使という大役を果たす甥ワカヒコとフツヌシの浜での宴では、
「この浜の名は?」とフツヌシが問いますが名は無いのと…。
「こんなに感激の祝いの浜の名も無いなんてなぁ〜…。浜の名も是非欲しいものだ!」というフツヌシに対し、
ワカヒコはすかさずウタを詠みます!


ナコソシル
フツノミタマノ
ササムカヒ
カヰノハマクリ
アフミヲヂ
ヲヰノミルメモ
トシナミノ
ナコソシルベユ
チナミアフハマ
(11-13)

ミルメという海藻も肴にあったのと感激している甥の「見る目」という掛詞!
フツヌシのことはフツノミタマと尊称してますね♪
その当時から「来た甲斐があった」の「甲斐」があったかは分かりませんが、
「貝の蛤」とこうして来た「甲斐の浜」も掛け合わせてる気がします。
年波と、浜辺の波も!
風景も浮かぶ様ななんと素晴らしいウタではないですか+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


そしてその後、
アマテルカミが息子オシホミミへの即位の寿ぎの詔をヲシカ・ワカヒコ(アマノコヤネ)が高らかに宣言するのも感動です੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


あ、旅行記も書こうと思ってたのに、
Bebeはアマノコヤネ様が大好き過ぎて、
その話だけでも3時間位は軽く出来ちゃうから、つい長くなってごめんなさい꒰#'ω`#꒱੭


という訳で、
関西2日目は奈良に行って来ましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



まずはサルサルサワに!


この猿沢池も、
アマノコヤネのお祖父ちゃんツハモノヌシがタマカヱシをして、
父ココトムスビがココトムスビという名とカスガトノという尊称を賜わった由来\(^o^)/


ココストノミチ
ヲヲンカミ
ツハモノヌシト
フツヌシト
タケミカツチニ
タマカエシ
サルサルサワニ
オコルミチカナ
(ホ8-44)


そして、ツハモノヌシの息子ココトムスビ(アマノコヤネの父)は、


ココストノネお
ムスブフミ
ココトムスビノ
ナニスヱテ
カスガトノトゾ
タフトマセ
(8-94)

とココトムスビという名とカスガトノという尊称を賜わったのみならず


ココチカスガト
サトノナモ
ヲキナガモリモ
タマワレバ
(8-96)

でカナサキ翁の森(杜)も賜わって、
それが春日大社と奈良公園です\(^o^)/



春日大社は6/30まで特別公開中で、そんな時に行けたのも本当にラッキーですヾ(@⌒ー⌒@)ノ



それから、
おや!??この9個の石は∑(❍ฺд❍ฺlll)

コホシ??


コホシ(九星)とは、
アメミヲヤとトホカミヱヒタメを祀ったもの!!

カスガワカヒコ(アマノコヤネ)様は、
ミハシラお
ヨツギミクラニ
ミテムスビ
アメノミヲヤお
マネキコフ
(14-5)
お役をなさった方だしなぁ〜ヽ(;▽;)ノ



また奈良に鹿がいるのも、
アマノコヤネ様がヲシカ(勅使)だったからでしょうね!??

因みに、
御祭神である、
フツヌシ様はアマノコヤネの叔父様で、
タケミカツチ様は、アマノコヤネの奥様ヒトリヒメの父上。

因みにフツヌシ様とタケミカツチ様の関係は、私自身は今のところ、
異母兄弟では??と考えてます。
池田先生は父子説ですが、
アニタダヒトリ
フツヌシガ
マサリテワレわ
マサランヤ」とミカツチ様が兄弟の切磋琢磨な良いライバル心をお持ちになり名乗り出たことを考えたり、
またフツヌシの妹アサカヒメがココトムスビの妻なのに、
タケミカツチが娘ヒトリヒメの縁談の橋架けをフツヌシに頼んでいるところを考えると…と思っております。
ヲバシリの記述まで行ったら変わるかも?ですが…。


そしてね、
アマノコヤネ様は「祝詞の神様」とされてます(TДT|||)

しかし何故、祝詞の神様と??
と言ったら、

「ヨツギノルノトコトノアヤ」で素晴らしいノト(祝詞)を詠んだからなのだと思います( ´ ▽ ` )ノ


私ね、
いつも思うんですけど…


何故、アマテルカミは日本の神社のトップで神様のトップとされているのに、
そのアマテルカミがどうして偉大なのか?
古事記や日本書記では分からない訳ですよ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

そして、そんな偉大な方をありがたがるのは良いのですが、
そのありがたい方の御心、み言葉にどうして多くの人々は耳を傾けようともしないのかヽ(;▽;)ノ

「モロニモフセ」
「モロタミモ ヨクキケ」
「タミカナラズモ コレナワスレソ」
と仰った御言葉に耳を傾けもせず、
ただありがたがってるって変だと思うのです(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

けれど、
アマテルカミはそんなことうるさく制定してないよ、
と思われるその後の神社の決めたしきたりとかは厳格だったりしてヽ(;▽;)ノ

あ、
あんまり敵を作ってはいかん、いかん((유∀유|||))


そして、
アマノコヤネ様を「祝詞の神様」としてるのだったら、
カスガマロ・ワカヒコ様がアマノコヤネとの名とカスガカミとの尊称を賜わったその由来のノト(祝詞)を紹介します(○´3`)ノ


アマイノル
コノテカシワユ
オトおスク
ヤドルオナカノ
ミコトナル
コノコわマスグ
タラチネノ
ナヱノヨツギノ
ミコトナリケリ
(ホ14-41)

少なくとも祝詞の神様とされているのであれば、
その方の作ったノトを奏上する方が、
全然関係ない祝詞を奏上するより、
その方は喜ばれると思うんだけど꒰#'ω`#꒱੭

まあ、アマノコヤネ様は、
ノトもウタも講義も素晴らしい方でしたからね(#^.^#)

そんなアマノコヤネ様とヒトリヒメのミヤは、
実は息栖神社です( ´ ▽ ` )ノ


今、16アヤ「ハラミツツシムオビノアヤ」を暗唱してまして、
この10日間は16-15〜16-20が難関で難関で覚えられなくてヽ(;▽;)ノ
でもやっとそこを制覇して21に入ったらスイスイ\(^o^)/


香取神宮フツヌシ。アマノコヤネの叔父)
鹿島神宮タケミカツチ。アマノコヤネの奥様の父。そして養子に入ったので父)
息栖神社タケミカツチヒトリヒメのミヤ。朝廷の仕事に忙しく留守がちなアマノコヤネの方をいつも拝めるように西向きの社殿)

この三社は東国三社と呼ばれていますが、③の息栖神社は御祭神が天鳥船とかされちゃってて、まったく意味が分かりませんが、
ホツマツタヱの16アヤでは、
何故、妊婦さんがお腹に巻く帯が「岩田帯」と言うのか?
また何故、茨城が「常陸」というのか?についても本当の由来が書かれていますが、
その話はまた16アヤ暗唱終えたらにしますね(^ー^)ノ


ああ、そろそろ眠さも限界なので、
とりあえず、
昨日行った元春日・枚岡(ひらおか)神社の話に持って行こっとヾノ。ÒㅅÓ)ノシムリヤリ…


春日大社は春日大社で伝統と格式のある神社で素晴らしいんですけど、

アマノコヤネの子オシクモ様が、
アマノコヤネ様を祀る為に建てたのは、
枚岡神社です( ´ ▽ ` )ノ

池田先生の展覧会から大阪市内に戻ったBebeは、行って来ました!!

電車を降りるとそこはもう枚岡神社でした(●ꉺωꉺ●)

ああ、なんだかここ凄く気持ち良い+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚





もう眠くて限界なので、
関西旅行記はその3位は書けそうなんですけど、
今夜はもう寝ますね〜(つA`)*:..。o○


おやすみなさ〜〜いヽ( ´O`)ゞファーァ…㍕(´~ヾ)㍕





最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ