ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

池田満

ヲウミ!アワウミの旅 その1

皆さま、大変ご無沙汰しております、
辛うじて生存しております(/●◔∀◐●)/

書きたい記事も沢山あったのですが、忙しさ故出来なくて久々に記事を更新させていただきます\(^o^)/

と、申しますのも、
一昨年父を、昨年母を亡くし、
しかし今年就職してしまって、
昼は朝8時〜夜8時、
夜は殆ど毎日ヲシテ授業、
その合間にも私自身の暗唱もお蔭様で20アヤまで完了しました。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪


さて、
今年は松本善之助先生がホツマツタヱを発見されて50年の節目に当たります\(^o^)/

その記念出版で、
松本先生と共にヲシテ文献の発見、製本、ご研究にご尽力なさり続けた池田満先生が『ホツマツタヱ発見物語』を出版なさいましたワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ

今迄、千年以上も「我国には漢字渡来以前には文字がなかった」「我国の行事や文明は中国から渡来した」そう思われて来ました。
しかし私達の祖先は高度な文明、精神性、哲学、文字を持ち、
現代に於いてさえ、その高い精神性は決して色褪せることはありません。
人類の抱える諸問題をも教え導く本当に尊いフミ!

故にこそ、
知られているだけで2700年近く一つの国として続き、また1000年以上続く老舗企業を沢山持ち、大災害が遭っても立ち直れる誇れる国なのではないでしょうか!?

古代のアマカミ(天皇陛下)の御心、御旨は、幾千代経ようとも、
現在の天皇陛下にまで受け継がれているのです。


そしてそのことを裏付ける文献が出て来た!!
学会も何もかもひっくり返る!
そんな世紀の大発見、そして遍く読める様にして下さった方が、
松本善之助先生であり、池田満先生でございます。




私は、丁度四年前の10月の終わりに、
このヲシテ文字のみで書かれた「記紀原書ヲシテ」を勉強し始め &教え始めました。

学問に王道なし!

しかし私は勉強のやり方は分かる!

それだけの話です。


暗唱、辛いですか??

それはその後に受け取る大きな大きな喜びを初めから放棄しちゃって残念ですよ(#^.^#)


それでも、Bebeと共に学び続けてくれた仲間達が、
ヲシテ文献を発見、掘り起こし、整備をして下さったマコトの人、池田満先生と夢の様な「高島旅行」をして参りました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



2016年11月19日
私と、広島の有末さん、なおみさん、かおりさんは、竹生島(ちくぶしま)に船で渡ります(○´3`)ノ

竹生島は、アマテルカミの三人の娘の内の長女タケコヒメ(後に初代オオモノヌシ・オホナムチ様に嫁がれた)の亡骸がお納めされた島です(∩╹∀╹∩)



タケコヒメ  タガニモウデテ
モノヌシガ  タチニオワレバ
スズキシマ  オモムロオサメ
タケフカミ(28-79)


オキツシマヒメ・タケコ様は、
カミアガッた(逝去)後の称号を「タケフカミ」としてスズキシマ(竹生島)に…

タケフ→タケフ(竹生)→竹生島(ちくぶしま)になったのでしょうね♪




島でもみんなで1行交代の暗唱リレーとかやっちゃって楽しいんですのよ(๑>◡<๑)




さて、
竹生島に渡った後はお蕎麦をいただきます(。-人-。)

いや、食いしん坊なんでね…
ただでさえ久しぶりのblogが骨折れですんで、
ホンマは食べた写真だけのblogにしたいくらいのダメ人間です(;≧ꌂ≦)




。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.


夕方には千葉のおけいさんや、
また京都の講習会が終わった池田先生達もいらしていただき、
今津のホテルで宴会ですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪



べべ組の授業では、
時々ホツマツタヱのウタを墨で書いたりしますが、
広島のなおみさんは書道家なので、
その作品をご披露\(^o^)/



また、べべ組の有末さんの暗唱は素晴らしいので朗唱披露♪(*〇´∀`艸)*゚

池田先生も沢山ご馳走をお持ちして下さってありがとうございました!

゚.:。+゚.:♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.゚.:。+゚.:♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.


翌11月20日は、
朝の水尾神社へ…

ミマコ(皇孫)ニニキネさまが高島に到った時に(24-26〜)昼寝して待つサルタヒコに遇います。

ウカワカリヤニ  ミアエシテ
アイマツナガタ  サルタヒコ
(24-31)


「ナガタ」というのは、
汝の為、あなたの幸せが私の喜び、ということです…
それは
長田神社が残っています。


そして

サルタシテ タケノイワクラ
オシハナチ イツノチワキノ
ヨロイサキ
(24-34)
このタケノイワクラが水晶も採れる岳山(ダケヤマ)





続いて
ミオのツチ ツムミカミヤマ
イセキツク サルタおホメテ
ミオノカミ
(24-34〜24-35)

として、
サルタヒコの御功績をニニキネ様が褒めて「ミオノカミ」という称号を給います。
(カタカナだとどんな字だか分からないから原文見てね+:.゚(人>◡σ).。+゚)



ニキテ振る池田先生\(^o^)/




池田先生から生講義を受ける喜び\(^o^)/



本当に幸せで有難い旅。+゚(つз`o)゚+。

書くことまだまだ沢山あるのですが、
どうやら楽し過ぎたせいか?バカでも風邪も引いてしまい、
続きは書けたら…??

詳細は池田先生のblogでお楽しみ下さいませ((_ _(-д- 。)ペコリ
                  ↓  クリック  ↓  クリック  ↓

Bebeのは期待しないで下さいね((_ _(-д- 。)ペコリ








楽しかった記念写真|ωΦ)チラッ


春!安芸!チノミヤ

ご無沙汰しております꒰#'ω`#꒱੭

Blogも書き掛け記事は溜まって行くのですが、中々集中して書き上げられずにおります(TДT|||)


Bebeは、昨年後半は巫女舞奉納をさせていただいたり、母の闘病も転院があったりバタバタしておりましたが、
それでもホツマツタヱの暗唱はようやく現在15アヤ「ミケヨロヅナリソメノアヤ」
そして2月には広島の古民家ギャラリーうしたさんにて、ヲシテ講座を開かせていただいたりしておりました♪(*〇´∀`艸)*゚


さて、
広島の種も冬には地中に力を蓄え、
春の到来と芽吹いてくる感じです。

そんな中、ヲシテ研究の第一人者、池田満先生が先月目出度く御退職なさいまして、この3月九州旅行へ!
そしてその道中には広島に寄られるという。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪


Bebeや、Bebeと共に広島で2年以上ホツマツタヱを学び続けてきた雅子さん!
そして古事記の素読の会を長年主催し、Bebeの広島ヲシテ講座を6回も主催して下さった藤原さん、
また三回のヲシテ講座をさせていただき、ヲシテ染織作品も作っていらっしゃる古民家ギャラリーうしたのオーナーで染織作家の鶴岡たかさんも、
池田先生ご夫妻が広島にいらっしゃるのを楽しみにしておりました(((o(*゚▽゚*)o)))




二年以上共に学んできた広島の雅子さんと…
神武天皇の寄られた宮に、池田先生とお会いできるなんて感激੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ

image





2015年3月22日春分の土曜日、
その前日には北欧では金環月蝕、
そしてピカピカのお日様です+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


池田先生と落ち合いましたのは、
かの神武天皇の東征の折、広島で寄られた「多家神社(たけじんじゃ)」です( ´ ▽ ` )ノ

image



ホツマツタヱ29-16には
アキノクニ
チノミヤニコス


とあります。

古事記には、
多祁理宮(たけりのみや)」とあります…(´'c。'` )ほほー
2015-03-19-10-25-39

これは神武天皇のイミナ(本名)が「タケヒト」様だったことに依ると思いますo(^▽^)o

そして日本書紀には、
埃宮(えのみや)」と出てきます(●ꉺωꉺ●)
image



これは私の推測では、
記紀が編纂されたのはAD712年〜。
ホツマツタヱの最終編纂はそれより約600年前です!
更に実際の神武天皇の時代というのはBC660年より前になるのですから、1300年以上前の出来事です。

漢字が渡来する遥か以前の出来事なのです。
ですから漢字渡来当時は万葉仮名の様に、元々あった日本語に音として漢字を用いていました。
例えば広島の古名「アキノクニ」でさえ、
古事記では「阿岐國(あぎのくに)」
日本書紀では「安藝國(あきのくに)」です。
ここは押さえておかねば!なポイントの一つです(○´3`)ノ

よくね、
ホツマツタヱの話をしてるのに、
「で、それはどういう漢字ですか?」とか訊かれることが多々あるのですよ(ノ∀≦。)ノ

だって漢字渡来より遥か1000年とか前の話をしていても!ですヾ(≧▽≦)ノあははは!

また例えば、
「え?安芸國は、安いに芸(藝)ですから漢字が違います」みたいな事も言われるのですが、
古事記、日本書紀でさえ表記の違いがある…
それは漢字以前にそういう名があったことを示しているのではないですか?(´✪‿✪`)

漢字自体が絶対ではなく
「当て字」だったということです(○´3`)ノ


それで一体全体、
チノミヤ」がどうして「えのみや」になってしまったのか??(TДT|||)


それは、
きっと漢字渡来当時、
チノミヤの「チ」の字に、
『埃(チリ)』の字を当て嵌めてみたのではないでしょうか…??
(あ、妄想べべ説ですょ)

それがどうして読み方が、
「えのみや」になってしまったのか?までは分かりません、ごめんなさい!

よくね、
「なんでこんな漢字に??」みたいな質問受けるのですが、
Bebeは教養が御座いませんから、
ホツマツタヱは勉強しておりますが
(しかもまだまだ紀元前1000年以前の部分)、
漢字渡来当時の5世紀〜8世紀の人々の事、発想とかよく分かりません(#^.^#)


また、
我が国初の天皇『神武天皇』(BC660年即位)という呼び名についても!!ですが、
その当時は勿論『神武天皇』なんて呼び名はありませんでした!
だって漢字渡来より遥か昔なんですよ!
「音読み」があるわけないじゃないですか(*≧ლ≦)

神武天皇は
ホツマツタヱでは
例えば29-66では
「カンヤマト・イわ(は)ワレヒコノ
アマキミ」

そして29アヤの結びには、
「ミヨカンタケノ
オオイナルカナ」
と拠出致します。

『【カン】ヤマト イワ(ハ)ワレヒコ』の『【タケ】ヒト』さんですから、
漢字が入ってきて、
カン→神
タケ→武


を充てたのでしょうね☆

これが、
タケを「竹」の字や「岳」の字を充てる可能性もあった!

そしたらば、
「神竹(じんちく)天皇」や
「神岳(じんがく)天皇」となる可能性もあったということですよ(o_ _)ノ彡☆バンバン

Bebeも一昨年、一生懸命125代天皇の名前を暗記しました(あ、暗記しただけで歴代天皇については、なあんも存じ上げてないです、悪しからず…)
「じんむ、すいぜい、あんねい、いとく…」というリズムも、
「じんちく、すいぜい、あんねい、いとく…」だった可能性も!??ナンチテ…


因みに、神武天皇はタケヒト様だったから、このミヤの名もタケ(多家)神社なのでしょう(○´3`)ノ


そんな多家神社の近くには、
「たれその森」という森が残っているそうで、
神社天皇が、現地の方に
「たれ(誰)そ(ぞ)?」と問うたからだそうですよ♪

それから…

これは2012年の10月のことで、
まだBebeがホツマツタヱの勉強を始める前(でもその準備に毎日ヲシテ日記を書いていた頃)の事で、
うろ覚えでごめんなさい!なのですが、
神武天皇が東征してアキノクニ(安芸國)に到着した時に、
寄った竹林があるそうで…。
素読の会をなさっている松田先生に夜にお好み焼き&ドライブに連れて来ていただいた時に、
多家神社と竹林の前を通り、
その時のお話では、
「神武天皇のお印(今も皇族の方お一人お一人にあるようなものかしら?)が『竹』だと仰った、ーとかなんとかで、
それで大層この地を気に入り、ここに逗留なさった(それで「タケ(多家)神社に…?)

しかし、その話が現地に残っているいるって凄くないですか?キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

神武天皇のイミナ(本名)はとっくに判らなくなっているのに、
自らを『タケ』と(○´3`)ノ
だって『タケヒト』様なのですもの+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


あ、ちょっと今調べてみますε=ε=ε=(●'▽')ノ





う〜〜〜ん、
やっぱりローカル過ぎて出てこないんですが(´◕ฺω◕ฺ`)ショボーン

しかし府中市の竹林の前を夜のドライブ(だと余計に周りが分かりませんっが…)
で通ったのですよ( ;´Д`)

そして
「ここから見下ろす広島市の中心地の街の灯りは、
昔は海だったのですよ」と松田先生に教えていただいたのです(♡´◡`♡)



そして…
神武天皇は船でやって来て上陸なさったのでしょうね♪
多家神社の手水舎は舟形ですꉂ ૮( ᵒ̌ૢꇴᵒ̌ૢ )ა。*゚✧

image



ついでに…

古事記・日本書紀の時代は、
地形が変わってしまったのか?
「ヤシマ(大八洲の八島)」の数が分かってないようですけど、
先日雅子さんとの授業で、
白地図で数えてみますと、
どうしたって岡山の吉備の児島半島は当時は半島ではなくて島だったと思われます(○´3`)ノ
(その話は又いつかしますね!
今日の目標は「取り敢えず記事をUP!」
何しろこの記事も月曜日から書き始め、
既に水曜日も終わろうとしているヽ(;▽;)ノ
欲張らないことに努めますヽ(;▽;)ノ)

広島もね、
島だったのですよ!!
安芸の中の一番大きな島が「広島」で、
私の彼のいる地は広島市中区の「白島(はくしま)」!!
四角い島だったので「ハコ島(箱島)」が訛って「ハクシマ(白島)」と…。

まるで、
東北ヒタカミ地方が四角かった故に「ハコクニ」と呼ばれたようなものですヾ(●´∀`●)ノ


池田先生をお迎えして
楽しく幸せなひととき。。。
image




神武天皇は身長3m超だったので、
腰掛石も脛の長さが伺えますლ(;ʘДʘ)ლ
image




境内には桜も開き始め…

そして古民家ギャラリーうしたさんへ移動(○´3`)ノ
image




池田先生の楽しいヲシテのお話や、
ギャラリーの鶴岡さんの染織作品、
ギャラリーの原爆被爆のお話など楽しいお話は尽きないのですが、

夕方、広島の牡蠣を食べに移動(○´3`)ノ

image




あ、日付変わらない内にUP目標なので、
続きはどうぞ池田先生のBlogをお楽しみ下さいませ(。-人-。)


北九州の芦屋釜の里、広島の探訪旅行: 縄文文字 ヲシテ を 復活!
http://t.co/4LaOZS0vUU



始末もいい加減に逃げるように取り敢えずUPさせていただきま〜すヽ(;▽;)ノ
お読みいただきありがとうございます♪







雛まつりヲシテの旅❀

2014.2.28

この日は、伊勢神宮内宮の伊勢修養団で毎月末日に行われている、
ヲシテ研究の第一人者池田満先生の
「いせの会」に出席するべく、
伊勢に向かいました( ´ ▽ ` )ノ


近鉄電車に乗って伊勢に向かう道中も、
伊勢、鈴鹿、白子とかホツマツタヱに所縁の地名のアナウンスがいっぱいあって、
古代へタイムスリップしてるみたいです( ✪ฺД✪ฺ)


一緒にヲシテの勉強を始めた三重のエミちゃんは、実は池田先生ともご近所で、
もう「いせの会」も出席し始めて10回位だそうです(○´3`)ノ

東京のBebeはなかなか行かれないので、憧れが募りますから、
今回はやっと都合をつけての初参加です
+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚



東京から名古屋行きのバスに乗り、
近鉄電車でエミちゃんの住む駅まで着くと、
エミちゃんのお迎えで一旦、エミちゃんの素敵なお家へ٩(♡ε♡ )۶

そして、エミちゃんにお弁当まで作っていただき、
いせの会に出発しました( ´ ▽ ` )ノ


画像1



池田先生や皆さんとお弁当を食べ終わると、いせの会が始まりました❀˳꒰*ॢ´◡`*ॢ꒱❀˳ワクワク


皆さん長年お勉強されているようですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

画像1



今日の講義は、
7アヤと17アヤでした( ´ ▽ ` )ノ


画像1

わぁ〜、3/8にBebeがさせていただく講義の宣伝まで載せていただき感激ですヽ(;▽;)ノ

しかし乍ら、急遽場所と内容が変更になりまして恐縮です…꒰#'ω`#꒱੭


講義の7アヤは、
つい先月、暗唱を終えたばかりのところですから、(大祓祝詞にも名の出てくる)シラヒト、コクミ、などの罪やトガ、ネヂケの事が先生の解説によって甦ってきますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



そして17アヤですヾノ。ÒㅅÓ)ノシ

17アヤは100段もあって長いヽ(;▽;)ノ


そして、
予めエミちゃんから「次は17アヤ」と聞いたので…


Bebeには小さなヤボーがありました(#^.^#)

これは、自分自身に対しての事なのですが、
毎日毎日ヲシテを書き続けても、
読み練習をしていても、
初見読みだと、
普通の人のカタカナを読むスピードには負けてしまいます(TДT|||)

それでも、
少しでもスラスラ読めるようになりたいっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)



そして、
ど〜〜〜してもルビ付きを読むのは嫌っっヽ(;▽;)ノ


なので、
何回か読み練習してきましたˉ ( ›◡ु‹ ) ˄


それで、他のみなさんはルビを読んでるスピードだけれど、
Bebeは記紀原書ヲシテを持っていって、
一緒にルビなしを読むヤボーヾノ。ÒㅅÓ)ノシ



この17アヤでは、
アマテルカミの講義に参加していた、
元ハタレ・ハルナハハミチの頭領のハルナハの言葉が訛りが入っていてホントに面白いんです(๑>◡<๑)

「コレミウン?」とか

ちょこっと練習していったけれど、
ともかく100段もあると長くて(΄✹ਊ✹‵)

普段の初見読みでは、
一度読んでも読み間違えると、
ついまた読み返しちゃうんだけど、
そうしてると付いていけないので⁽⁽◝(⊙ꎁ⊙ㆀ=͟͟͞͞⊙ꎁ⊙)◜⁾⁾

次の行から立て直しとか…((유∀유|||))


それでも予習(僅かな)効果で、
先生の解説は、
原文の何処なのか?分かるから、
解説聞きながら、
こういう風に書き込みしていけます+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


画像1



池田先生の解釈の深さ、
またヲシテで読まなければ理解出来ない、
「タ」や「ニ」のこと!
本当に楽しかったです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






翌3月1日は、
朝からエミちゃんと、
池田先生のお宅へお邪魔しました٩꒰ ´ᆺ`꒱۶


池田先生のお宅のお庭の素敵さ( ✪ฺД✪ฺ)

このお庭にいろんな鳥や、
狐や鹿まで来るんですってꉂ ૮( ᵒ̌ૢꇴᵒ̌ૢ )ა。*゚✧


そして素敵な奥様の、
素敵な陶器の作品の数々!!

本棚も思わず垂涎〜(w´Д`w)


池田先生自らご朝食を作ってくださり…

画像1



このお家に住みたい位の大興奮で、
写真に収めるのも忘れてます(((✿ฺ≧▽≦)彡☆

そして、
池田先生の書斎꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ

いろんな質問したり、
もうヲシテ三昧でなんと幸せなことか੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



画像1



写本に依るヲシテの字体にも興奮٩(♡ε♡ )۶

何か質問すると、
池田先生が古事類苑をたくさん開いてみせてくださいます(w´Д`w)

なんと幸せなことでしょう‧˚*(¤̴̶̷́ॢω¤̴̶̷̀ॢ๑)₊.


奥様の美味しいお料理やお茶もご馳走になり、
「是非また来たい!合宿させていただきたい(炎◡炎)…」とのヤボーを抱きながら、
夕方三重を後にし神戸へと向かいました*。⋆ฺ(*´◡`)ノ





翌日は流石にバテて、
神戸のお友達の家でゆっくりさせていただき、
そこの上のお嬢ちゃんに、
デッサンの鉛筆の使い方をレクチャーしたり…(๑´ლ`๑)フフ♡←なんやかんや教えることの好きなシト

下のお嬢ちゃんには、ヲシテお手紙書きごっこ(○´3`)ノ
画像1









翌3月3日(月)は、
初和歌山の旅です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


ホツマツタヱ9-39〜

スクナヒコナワ
アワシマノ
カダカキナラヒ
ヒナマツリ
ヲシエテイタル
カダノウラ
アワシマカミゾ

画像1



ホツマツタヱの9アヤ好きです!
いつも泣けて来ちゃいます(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

そのスクナヒコナが教えて到った
加太の浦の淡島神社(○´3`)ノ

画像1


沢山のお雛様(΄✹ਊ✹‵)

舟に乗せられていきます( ´ ▽ ` )ノ

画像1



巫女さんとお稚児さん?に引かれた舟は海まで運ばれていきますが、
画像1



女性は舟を担がせていただけるので、
Bebeもちゃっかり(๑´ლ`๑)フフ♡

画像1




浜辺に着きました!
画像1



そして舟が流されていきます( ´ ▽ ` )ノ

画像1

おとめらの
おもひおのせし
ひなのふね
すくなひこなの
いにしむすびて

べべ丸




Bebeはひな祭りが古くは流し雛だったであろう理由は、
ホツマツタヱ2アヤの、
ウビチニ・スビチニさんの故事に依ると睨んでます(✧◡✧)

2-11
ミアツケレバヤ
アスミアサ
サムカワアビル
ソデヒチテ
ウスノニココロ
マタキトテ
ナモウビチニト
スビチカミ
コレモウビニル
フルコトヤ
オオキスクナキ
ウスノナモ
コノヒナカタノ
ヲわカムリ
ウオソデハカマ
メわコソデ
ウわカツキナリ

(2-11〜2-13/284行目〜292行目)


また、古くは笹舟だったのでは??
と想像してます(#^.^#)
何故なら、
「トコミキのアヤ」な訳ですが、
御酒の起源が出てきて、
竹株に雀が籾を入れて醗酵したのが始まりで、
「ササケ(捧げ/笹)」たから「ササケ(笹け、酒)」になったのですからヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙






そして、
海辺の町の美味しいお寿司をいただき、
淡路島も眺めた後に、
日前(ヒノクマ)神社・国懸(クニカカス)神社へ( ´ ▽ ` )ノ

画像1


これはホツマツタヱ1アヤの「キツノナトホムシサルアヤ」で、
アマテルカミの留守中(はムカツヒメが代理ですね♪)、
キシイ(紀州)の人々が田んぼのイナムシにヤられお先真っ暗だったのを、
ワカヒメがオシクサで払いながら、
ウタでもって払い、
ムカツヒメは30人の侍女達と共に一緒に360回、ワカヒメのハラヒのウタを詠って払ったので、
そのお礼にキシイの人々がムカツヒメの為に建ててあげた宮が「アヒノマヱミヤ(日前宮)」!
日のカミであるアマテルカミの御前にいらっしゃるからですね+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

そして、元々あったアヒミヤは、
「クニカケ(国懸宮)トナス」と(○´3`)ノ

画像1





その後は、
いよいよ、タマツミヤにどうしても行きたいのです(⌇ຶД⌇ຶ)


しかしながら、
最初に行こうと声掛けしたお友達は、
関西のお友達をいっぱい誘ってくれたのですが、
実は興味の範疇が全然違って、
ホツマツタヱの内容より、
古墳やパワースポット、シリウス神社に行きたいのでだとかლ(;ʘДʘ)ლ


えええ!??
ホツマツタヱを巡る旅のつもりだったのに∑(❍ฺд❍ฺlll)


でも、
他のみなさんが、
みんなそういう系統なので、
Bebeが発起人だったのだけれど、
他の方々はBebeの友達と親しいお仲間だけれど、
その方々を一人も知らなかった訳だし、
来るまでに、
どんな話題で盛り上がってたのかも知らなければ、
「玉津島神社は行かないのですか??」と訊いたBebeの方が我儘のようにすら思えてきますヽ(;▽;)ノ


それで、
車を運転してくださった和歌山の方にお願いして、
Bebeだけは玉津島神社に連れてっていただくことに。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


玉津島神社に着くと涙が込み上げてきます(⌇ຶД⌇ຶ)


だって、
1アヤのワカヒメの授業は計五人に合計何十回行ったのでしょう??
100回かも知れません(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

車を降りて感激で思わず「うわぁ〜来られて嬉しい!!」
と言ったBebeに、

「べべちゃん!?」との声がლ(;ʘДʘ)ლ


思わずワカヒメかと思いましたら(んな訳ないが)

なんとホツマツタヱのお勉強をされている京都のゆりこさんではないですか!??・゜・(PД`q。)・゜・


ゆりこさまがワカヒメに見えたとですよ(⌇ຶö⌇ຶ)


帰ってしまった他の方々には申し訳ないが、他の方々はみな関西ですから、
ごめんなさいですけど、
是非また和歌山古墳巡りもパワスポも行って下さいませヽ(;▽;)ノ

東京から、
三重も経て遥々来ましたBebeは、
ずっと1年以上来たかったのですから、
その感激たるや尋常ではなかった筈です(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)



玉津島神社は紅白の梅が満開でお出迎えしてくれましたヽ(;▽;)ノ
画像1

ひさかたの
ひかりまします
たまつみや
けふそきたらん
むめもさきほぎ

べべ丸





ゆりこさんが教えてくれた奠供(てんぐ)山からの眺め+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

画像1



キシイの方々がホムシを払ってくれたワカヒメの為に建てたタマツミヤ(玉津島神社)ヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

ワカヒメがアチヒコさまに恋して、
求愛のマワリウタを読まれたのも、
この玉津島神社なのかと思うともう感激いっぱいです੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



画像1

1-24
キシイコソ
ツマオミキワニ
コトノネノ
トコニワキミオ
マツソコイシキ




御参りが終わりましたら、
その近くの素敵なカフェで、
京都のゆりこさまとお茶…(ღ′◡‵)
画像1



ホツマツタヱやヲシテ文献の世界への熱い想いを語り合います‧˚*(¤̴̶̷́ॢω¤̴̶̷̀ॢ๑)₊.


その後も、
またまた神仕組な出会いもありびっくりしつつ、


沢山の方々から沢山の助けや恵みをいただき、
そして…


実は3月8日は急遽、宮島での泊まりイベントは中止になってしまったのですが、
その代わり、3月8日(土)の午後三時間ヲシテみっちりの講座にしていただきましてワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!


それから、
言ってみるものですが…

ピアニストの小笠原貞宗様には、
べべ作曲アワウタの演奏・アレンジ・録音をお願いしていたのが、
出来上がったとの知らせも受け、
(ありがとうございま〜〜す♡♡♡)


池田先生からいただいた素晴らしいお土産も抱え、
嬉しい嬉しい、
ひな祭りのヲシテの旅路の帰途に着きました✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦




。.+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜
゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.ヲシテ講座開催のお知らせ゚。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃

【日本のタカラと日本語のルーツを探る!
日本語のミナモトーヲシテ】

今こそ立ち返る明らかになった縄文よりの日本のタカラ

◯ヲシテ文献とヲシテ文字について

◯ホツマツタヱに学ぶ日本のタカラ


日時 : 2014年3月8日(土)
13:30〜16:30

場所:アートサロン広島
〒733-0011 広島市西区横川町2丁目9-25松本ビル3F  
Tel 082-507-2345  


画像1



畏れ多くも、
池田先生がBlogで取り上げて下さいました੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


Bebeさんの広島の講座の事。  ヲシテの文字を読んで、ヲシテ文献のその時代の文章を読むという事。: 縄文文字 ヲシテ を 復活!

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-bd0c.html

ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




どうぞ宜しくお願いしま〜す( ´ ▽ ` )ノ









まっくらことばはウタのタネ

皆様こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

「ヲシテ1年生☆」読みに来て下さりありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))


Bebeの今回の広島滞在でも、
お蔭様で「ヲシテ入門講座」も三回開いていただき、
いらしていただいた方々に楽しくヲシテの読み書きしていただき
ありがとうございました〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

画像1



この三回の講座では、
①アワウタを半行交代でみなさんに読んでいただいたり、
ヲシテで名前を全員前に出てホワイトボードに書いていただいたり、

②アワウタや48音図を作成していただき、
ルビ無しのホツマツタヱも半行交代でみなさんに読んでいただいたり、

③数詞をヲシテで書いたり、1〜100までのヲシテ時代の唱え方をみなさんに答えていただき、
最後はヲシテ自己紹介文を書いていただき発表していただいたり…

相変わらずのスパルタっぷりでしたが、
みなさん全員出来たのですから
凄いことです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



これも、
主催者の方々のお蔭と、
ご参加下さった一人一人の方々のお蔭、
また場を提供してくださった「アートサロン広島」さん「古民家ギャラリーうした」さんのお蔭と、
そして陰に陽にいつも応援してくださる池田先生や皆様のお蔭です੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


ありがとうございました〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

画像1







゚.:。+゚.:♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.゚.:。+゚.:♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.:。♡゚.:。+゚.



さて、ちょうど一週間前に枕を買って貰いましたの(*≧ლ≦)

画像1


嬉しくなって、
いつものようにアホに
「まっくらことばはウタのタネぇ〜♪」などと歌っておりました、ところ…


彼が
「枕から枕詞が出来たんかね?」と言いますものですから、

「違うよ〜♪
枕の語源は「まくらことは」から来てるんやよo(^▽^)o

まっくらな心の中に、
ウタのタネであるマクラコトハを投ずる事によって
ウタが生れ、そのウタがココロオアカスんやよ♪(*〇´∀`艸)*゚」


「にわかには信じられひんな…。」


「だってそうホツマツタヱに書いてあるもん(○´3`)ノ

1アヤでね、ホムシに稲とかヤられちゃったキシヰ(紀州、和歌山)の人々の心は、
ヌバタマの実の様にお先真っ暗だったの!
それをワカヒメがオシクサを扇いで32文字の祓いウタを詠って払ったから、
ヌバタマが、夜とか黒に掛かる枕詞で、
そしてその夜や闇が、檜扇草(=ヌバタマ)の花みたいに
黄色い花びらに赤い斑点が希望の日の出だってなったんだよ〜(○´3`)ノ」


「じゃあ【あしひき】は?」

「待ってました(≧∇≦)
【あしひき】は【ヤマ】!!」


「なんで山なん??」


「それはねぇ〜、
5アヤにあるんやけど、
イサナミ様が、火の神カグツチに焼かれて亡くなられた時に、
イサナギ様は妻恋しさに、ココリヒメが制するのも聞かず、
屠られた所に見に行ったんだよねぇ。
そして足引き帰って来たの。。
これが第1の「アシヒキ(足引き摺り)


その夜もまたカミユキして会いに行っちゃってね、
コトタチにして悔やんで帰って来て禊したんやけど、

イサナギ様とイサナミ様は、
1500の葦の湿地の葦を抜いて=引き抜いて、水田に変えて行ったんだよヾ(@⌒ー⌒@)ノ
これが第2の「アシヒキ(葦引き抜き)

そんでね、

ミソギニタミノ
トトノイテ
イヤマトトホル
アシヒキノ
チイモ(1500)ノオタノ
ミツホナル
マトノヲシヱニ
カカンシテ
ノンアワクニは
テンヤマト
ヒキテアカルキ
アシハラノ
ウタモサトレヨ
マトミチノ
トホラヌマエノ
アシヒキノ
マクラコトバは
ウタノタネ


なんよ〜〜ヾ(●´∀`●)ノ



そしてぇ

アシヒキはヤマ
ホノボノは
アケヌバタマは
ヨルノタネ
シマツトリノウ
オキツトリ
カモトフネナリ
コノアチオ
ヌバタマノヨノ
ウタマクラ
サメテアカルキ
マエコトバ


ココロオアカス
ウタノミチ
ミソギノミチは
ミオアカス
ヤマトノミチノ
オオイナルカナぁぁぁ〜〜〜

ジャンジャン!!


なりよ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」

「ほぉ〜ん…」




ところで…



先週は忙しかったので、
池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活」も読めてなかったのですが…。


昨日見てびっくり(TДT|||)


なんと!!

ウタまで褒めていただいていたとはぁ〜〜(/●◔∀◐●)/

ウタのこと。 こころのミソギの事。   八田真太さん『関西弁超訳 論語』のこと。


そんなことあるわけないじゃないですかぁ⁽⁽◝(⊙ꎁ⊙ㆀ=͟͟͞͞⊙ꎁ⊙)◜⁾⁾



然し乍ら…。


実は、
とうとう「定本ホツマツタヱ」を購入したざんす੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


画像1

左が「定本ホツマツタヱ」
右が「校本・三書比較ホツマツタヱ(上編)」



ずーーーーーーーっつと欲しかったけど、
分不相応の高価な本やしぃ。。。


Bebeは三書比較の上巻を、
ゆーちゃんも上巻を、
エミちゃんは中巻を、
古書で出物が出た時に買って持ってます(#^.^#)


それで「いつかは。。。(w´Д`w)」と思っていたのですが、
今回、広島でヲシテ書籍を取り扱うことにし、
池田先生にもご協力いただいて、
定本も三冊お預かりいたしました!!

そしたらどうしても欲しくなってとうとう「お買い上げ〜」


嬉しくなって
ゆいさんで一昨年作っていただいた判子も押しちゃいました

画像1




「この厚さ、
他にどういう使い道??
枕??」
と揶揄されるも、
嬉しくてたまりません(((✿ฺ≧▽≦)彡☆

マクラコトバはウタのタネぇ〜!


ですからねぇ。。。



ココロオアカス、ウタノミチですもの。。。



三書比較。。。


広島の講座でも、
Bebeの本を用い、
具体的に、
ホツマ→日本書紀→古事記
に於いて変遷があるか?

クニトコタチ様やトヨクンヌ様の名前を例に取り、
皆様にお見せしました♪


嬉しくなって

このようなウタを詠みましたら、

画像1

新しき 扉紙にぞ
朱(あか)押して(ヲシテ)
胸に抱くや
本の厚みを
べべ丸





Twitterお友達でピアニストの
小笠原貞宗さまが、

いけだうし まつもとうしの
あとうけて みつふみくらぶ
いさおたふとし

池田大人  松本大人の
後請けて  三書比ぶ
功尊し

  貞宗




を詠まれました( ✪ฺД✪ฺ)


ホンマに!!

松本先生のご功績、
そして池田先生のご功績により、
一文字一文字比べたことにより!!

ホツマツタヱが記紀の原書であるということがわかりますよね!!

ホンマにこのコツコツと地道な作業とご研究してくださったお蔭です!

なんとなく「内容が似てるから原書なんだろう」ということではなく、
キチンと比べたら一目瞭然です!!

単なる古史古伝とは一線を画すべき素晴らしいタカラを学べる恵みに感謝して、

これからも拙いながらも、
その尊さのほんの少しでもお伝えしていけたらたらなぁ〜(w´Д`w)

と思う次第でございま〜す(๑´ლ`๑)フフ♡



画像1


昨日は広島城のお堀の鴨さんと鯉さんに会いに行って来ました( ´ ▽ ` )ノ

画像1


和歌などに使われるカモとケリ…

これも縄文の昔から意味があり、
日本語になっていったことが判明したなんて凄いことですよね+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚





ウタの国、
日本語の秘密(✧◡✧)


そして安芸のクニから、
明日東京に戻る予定です*。⋆ฺ(*´◡`)ノ








。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。お❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。ま❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。け❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.


画像1

本来の自分を思い出し
まことの日本に やわす会
http://hakuryukai.jimdo.com/



更にオマケ☆

2014年2月5日のアートサロン広島さんでの「ヲシテ入門講座」の前半1時間の様子♡
http://youtu.be/uLHvPSG01uw
http://youtu.be/uLHvPSG01uwhttp://youtu.be/uLHvPSG01uw




イソノマサゴハイワトナル(ツナガル・アワス)。2013年4月後半のこと

4月17日
池田先生の「よみがえる縄文時代」がアメハレ(天晴)て発売になりましてワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!
画像1

よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ―新発見『ミカサフミ ワカウタノアヤ』アマテルカミが解き明かす [単行本]
▲クリックでAmazonへ♪

前の記事にも少し紹介いたしましたが、
昨年末の新発見でありながら、日本語の成り立ちに関して、物凄い貴重な発見であります꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ
それでいて、池田先生の、初めて読む方、初心者の方にも分かり易く!を心掛けてらっしゃる良本ですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

BebeはAmazonで予約入れてたんですけど、どうやら予約よりも新規注文の方が早く入手できそうなので、予約をキャンセルし、注文し直しました꒰#'ω`#꒱੭

お友達のD兄なんかもTwitterで宣伝してくれて、
Bebeのヲシテ仲間も勿論購入してました(○´3`)ノ








広島の雅子さんやさゆちゃんとの授業は、
奉呈文の
レオマコトト ナシカタシ
レニヒトツオ アゲシルス


まできまして、
ここ迄のところは、もう既に、
4人とやっているのですが、
初心者ながら百読の恵みは未だ未だあって、
ここでも、
=左(日)
=右(月)のテクニックが使われていることに気がつきます∑d(◐д◑´,,)

画像1


こういうのは随所に出てきて、

1アヤにも
フハヒデ ミナミニコトオ
キマエテ オチツクハニシ

なんかも
=天
=地
のテクニックを盛り込んでいるのではσ(・ω・`@)??
と思います(#^.^#)




因みに、上図ノートに書きましたように
Bebeは奉呈文19の、
「タツミツチノ チカラヱテ」と
「タツミツチノ チカラヱテ」につきましては、
タツ(龍)とミツチ(蛟)では格が違う、
タツは山で千年、海で千年、里で千年、修行しないと成れないのだから、
同列であるではNGで、
ミツチはタツに向かっているでなくてはならないのでは??
と考えましたが、

これは日本ヲシテ研究所の平岡憲人様に依りますと、
「本来は、「立つや(いなや) 水と土の力(を)得て」の意味です。溺れたんだけど、海底に足がついて踏ん張ったところ、水や土の力を得て、というシーンなのです。」
だそうで、
ほんまにヲシテの解釈は深くてヽ(;▽;)ノ

きっとBebeなどは何十年費やしたところで深淵には辿り着きそうもなくヽ(;▽;)ノ

せめて細々と暗唱するのみでございます(#^.^#)


平岡様、ご親切にご指摘いただきありがとうございます(。-人-。)





その奉呈文の続きですが、
「ツツガモナミノ イソニツク」とあって、
「ツツガ」は牢獄を表すようですが、
転じて「災難」という意味になり、
「恙無く(つつがなく)」などと現代でも用いますが、
ヲシテで見ると、
「ツ」…ツく、ツながるなどのツを繋げてみましたが面白いですね(*´∇`*)

画像1


画像1




この頃安芸繋がりでは、
チーム安芸のさゆちゃんは、早速お母様相手にヲシテ塾を。。。꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ
画像1


さゆちゃんは、いつも何かアドバイスした事を即、実践!します(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

Bebeだって何も分からない時から教えてた位ですが꒰#'ω`#꒱੭
あ、今も分かってないですが…(*/∇\*)

けれど、インプット⇨アウトプットが最大の学習方法です꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ

聞く人、聞かない人は、いるでしょう。。。

それは自分の人格を否定されたことではないのです(๑´ლ`๑)フフ♡

自分から話してる、って訳でもないのですけど、
「べべちゃん、最近何してるの??」と訊かれたらチャ~~~~ンス(✧◡✧)

その機会を捉えて、さりげな~~く
「うん、最近は縄文時代の、漢字渡来以前の【ヲシテ】って文字で書かれた「ホツマツタヱ」を勉強してるよ(○´3`)ノ
古事記や日本書紀の元になったやつ!
週に8本授業持ってんの(*≧ლ≦)」

と、こんな感じです(#^.^#)

友達の頭の中は、それだけでは「???」が一杯ですから、
ま、大抵は人が良い人なので、
「それってどんなの??」とか
「何処で教えてんの??」とか
聞いてくれます(((✿ฺ≧▽≦)彡☆


あ、押し付けて話してるんじゃないんですよ!
聞かれたから答えてるんですよ、あくまで(๑>◡<๑)

そんな感じで話す事の多いBebeですが、
さゆちゃんもかなりそう実践しているのですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

あ、小学生のアイナちゃんだって学校のクラスのお友達にヲシテを教えていて、
クラスのかなりの子がもうヲシテを書けるそうですよ(○´3`)ノ

超初心者であっても、もうヲシテの読み書きは出来ますから、
ヲシテ文字位は誰にでも教えてあげることができるじゃないですかo(^▽^)o

ヲシテ文献は奥深いから、
そんな真髄、深淵が教えられるわけではないですよ(○´3`)ノ

けれど誰でも、「まずはヲシテの読み書き」が先なわけですから、
仮に今ここで、始めなくても良いのですけど、
次にヲシテを見聞きした時、
「そういえば前にべべちゃんもやってたよなぁ~~σ(・ω・`@)」と興味を持ってくれたらええと思ってますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙





4月20日(土)
この日、注文した池田先生の「ミカサフミ ワカウタノアヤ」も届きまして。。。

そしてこの日、BebeはBlog『ヲシテ1年生☆』を始めましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


どうしてBlogを始めようか、と思ったかと言うと…

第一に、
Bebeを信頼して学んで下さってる皆様に少しでも貢献出来れば!!
と思ったのですよ。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

高名な先生に学べば、
「(´'c。'` )ほほー」ってこともあると思います(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

まだまだ世の中、学歴、肩書き社会ですからねヽ(;▽;)ノ

「ヲシテ??それって何なの??
何処で学んでるの??
誰それ??」
って事もあるのだろうなぁ~~と思うわけですよヽ(;▽;)ノ

何処の馬の骨とも知らないBebeに、
しかも皆さん真剣に、
暗唱も欠かさず!!
毎回楽しみに、
忙しくとも貴重な時間を作って
謙虚に学んで下さっている・゜・(PД`q。)・゜・

泣けますよ!!
ありがたくて泣けてきますよ・゜・(PД`q。)・゜・

だったら、少しでも、
「何処で学んでるの??
あ、Blogの人ね!」とでも言われて欲しい、という親心?です(#^.^#)



それから、いつも誰かにヲシテの話をしているBebeですが、
私の話で始めなくたって良いんですけど、
人は何回か見聞きすれば、
気になったりして「それってなんだろう??」と調べたり学んだりすることもあるじゃあないですか!??

その踏み台の一回でも二回でもなれば良い。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

ある日「ヲシテ」をググってみたら、
たまたまこの『ヲシテ1年生☆』に行き着いたとしてですよ、
その時は「ふ~~ん」で終わっても良いと思ってます(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

その後また「ヲシテ」という言葉を何処かで見聞きし、
「じゃあ池田先生の本でも一つ読んでみるかな??」
となったら本望ですよヽ(;▽;)ノ




それから…
ヲシテ研究の素晴らしい方はいらっしゃる!!
けれど、ヲシテ文字の「初めの一歩」のハードルが高いんだろうな(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…
と常日頃痛感しております!!
だから、こんな初心者のBebeではありますが、
初心者だからこそ、
どうやって始めたら良いのか??
については語ることが出来ますヽ(;▽;)ノ
こうして何も知らない6人も7人も、ヲシテの読み書きから奉呈文暗唱まで導いた実績があるのですからヽ(;▽;)ノ



少し前から、「よ~し!!Blogを始めようヾノ。ÒㅅÓ)ノシ」とは思っていたものの、
アメブロ等は使っていて使い易かったのですが、
livedoor Blogの設定の難しいことヽ(;▽;)ノ
それでも「ともかくアップすることに意義がある」とアップ致しましたぁ~✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦
4月20日の最初の記事


早く現在に追いつきたいんですけど、
二ヶ月ちょいも掛かっても、まだその差が追いつきませんね((유∀유|||))
あともうちょっとかすら( ;´Д`)



4月21日(日)
Blogの①は尻切れとんぼで終わってしまって、
翌日はもうちょっと使い方もマシ??になり…

この頃もBebeは毎日なんやかんや友達の会う用事があり、
あちこちで一人講演会でした(((✿ฺ≧▽≦)彡☆
画像1

ヲシテ研究所の斯波さんから教わった「トキ」「トコロ」の話もします(๑´ლ`๑)フフ♡




4月22日(月)
池田先生からヲシテフォントを賜りまして+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
夢中になって遊びますキャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

ヲシテフォント、お申し込みはこちら٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱コレ



PCでなくiPhone(iPad)の、お遊びアプリで開けちゃったものですから、
縦書きの入力の仕方も分かりません(๑>◡<๑)

画像1



猿も触ってると上達しますˉ ( ›◡ु‹ ) ˄
画像1





裏技も発見!!ハッ∑d(◐д◑´,,)
行数に依って、
原稿さえあれば、
横書きに打てば良いんだ!

例えばこの例だと、
①テアカモトモ
②ラオエトシ〃
③シヒマノオナ
④マトシヒヘソ
⑤スクテノテヨ
⑥□サ□ワ□ロ
⑦□オ□ニ□ノ
画像1


丁度、
ゆーちゃんとおでんわホツマを始めたのが2012年10月21日、
エミちゃんと(その頃はアイナちゃんも居た)は2012年10月23日だったので、
半年経ってBlogも始め、
ヲシテフォントもいただき、
大感激です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。




更に
4月24日(水)には
元会社の先輩・玲子さんにヲシテ幼稚園開講♪( ´θ`)ノ


水曜日はおでんわホツマがない日なので、人とのアポを入れることが多いです(´✪‿✪`)

画像1

手作り教材で(๑´ლ`๑)フフ♡

画像1




更にその夜はD兄(でぃーにい)と。。。
この日はヲシテ幼稚園二本立てワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ

画像1



画像1


D兄、曰く
「27代遡ったら、一億人の祖先が必要だけど、昔の人口を考えたらそれが全部別の人とは考えられない!だからみんな何処かしら血が繋がっている!
しかも27代と言えば、たかだか800年程度!」
みんな同胞(はらから)ね( ◜◡‾)(‾◡◝ )
鎌倉位かσ(・ω・`@)??

更に、「暗算なんだけど40代位、僅か千年で親は1兆人必要。1万年では検討もつかない。しかもそれが今生きている人全員に必要な物語。隣の仲の悪い国の人は何代か前は親子か兄弟だったしどこもかしこもそんな感じで、富を独占している場合ではない。皆が皆、分け与えよ!(^-^)」と!!




仲間がいるって素晴らしい。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


アワす

『ア・ワ』す、ってそういうことではないかしら??
ア=天
ワ=地
よく「天と地ほども違う」というけれど。。

気の合う人とだけ合わすのは簡単だけれど。。

違う者と「ア・ワ」してこその、
「マト」まる!
画像1





例えば一つの身体を考えてみたら、
心臓は心臓の役割!
腸は腸の役割!
耳は耳の役割!
白血球は白血球の役割があるよ( ´ ▽ ` )ノ

心臓が「俺は不眠不休なのに、足の奴は寝ててズルい」とか言うだろうか??

目が「誰のお蔭で情報入れてやってると思ってるんだ!」と言うのか??


肉体のそれぞれの器官、細胞は、みんな全体の為に、それぞれに奉仕しているのを喜びとしているo(^▽^)o

歯や唾液は、胃が消化し易いように、
胃は腸が吸収し易いように働き、
血管は各器官や全体の為に血液を行き渡らせる…

お役は違えど、どれ一つも無くてはならないヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


私達の地球を一つの肉体に置き替えてみたら???

それぞれの役割はあれど、
それぞれが我よしに我が儘に主張したり、
お互いを憎み合ったり攻撃したりすれば、
一つの身体は滅亡してしまうよ。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


よく聞く離婚理由に、
「性格が合わない」「意見が合わない」と言うのがあるけど、
男女は元々、身体の構造も生理も感じ方も違うもの(ღ′◡‵)

ヲシテで見たら「ア=天」「ワ=地」!
違うものをまつり合わせる努力があってこそ「アワす」!





そしてチーム安芸(は『チヰモアキ』のパロディです♪)の、
さゆちゃんと雅子さんは目出度く
4月29日に奉呈文終了

この二人も、
移動中や細切れの時間から暗唱する時間を努力して見つけ出し、
お風呂でも「お風呂ホツマ」と呼んで【ひたすら】頑張ってきました。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

画像1

ヲシテ文献でよく出てくる「ヒタす(養育する)」は、
ホツマツタヱ4アヤ39では「ヒ(人のヒ)タス」
ヒト(一〜十)になるように足す、助けるから「ヒタス」=養育する!
日も足すのだろね♪
一生懸命の「ひたすら」はここから来てる筈!



2月に始まったさゆちゃんと雅子さん(´✪‿✪`)

最初は二人からの質問が多かったな♪

けどBebeの授業は、そんな【質問して分かった気になる】ような受け身ぢゃないよ(✧◡✧)

一行訳でなんか分かりっこないよ!
主語と述語は何行も離れてたりするんだから!

バシバシあてます!


一行訳でなんか分かりっこないヲシテ文献!

何度も読ませ、
この言葉が何処に掛かるか?導き、
暗唱させ、
そしてBebeからガンガン質問していくよo(^▽^)o

やから「忘れない」!!

先生の講釈を聞くのが勉強なんでなくて、
自ら考えることが勉強なり(✧◡✧)

大学院生のさゆちゃんも、
大阪の病院に広島から行ったり来たりの主婦の雅子さんも、
よく頑張りました。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

Bebe式は、聞いてたら済むような生易しさはないヾノ。ÒㅅÓ)ノシ

けど感動しなくちゃ授業じゃない!
楽しくなくっちゃ続かないヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

仲間がいるってイイねぇ+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

誰かが暗唱マスターしたり、一アヤ終わったりすると、
その努力を褒め讃え、祝福し、
共に喜び合える✫★✬*:・ワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ(′▽`*)乂(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!・:*:・゚✩✫✦

画像1



一人一人は砂粒のような私達でも✫★✬*:・ワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ(′▽`*)乂(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!・:*:・゚✩✫✦













またまた◆追記◆

♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫* お知らせ 。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


4月に新著「よみがえる縄文時代」もご出版なさった池田満先生ですが、
名古屋の中日文化センターにて、7月から半年間
「縄文人のこころを旅する 「ホツマツタヱ」を読み解く」のご講座を開講なさいます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


是非是非ご参加なさってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

画像1


画像1


☞詳しくは池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」

☞お申し込みはこちらから






故松本善之助先生の10年目の桜花忌のこと

2013年3月末。



ヲシテ研究所の斯波さんから「池田先生からメールが届きましたか??」とのメールが届きましたが、
そんなメールは見ていないなぁ~~σ(・ω・`@)…と。。。

あれ??ひょっとすると!??
と思いまして迷惑メール・フォルダを探して見ますと。。。。



あ、ありましたーーーーーっっヽ(;▽;)ノ


日本のヲシテ研究の第一人者である池田満先生からメールをいただけるなんて、
天にも昇る気持ちです٩(♡ε♡ )۶


ましてや、
『ホツマツタヱ』などのヲシテ文献を発見なさり、
その御研究に一生を捧げられた故松本善之助(よしのすけ)先生のお墓参りのお誘いだなんて☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




そうお取り計らいして下さったのも、斯波さんのお蔭です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
斯波さん、ありがとうございます(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*




Bebeみたいな、
たかだかヲシテ文献を読み始めてたった五ヶ月(2013年3月末~4月初め当時)しか経っていない超初心者に、
池田先生から松本先生のお墓参りだなんて੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



Bebeは松本先生の御著作はその当時(も今も)1冊しか持っておりません(#^.^#)
『秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1980年)です♪


そして、それは広島の素読の会の松田先生に長いことお貸ししておりまして、
広島のBebeのヲシテ仲間の雅子さんが、その続編『続、秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1984年)を入手して読み終わったけれど、その前の本が読みたい、とのことで、
松田先生に雅子さんにお返しする様お願いし、
Bebeは広島で雅子さんから続編をお借りして読みました( ´ ▽ ` )ノ

広島仲間は便利で、
雅子さんとさゆちゃんとBebeとで、二冊の本を回し読みです●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●


もうお亡くなりになって10年!しかもまだまだマイナージャンルでありますので、
松本先生の著作物を入手するのは既に困難なのですよヽ(;▽;)ノ




松本先生のヲシテ研究に賭ける情熱は並々ならぬものがあり、
ジャーナリストですから文章のセンスも抜群なのですが、
それでも表立っての文壇には相手にされなかった御苦労。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


そうでしょうね、そうでしょうね…(⌇ຶД⌇ຶ)
今まで1300年もの間、記紀が最古の書物と研究なさってきた方々には、
それが覆(くつがえ)ってしまうということは、
オマンマ食い上げになってしまうということもありましょう… (⌇ຶö⌇ຶ)
そうしたら認めるなどということが出来るものか!!
という方々も沢山いらっしゃるのでしょう・゜・(PД`q。)・゜・


松本先生も、『現代用語の基礎知識』などの第一級のジャーナリストでいらっしゃいながら、
今まで築いてきた地位や肩書きを捨てての、ヲシテ研究へのご献身。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


けれども僭越ながら思いますに、
まずジャーナリストとしても一流の松本先生であったからこそ!!
【ホツマツタヱを世に出したい!岩戸を開きたい!】と思っていたカミガミ様が、
白羽の矢を当てたのでしょうし、
並々ならぬ根気のいる作業を必要としたからこそ!
まだ十代であった池田先生を出会わせ研究させたのだと思います(⌇ຶД⌇ຶ)

Bebeがヲシテ文献を今こそ世に出したい、と願っている神の一柱であったら(かなり不遜で大胆な設定ですが(((✿ฺ≧▽≦)彡☆
妄想は自由ですのよ(#^.^#)オホホ…)
きっと松本先生と池田先生のコンビで先ずは事を進めた、というのも納得です(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…





松本先生は1966年に神田の古書店にて偶然、『ホツマツタヱ』を再発見した。
同文献の約10万文字、1万行のヲシテを研究し、古事記・日本書紀でいう神代〜景行天皇までの御世について『ホツマツタヱ』が豊かな記述を残しているということなどを明らかにしてきた。
熱血漢と温和な面を備えるなど、「人間、松本善之助」として人望が篤く、全国の同志の間を飛び回りながら『ホツマツタヱ』の研究に一生を捧げ、現代における同文献研究の先駆けとなった。
関係する全国の研究会で育った後輩たちの手によって、今日においても『ホツマツタヱ』の研究が引き継がれている。
※殆どWikipedia丸写しで失礼(//∇//)


今年で松本善之助先生がお亡くなりになられて10年目だそうです(●ꉺωꉺ●)
Bebeが「ホツマツタヱ」というヲシテ文献というものの存在を知ったのは、
2012年7月の京都でですから、
松本先生にお会いしたことがある訳もなくヽ(;▽;)ノ

それでも最初にその京都で、
ホツマツタヱ発見の経緯などを教わりまして、
一番最初から松本善之助先生のお名前や経緯を知れたのはラッキーだったと思っております。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

そして、その時にそのご研究を一緒になさって継いでいらっしゃるのが池田満先生だとも教わっているのですから…。+゚(つз`o)゚+。


故松本先生は、ヲシテの解読から始められて、
池田先生と共に、
畳大にも及ぶ巨大な系図を作り上げ、
日本書紀、古事記とヲシテ文献「ホツマツタヱ」を一語一句比較するという
緻密にして気が遠くなる作業をやり遂げ、
画像1
そのお蔭で、今こうして私達が『定本(三書比較)』や
『ホツマ辞典』や『記紀原書ヲシテ』を読めるのです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
定本〔ホツマツタエ〕―日本書紀・古事記との対比 [単行本]







池田先生のBlog「 縄文文字 ヲシテ を 復活!(☜クリックで飛びます)でも、
度々松本先生のお話が書かれていて、読むととても興味深いですね(´✪‿✪`)

池田先生が松本先生に出会われたのは、池田先生弱冠高校生だと言うのですから(΄✹ਊ✹‵)
それは実に運命というかお導きというかでなくして、どうしてあり得ましょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

このカレーライスの記事とか面白かったです(๑´ლ`๑)フフ♡








。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.





今年は開花がとても早かったので、すっかり桜散った東京

2013年4月4日の終電新幹線で東京に帰って来たBebeですが、
6日土曜日は、その後ヲシテ幼稚園もしてみたD兄などのお友達にヲシテの話をしたり(ღ′◡‵)


その頃、群馬のゆーちゃんはご長男の入学式でおでんわホツマをお休みしていたので、
エミちゃんとは、ミカサフミ「ナメコトノアヤ」を進めていましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



ヲシテの文字は季節の陰陽とも深い関係があります( ✪ฺД✪ฺ)

※「 縄文文字ヲシテ手習い帳」にも詳しいですよ(○´3`)ノ



画像1
ヌエアシモチガ ガダヲヱオ(TДT|||)???



ミカサフミ「ナメコトノアヤ」に出てくる七草♪
✽ゴケフ☞御行
✽ハコベナ☞繁縷
✽イタヒラナ☞田平子・ホトケノザ
✽スズナ☞蕪スズナ
✽スズシロ☞スズシロ
✽スセリ☞芹
✽ナズナ☞薺
画像1

イタヒラナ










画像1 画像1
画像1


モチ(望月、満月、正月15日)の前日のとんど焼の「カユフトマニ」って粥占神事!!





画像1
トンド焼き!!















ちょうど4/7は、(3/23に連れてっていただいた)美保神社で斎行される青柴垣神事だったようで。
鶴、亀、兎など動物を模したフトマガリ
画像1






それからこの頃のBebeは、
ホツマツタヱの4アヤの後半を勉強中でした(○´3`)ノ


アマテルカミは『キシヱ』年生まれなので、キアヱ暦と十干十二支を対応させてみたり。。。




アマテルカミご誕生時には叔母姫のキクキリヒメがご活躍o(^▽^)o

おや!?「キク(菊)」と「キリ(桐)」って皇室の紋章ではっ∑d(◐д◑´,,)??





そんなことをしながら迎えた
4月13日(土)快晴

初めてお会いする生・池田先生は、新橋色のジャケットに黄色いスーツケースの可愛らしい方ですた(๑´ლ`๑)フフ♡

それから、ヲシテ研究所の面々ꉂ ૮( ᵒ̌ૢꇴᵒ̌ૢ )ა。*゚✧

よみがえる日本語』の著者陣の斯波さんや、青木さん+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

それから、素晴らしいBlogをお書きになってる、 こと まとかさんも☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ことさんのBlogでは、「 ワカ姫~和歌のマシナイ~「扇祭りの由来」編:イザ!」の、
ホツマツタヱ・ミハタノハツ「キツノナトホムシサルアヤ(1アヤ)」のワカヒメの、
ホムシハラヒの歌の解釈が素晴らしかったので、ファンでしたが、
実際にお会いする、ことさんもBlogの様に素敵な方でしたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪





さて、
この日はBebeもお花をお持ちしたのですが、
池田先生と、松本不二子様もお持ちになっていて、
お墓の小さな花差しでは一杯になってしまいました!!

すると、やおらアウトドア・ナイフを取り出すと
素晴らしい華道家ぶりを発揮する方が!!∑d(◐д◑´,,)


新しいヲシテ研究所員で画家の 白井忠俊さんです*・.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .






池田先生が、一冊の本を松本先生の御墓前にお供えしていらっしゃいました!!
画像1

よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ―新発見『ミカサフミ ワカウタノアヤ』アマテルカミが解き明かす [単行本]
▲クリックでAmazonへ♪

あ!!
新しい御著作☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


2012年末に、未発見のヲシテ文献ミカサフミ「ワカウタノアヤ」が富士山の御師(おし)で見つかった!!との事は、池田先生のBlogで読んでおりました。

そ、それがこんなに早く解読、出版されたなんてっっ!!!(΄✹ਊ✹‵)



池田先生もさぞかし寝ずの御解読、ご執筆だったことでしょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


池田先生も何としても松本先生の十周忌に献本なさりたかったのでしょうね。+゚(つз`o)゚+。






このミカサフミ・ワカウタノアヤが発見されたのは、世紀の大発見で、
なぜ「~なり【けり】」とか「~~なる【かも】」等といった言葉の語源や、
また日本語の成り立ち、
そして日本精神の源とは「に こころ」であるとか、
兎も角素晴らしい発見です+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

よく古事記などでよく知られた神話エピソードでない分、余計に難しいとも思われますが、
また、ヲシテでなければここ迄ご解読出来ないでしょうし、
池田先生を始め、四国の合田静江さんをはじめとするヲシテ研究所の優秀な方々のお蔭です(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)


これは決して漢字直訳では分かりっこない!!と思いますっっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)




そんな方々と、
こんなひよっこがご一緒させていただいて、ほんまに光栄です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




シキミの花が咲いていると池田先生が教えて下さいました( ´ ▽ ` )ノ



まだ四月の前半だというのに、もう藤の花が咲いて、
松本不二子様や池田先生とヲシテ研究所の方々と藤の花の下で記念撮影をした後、
駅前のおうどん屋さんで、不二子様にご馳走になって、
池田先生からもお土産をいただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







池田先生と松本不二子様を駅までお見送りした後、
ヲシテ研究所の方々と散歩に出掛けました(○´3`)ノ





明治記念館も散策した後、


斯波さん、青木さん、ことさん、白井さんと表参道でヲシテ談義☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

とっても楽しかったです✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦






画家である白井さんは、里山にも頻繁に行かれていて、
その瑞々しい感性からヲシテの文字や蛇信仰についてとても面白いご研究をなさってます( ´ ▽ ` )ノ



第一線のヲシテ研究の方々と触れ合え、とても幸せな時を過ごし家路につきました.:*・✿ ✿.。.:*・(Ő‿Ő✿)✫゚*









◆追記◆

♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫* お知らせ 。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


4月に新著「よみがえる縄文時代」もご出版なさった池田満先生ですが、
名古屋の中日文化センターにて、7月から半年間
「縄文人のこころを旅する 「ホツマツタヱ」を読み解く」のご講座を開講なさいます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


是非是非ご参加なさってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ





☞詳しくは 池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」

☞お申し込みは こちらから





梅ほころび桃わらう。。2013年2月半ばのこと

画像1

2013年2月8日。広島。道路の街路樹の花壇にも草が萌え始めました♪


【一人力(イチニンリキ)】


『人、一人の力で何が出来たか?』

いくら力ある一人とて、
その一人が無敵のではない。

敵が無いのが【無敵】!!

和すから無敵。。。






私達一人一人は、
文明の利器を使いこなせ、
高層ビルに住み、
様々な通信手段を使え、
何もかも調べられる世の中にあって、
さも賢く、力強くなったかのように勘違いしている!!


しかしどうだろう??


もしも無人島に一人放り出されたとして、
ビルが建てられるのか??

大型トラックを作れるのか??

パソコン一つ組み立てられるのか??

ネット回線を引きインターネットが使えるのか??




それどころか食べ物一つ確保するのも大変なのではないか。。




電気一つ止まったらどんなにひ弱なのか?ということを、
311で思い知ったではないか。。!??







♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡




2月8日
東京に帰りました(ღ′◡‵)

画像1

コシクニノ
ヒナルノタケノ
カンミヤニ
キノミオモチテ
アレマセバ
ニワニウヱオク
ミトセノチ
ヤヨヒノミカニ
ハナモミモ
モモナルユヱニ
モモノハナ



(その頃、Twitterにもヲシテ研究所の方々がいらっしゃると知り、フォローしたと思います♪)


Bebeは、広島のデパートで、
立ち雛を見て、
そしてその葉書を見て、
感動したのです∑(❍ฺд❍ฺlll)

な、なんと!!

もうきっと4000年(位ですかね??)昔から、
その姿が変わっていないんだろうな!!ということを。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


これを見た途端、

口をついてオートマティックに出てきちゃうよ(*≧ლ≦)


ヲハカムリ
ウオソデハカマ
メハコソデ
ウハカツキナリ
(ハガキの絵の通りなりね!!)

そ、その通りなりლ(;ʘДʘ)ლ


ヲシテ文献『ホツマツタヱ』の2アヤ『アメナナヨトコミキノアヤ』です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


それ以前の時代は結婚制度というものが確立していなかったのですが、
4代アマカミ(天皇皇后)のウビチニ・スビチニさんの結婚式が結婚式の始まりなのですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


コシクニ(越前地方)のヒナルノタケで、
植えた木の実が三年経った旧暦弥生の三日(当然、三日月です。今の四月初旬~半ば)に、
花も(実も)、モモ(沢山、沢山。物質的豊穣さ。百)成ったので「モモ(桃)」と!!


ここの話はとってもおもしろいので、
また機会があったらしますね~(*´∇`*)


で、広島で買ったその葉書、
東京に帰って、
丁度2アヤを学び始めたばかりの、群馬のゆーちゃんと、三重のエミちゃんに出しました+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


そして奉呈文と1アヤは、
ゆーちゃん週2回、
エミちゃん週2~3回、
マンツーマンでみていたのですが、
1月からエミちゃんのお父さんも週2回、
2月から広島のさゆちゃんも週2~3回の授業も増えたし(/●◔∀◐●)/

2アヤからはゆーちゃん、エミちゃんは合同で授業することになりましたo(^▽^)o


この頃迄にBebeは、約90回の授業を行ってきました(#^.^#)

数させていただく恵みってありますよね(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*


初心者の素人ながらも、
これだけの授業を行ったということは、
それだけの気づきのチャンスもいただいてます+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

これは誰がやっても、それだけやればその通りだと思います(๑´ლ`๑)フフ♡


それにね、
どんな親だって最初の子の時には、
1年生の新米お父さん、お母さんで、
赤ちゃんに「親」として育ててもらって「親になる」んだと思います(ღ′◡‵)


また、みんなのコーチをしたBebeは、
一人でコーチになれたわけではなく
どんなに威張りんぼなジャイヤンが、
「おう!これから俺がコーチなっ!!
いいか!?」
と宣言したところで、
だあれもついてきてくれる人が無ければ、
コーチにはなれないのです(#^.^#)


というわけで、
Bebeは本当に、
心が綺麗で、真面目で努力家で、
愛に溢れた仲間達に恵まれただけなのです・゜・(PД`q。)・゜・




そして東京に帰ったら、
群馬のゆーちゃんからBebeの誕生日プレゼントが!!
画像1

と、こんなにゴ~~ジャスなプレゼントが੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ

これで池田先生の御著作が全部揃いました~~ヽ(;▽;)ノ
(※2013年2月当時です。2013年4月には、2012年12月新発見のミカサフミ・ワカウタのアヤのことが書かれた『よみがえる縄文時代 イサナギ・イサナミのこころ』が出版されます。)

ホンマにゆーちゃん、ありがとう(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)






2月12日


とうとうBebe自身の2アヤの暗唱も暗書(見ないでヲシテで全文書く)も達成し、
池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」コメントを書き込んでみまして。。・:*:・:┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ:・:*:・



それと共に、
日本ヲシテ研究所の斯波さんやびーちぇさん、平岡さんにも親切にしていただきました。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

ホンマに嬉しかったぁぁぁ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン





と、ともにですね!!


一緒に京都で「ホツマツタヱ」に出会ったり、
いつも広島に行く度に仲良くして貰ってる雅子さんが、
「べべちゃん、私も1ヶ月間、毎日ヲシテでアワウタを書き続けました!!
準備が出来ましたので、
私もべべちゃんにお電話ホツマをお願いします!」とლ(;ʘДʘ)ლ


今までも、
「雅子さんもやれば良いのになぁ。。。」とは思ってはいたものの、
雅子さんは重症のご家族の看病の為に広島⇄大阪を行ったり来たり!!
そして中学生と小学生のお子さんも抱え、
お仕事も持ってらっしゃる超多忙な方です(●ꉺωꉺ●)


でも雅子さんも始めるって嬉しいよぉ。。੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


雅子さんは
「もう最近は、物の名前も出てこなくて、
アレがコレしてソレで。。
とかだから、
みんなみたいに暗唱なんて無理かも??
だけど、
どうぞお手柔らかに。。(◡‿◡ฺ*)」
なんて言ってます(*≧ლ≦)


そんな雅子さんも奉呈文の暗唱を5月現在既にマスターし、
明日5/31の発表会には、その優しいお声を皆さんに披露するのですよヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙)




。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.



そうして2月14日には雅子さんも週2回のおでんわホツマも始めて、
ゆーちゃん&エミちゃんは合同になりましたが、
5人×週2回ずつ ⇒週8本の授業となりました(´✪‿✪`)


Bebe自身、そして5人の仲間達それぞれで、6人分の暗唱までの授業をやっても、
まだ新しい発見が出てくる、って凄いことなんです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


もう奉呈文だけで、Bebeも千回は読んだであろう。。けれども、


例えば、
0-16
63行目「ヰオヤスクヌル」
画像1

「ヰ」は「居る」、住む、生きているということだと思いますが、
それはどんなに近代的で環境が整えられていようが、
人間関係の「居(ゐ)心地」が悪ければ「ヤスク」はありません(╯•﹏•╰)


そして、ここが言いたい!!

「ヰオヤスクナル」なら分かるけど、
「ナル」ではなく「ヌル」って何よっっ!!??


それがヲシテで見たならば、
【ナ】⊕は、上下(アメツチ)の通っている線と、横(地上)が交わって、「成って」いる状態、
ウツホ◯ですから、ちょっと自然にそうなってる感じですが、
【ヌ】はホ△ですから、どんどん燃えて上昇して行くエネルギー、意志の力を感じます(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

「単に、段々成り行きになって行く」ではなく、
「どんどん、より一層そうなるようにする」ということの意志や願いが
この【ヌ】の字に表れている(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

と解釈出来たりですね꒰#'ω`#꒱੭

あ、皆さんがその解釈、受け入れなくてもいいのですけどね(#^.^#)



そんな風な発見もまた、仲間がいるからこそ!!なのですヽ(;▽;)ノ


そして2月にはさゆちゃん、雅子さんという広島仲間も増え、
ゆーちゃんも書き練に燃えたり、
またエミちゃんはいろんな解釈の発表をしてくれるようになり、
エミちゃんのお父さんの日々の努力に励まされながら、


またヲシテ研究所の方々や池田先生とも知り合え、
親切にしていただき、


まだ寒い2月の半ばだけれど、


画像1

雅子さんは『梅』だ!!さん(๑´ლ`๑)フフ♡


この青空に向かってスックと立ち、
ほころばし始めた梅の花のように、
『ハナサクミヨノ ハルヤキヌラン!!』の気持ちをそれぞれの胸に抱いておりました✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦




可愛いヲシテ仲間♡…2012年10月下旬の事。

2012年10月22日(月)


雨上がりホトトギス咲いた(*〇´∀`艸)
画像1




いつもiPhoneのグループメッセも交わしてる仲間達に、
前日の、群馬のゆーちゃんとの【お電話ホツマ】の事を伝えると、
三重のエミちゃんも予習を始めましたo(^▽^)o

「ノートは丁度、家に150マスの国語ノートがあったよ~♬」ってねヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



そんな様子を見ていた子が居ました…|ョ・ェ・`*).。.ジーッ


「ママだけズル~~~~いっっ!!
アイナもやりた~~~~いっっ٩(๑'ꇴ'๑)۶」

そう!!
ヲシテ手紙を受け取ると直ぐにヲシテを書き始めたアイナちゃん(10歳)です(๑´ლ`๑)フフ♡
画像5





早速、教科書を写し予習を始めるアイナちゃんლ(;ʘДʘ)ლ
画像2



アイナちゃんは、絵も上手だし、手芸もお話を書くのも、お習字もとっても上手꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ


いきなり小さな仲間も入り、第二回目の【お電話ホツマ】が10/23(火)に始まったのですワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ



もうすっかりアイナちゃんは、べべ作曲のアワウタを上手に歌えるんです(੭ˊ͈ ꒵ˋ͈)੭̸*


♪「モトロソヨ~」からのイサナミ・パートはちょっとキーが高いのですが、
お母さんのエミちゃんより高い部分が綺麗に歌えてますヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪

初日は、アワウタや、
ヲシテの説明、ホツマツタヱの書かれた時代などの話もしながら、
奉呈文本文にも少し進みました( •ॢ◡-ॢ)-♡

アイナちゃんも、約1ヶ月の間、時々ヲシテを書いたりしていたので、
たどたどしくも、教科書が読めます(●ꉺωꉺ●)✨✨


素読&暗唱方式ですから、
ママのエミちゃんと交互に何度も何度も読ませ唱えさせますo(^▽^)o

いきなり「フタカミ」の説明も難しいし、
「トホコ」のことも難しいので、
image


タイトルを含めて、ほんの3行しか進まなかったけれど、
ヲシテで読んで、これだけ自分たちのモノにしてるんですものo(^▽^)o

小学生ながら立派なものです꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ



張り切ってドリルを作成しみんなに送りつけるBebe(((✿ฺ≧▽≦)彡☆

画像1


画像2


画像1




ところで、
ダンスなんかでもなんでもそうだと思うけど、
話聞いてるだけでは上手くならないと思うのよ(*≧ლ≦)

やっぱ基礎は丁寧に日々の練習♪( ´θ`)ノ

頭デッカチより毎日の基礎鍛錬を積んでる方の方がやっぱり信頼おけますo(^▽^)o
やからこその、毎日の素読、暗唱、書き練習を休みません( ´ ▽ ` )ノ
例え五分でもね✩⃛˞(๑ꆨ৺ꉺ๑)♡


そして最初、ヲシテ原文で読み始めると《筋肉痛》が起こるよ( ´ ▽ ` )ノ
漢字仮名交じり文に慣れてるから、ヲシテだとスラスラ読めなくてもどかしくなると思いますが、
それが《筋肉痛》(๑´ლ`๑)フフ♡

非常に疲れると思うけど、
それはあなたの《ヲシテ・マッスル》が育っている証拠(○´3`)ノ

《筋肉痛》も楽しんで続けてみてねo(^▽^)o


♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


そうして、その後10月の後半は、
最終週末はBebeも1年で一番忙しい18時間労働を終え(/●◔∀◐●)/
腕や肩の痛みもますます酷くなっていたものの打ち込めるものがあるのはありがたいことで( p′︵‵。)

飲み込みの早く、打てば響くような群馬のゆーちゃんと、26(金)と29日(月)と【お電話ホツマ】もグングンと順調に進んで行きました(○´3`)ノ


そしてその頃、YouTubeで池田先生の出ているヲシテについての動画を発見Σ(・□・;)
グループメッセでも流して「見た??」「うん見た見た(◍˃̵͈̑ー˂̵͈̑)人(˃̵͈̑ー˂̵͈̑◍)」

全部で6本あるから毎日1本ずつ見たら、6日間、楽しめるよ~ヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


①http://www.youtube.com/watch?v=Dm8zldpBVDU&feature=youtube_gdata_player

②http://www.youtube.com/watch?v=fZZqcrlCmJg&feature=youtube_gdata_player

③http://www.youtube.com/watch?v=sFy96NceeGY&feature=youtube_gdata_player

④http://www.youtube.com/watch?v=2gaGgU5JGBk&feature=youtube_gdata_player

⑤http://www.youtube.com/watch?v=rTIIN_jO7mc&feature=youtube_gdata_player

⑥http://www.youtube.com/watch?v=Uz2REa6BRKU&feature=youtube_gdata_player






最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ