ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

大阪

天空の船!?

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

寒いですが皆さんお元気ですか??私は冬生まれの癖に(あ、年によっては暦の上で旧暦新春の年もあります、今年ゃツゴモリ)寒さが苦手なBebeです(๑>◡<๑)

なので用事がない限り外出は控えて家でぬくぬく勉強していたい方ですが、
昨日〜今日、ちょいと大阪の仕事があったので、
それでは…と兼ねてから気になっていたホノアカリ様ルート辿ってみることにしたなり(✧◡✧)


今21アヤも終盤まで暗唱進みましたが、実は20アヤ「スメミマコ・トクサヱルアヤ」が大好き(((o(*゚▽゚*)o)))♡
21アヤの36カドの暗唱が泣けるほど難しかったけど、20アヤもどっこい32人の伴人の暗記は泣けましたけどヽ(;▽;)ノ

それでも、あれだけ壮麗な描写は本当に気持ち良いです(○´3`)ノ
その系統だと5アヤの最終まとめ部分の
  
   ミソギにタミの
   トトノヒテ…

からも大好きですけどね/(^o^)\


まず21アヤ「スメミマコ・トクサヱルアヤ」とはどんなお話なのか??


キヤヱ年のヤヨイのこと…
カスガトノ・ココトムスビ様がご老齢の為引退なさるのでヒタカミにおわす9代アマカミの御子オシホミミ様にナカクニ入りの打診がありました。
けれどオシホミミ様はタミに慕われて引き留められるので、
長男クシタマ・ホノアカリ・テルヒコ様に行かせることになります(○´3`)ノ

ここで!!
先代旧事本紀とかは天照国照彦天火明櫛玉饒速日とかにしちゃって、ホノアカリ様とニギハヤヒ様を混同しちゃってますけど、
ホノアカリ様がテルヒコクシタマです(`◕‸◕´+)シャキン
ニギハヤヒ様はクニテルで、ホノアカリ様の養子です!!

そこからトクサタカラ(十種神宝)譲りもあり…。
このトクサ(十種神宝)は、石上神宮(いそのかみじんぐう)とか物部神社に伝わってるようですけど、
ちょっとヲシテ文献とは違う…。
残念ですね、古事記的な間違いが…
あ〜〜ここも触れようかと思ったのですが、次の記事オオモノヌシ・クシヒコ様の記事を書く為割愛…
また機会があれば…(#^.^#)


それからアスカヲキミ・ホノアカリ(クシタマ・テルヒコ)(オシホミミの長男。ニニキネの兄)のナカクニ(近畿)入りは、総勢864人の臣下を従え、アマテルカミの勅令によるイワクスフネでかつてないほどの壮大さ、壮麗さで描写されています。


私は、この時のイワクスフネの門出の様子が鹿島神宮の式年祭「御船(みふね)祭り」←クリックで飛びます)に残ってるのだろうと思ってます( ´ ▽ ` )ノ

因みにイワクスフネというのは、
イワヒ(祝ひ)のクス(樟)で造られた船であろうと思われます(`◕‸◕´+)シャキン
磐(イワ)で出来てたんなら海に浮かびません((유∀유|||))

さて、
この船は、ツクモ(九十九里浜)を出発します。
池田先生に依ると、その門出の様子が上総國一の宮の玉前神社のお祭「上総十二社祭」の海中渡御に残っているらしいですね…(´'c。'` )ほほー

出航した船は先ずはイツ(伊豆)の岬に着きますが、
それは下田辺りだと思われます。
古代から海運の盛んなところ(←クリック)だったようです。


そして描写はこう続きます。

ツクモヨリ
イツノミサキニ
ホおアケテ
オキハシルメ👁わ
オホソラお
ハルカニカケリ
ミクマノノ
ミヤヰオカミテ
ナミワヨリ
カモニテイタル
イカルカノ


ここで重要!!

船が大空を駈けていたのではなく、
沖走る「目」が、
「オホソラお ハルカニカケリ」なわけです!!

船に乗って遥か遠くを意気揚々と見ていると、
空と海とが溶け合って、
まるで大空を走っている様に感じる!
ということです(`◕‸◕´+)シャキン

何故なら、
空路であったなら、
わざわざ伊豆下田(伊豆半島南端)も熊野(紀伊半島南端)も通らないで、
鹿島からビッと富士山上空でも通って行けば良いんですよヾ(≧▽≦)ノあははは!


わざわざ紀伊半島廻って、
ナミワ(浪速)に着いた御一行様は、
ここでイワクスフネからカモフネ(櫂で漕ぐ船)に乗り換えます。
外洋から川で南下していく為です。

この川を私は先ず「淀川」と睨みました!※最後に追記あります
そして枚方から支流に下って行くのであろう…
地図で探すと、
「天野川」!!!
そしてその先に「磐船神社」あったよ〜〜キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー


なんか自分がルート発見したようないい気になってましたが、
実はこのホノアカリ様のルートは、
ニギハヤヒ(饒速日)の事として、
ニギハヤヒ・ファンに有名みたいで、
古代地図までちゃんと直ぐに発見出来ました(#^.^#)


まあそれは磐船神社に行った後にそれら地図を発見するのですけどね꒰#'ω`#꒱੭


さて、
当日は、あいにくの雨…
幸い殆ど雨には濡れなかったのですが、
素敵な循環型農業の農園レストランの杉・五兵衛さんに連れてっていただき感激です꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ✨✨




楽しいお話ばっかりに夢中になって、
つい目的?の磐船神社に中々行けません(ノ∀≦。)ノ

でも寒いし、
さっきまで雨だったんだし無理はいけません。




ここ、本当に良い氣が満ちていて
気持ち良い場所でしたo(^▽^)o

数年前に転落死亡事故があったそうなので、くれぐれも一人とかで行ってはいけません!
が、
またニギハヤヒ様も詳しくなって(ホンマはここ、ホノアカリ様なんですよ!!)

ここ磐船神社の岩窟巡り(←クリック)はちょいと危険も伴うけど、とっても楽しそう!なので、
また暖かい季節にリヴェンジしようと思います*。⋆ฺ(*´◡`)ノ

その後、ホノアカリ様御一行がイカルガに着いて、その翌日アスカに宮遷ししちゃった話も機会があれば…
そして「ソラミツヤマトクニ」と名付けたナカクニは、ヒタカミから遥々いらした御一行様にとっての新天地であり、
今とは地形も違う奈良の地の、
気持ち良い春の海を船で遥かにいらした期待を込めた名であったのでしょうね(ღ′◡‵)✨✨


その帰り道、
車から見る大阪の街は昔海であったかのように低く見えました!

ホテルに帰って古代地図を見ると、
それが河内湖なんですね∑d(◐д◑´,,)


泊まったホテルが、
この地図の難波宮のすぐ側だったので、
翌朝、仁徳天皇の難波宮=難波神社に行って見ました( ´ ▽ ` )ノ


巨大な前方後円墳「大仙陵古墳」で有名な仁徳天皇陵の仁徳天皇ですが、
仁徳天皇の「タミの竃」←クリックで飛びます)の話は前に記事に書きました!
高殿に上るとタミの竃が見えるかしらん??と思えどもビルばかりで見えず((유∀유|||))
今は狭い境内の難波宮ですが、隣の寺院も古代は敷地で、その宮→御堂が御堂筋なんかしらねσ(・ω・`@)??

あ!今書いてて発見!もしかしたら、
難波高津宮は高津神社の方なのかしらヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

ちょっとここもリヴェンジですね。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


そして帰り道、
駅でこのポスターを目にし、
翌日、大神神社に行ったお話はまた次に…


旅行記の続き書けました✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。


♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


宣伝



☆2017年2月10日追記☆
私はホノアカリ様ルート《淀川→天野川》と睨んでたのですが、
途中「もしかして大和川??」とも思ったりもしましたが、
池田満先生の「ホツマ辞典」では《大和川》と仰ってますね!!
ちょっと古代の大和川を軽く調べてみましたら、古代天皇とかの交易ルートともあります…
確かに《大和川》だと《難波→斑鳩》と行けますしね…👀✨✨

まあ、私は関東で土地勘も無いし、大阪から行ったので、
その前に「磐船神社」というのを発見して喜んでしまいましたので…(#^.^#)

なので、今の所、磐船神社も行ってはみたくせに、「大和川ルートの方が可能性高いかなぁ〜??」などと思い始めています。
しかしながら、実際はどうであったか!?は、
神の味噌汁(カミノミソシル)…


☆2017年2月19日 またまた追記☆
しかし「ヤマトカワ(大和川)」はその後、アマノコヤネ様がヤマトカワを掘って、その土をミカサヤマ(三笠山)にした、と
24-107にあるから、
まあ案外、大和川ルートでなくて、淀川+天野川ルートも、
悪くないかも??ですね( ´ ▽ ` )ノ

祝詞の神様??アマノコヤネ様のこと。関西旅行その1

5月も終わろうとしておりますが、
急に暑くなって来ましたね…(;´Д`A

私は、5/22〜25まで池田先生や池田先生の奥様の展覧会が大阪であるという事で、
それと絡めて2年ぶりの関西旅行に行って参りまして、今朝東京に戻って来ました(○´3`)ノ


実は夏至に出雲の佐陀神社で巫女舞奉納をするつもりなのですが、
今新しく『悠久の舞』を教えていただいていて、
6月には又広島から出雲と考えているので、舞のお稽古も必死です( ;´Д`)

巫女舞の師匠が
「バスは何処出発?
東京駅からならうちからの方が近いから、夜遅くても構わないからお稽古入れてあげるよ!」と熱心に教えて下さってありがたいことです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

巫女舞先輩も、一緒にお稽古しましょう、と親身になって見てくれます。+゚(つз`o)゚+。

まあ、Bebeはホンマに対人運が良いのですよ੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



さて、
今回は東京→大阪、2,000円というバスを見つけちゃったのです(((✿ฺ≧▽≦)彡☆

ええ、そりゃあバスは疲れますょ(TДT|||)

でも2,000円ですからね(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


そして大阪着いて直ぐのホテルも、
シングルでベッドでWi-Fiも使えて駅近で朝の7時半からチェックイン出来て2,000円+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


私の彼は、
そういう所はとても節約する人です(#^.^#)
お金の大切さ、ありがたみを知ってるからでしょうね!

けれども、
その分誰かにポンと10万円出したり、
何万円もポンと寄附したりします( ´ ▽ ` )ノ


うん、
私も彼ほどストイックには出来ないけれど、
やはりそういうお金の使い方が良いと思うんです(ღ′◡‵)


それはまるで「カスガカミ」アマノコヤネ様の教ゑのようではないですか☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



私が最も尊敬するカスガカミ・アマノコヤネ様は、

「自分の稼ぎだからどう使おうと勝手だろ?良い物を使ったり所有して何が悪い??」という考えのカルキミ・オホナムチ(所謂、大国主命と呼ばれてる方ですね!)や、
「欲を捨てちゃったら人生楽しみあるの??」というツクバウシに、
こう諌め答えます。


タカラアツメテ
クラニミツ
チリヤアクタノ
コトクナリ
(ホ13-51)


そして自分の為に財産を使うのではなく、
タラザラバ
ウエバホドコシ
ウケンカヤ
13-48

と、
今自分は恵まれていても、
いつ病や事故などで社会的弱者になるかは分からないのだから、
助け合いなさい。それでこそ社会であり、
自分の稼ぎが良いのだから自分で使うということを戒めています。

また施しを受けるだなんて乞食では?と抵抗感を示すツクバウシには、

ナオカラザレバ
ヒトナラズ
ヨニアリナガラ
ソノワザニ
ウメルタカラお
タダコヒテ
クラフイヌコソ
(天)ノツミヨ
(13-49)

そして自分の子とかは分け隔てなく、
教育したり育てたりしなさいと!

ココロスナオノ
ヒトアラバ
ワガコノコトク
トリタテテ
ミナタストキわ
ホシモナシ
(13-51)

現代社会は個人主義や利己主義に冒されていますが、
社会全体で人を育てたり助け合ったりするということ。
それが大切なのだと説いているんですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


それは私もそう思うのです。

与えれば与えるほど心は豊かになるし、
奪われていると考えれば考えるほど心は病んでいくものです。

奪われる妄想病は怖いです(TДT|||)

それは財産ばかりではなく、
「権利の主張」という名に変えて、
現代社会は冒されていますよね…。
著作権、知的財産権。

いえ、
盗作を勧めてる訳では無いのですよ(#^.^#)

作品なり思想なりを生み出した方は偉大ですから尊ぶべきです!

しかしあまりにもギスギスとした
「これは自分のもの」という考えは、
その人本人を不幸にすると思うのです。

アマテルカミは
本当に惜しみなく与える方だった!
いつも「モロタミキケヨ」と、
尊いみ教ゑもあまねくふれた方でしたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


アマノコヤネ様もそういう偉大な方でした(○´3`)ノ

そして欲望や我欲を離れた清廉潔白な方でしたから「カスガカミ」との尊称をアマテルカミから賜ったのでした꒰*✪∀✪꒱♬ ♡*:・


またアマノコヤネ様は大層聡明な方でした!

お父様はココトムスビ。
お母様はフツヌシ(カトリカミ)の妹アサカヒメ。
ですからフツヌシの甥っ子にあたる訳です。

第9代アマカミ・オシホミミ様が東北ヒタカミのタカノコフで即位するにあたって、ミクサタカラ(三種神器)とアマテルカミの詔を携え、
ヲシカ(勅使)として伊勢からヒタカミへ向かいます(11アヤ)。

そして福島勿来の浜で叔父のフツヌシ(カトリカミ)がアマノコヤネ(カスガマロ・ワカヒコ)を出迎えます。


オシホミミ様が就任するにあたりの勅使という大役を果たす甥ワカヒコとフツヌシの浜での宴では、
「この浜の名は?」とフツヌシが問いますが名は無いのと…。
「こんなに感激の祝いの浜の名も無いなんてなぁ〜…。浜の名も是非欲しいものだ!」というフツヌシに対し、
ワカヒコはすかさずウタを詠みます!


ナコソシル
フツノミタマノ
ササムカヒ
カヰノハマクリ
アフミヲヂ
ヲヰノミルメモ
トシナミノ
ナコソシルベユ
チナミアフハマ
(11-13)

ミルメという海藻も肴にあったのと感激している甥の「見る目」という掛詞!
フツヌシのことはフツノミタマと尊称してますね♪
その当時から「来た甲斐があった」の「甲斐」があったかは分かりませんが、
「貝の蛤」とこうして来た「甲斐の浜」も掛け合わせてる気がします。
年波と、浜辺の波も!
風景も浮かぶ様ななんと素晴らしいウタではないですか+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


そしてその後、
アマテルカミが息子オシホミミへの即位の寿ぎの詔をヲシカ・ワカヒコ(アマノコヤネ)が高らかに宣言するのも感動です੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


あ、旅行記も書こうと思ってたのに、
Bebeはアマノコヤネ様が大好き過ぎて、
その話だけでも3時間位は軽く出来ちゃうから、つい長くなってごめんなさい꒰#'ω`#꒱੭


という訳で、
関西2日目は奈良に行って来ましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



まずはサルサルサワに!


この猿沢池も、
アマノコヤネのお祖父ちゃんツハモノヌシがタマカヱシをして、
父ココトムスビがココトムスビという名とカスガトノという尊称を賜わった由来\(^o^)/


ココストノミチ
ヲヲンカミ
ツハモノヌシト
フツヌシト
タケミカツチニ
タマカエシ
サルサルサワニ
オコルミチカナ
(ホ8-44)


そして、ツハモノヌシの息子ココトムスビ(アマノコヤネの父)は、


ココストノネお
ムスブフミ
ココトムスビノ
ナニスヱテ
カスガトノトゾ
タフトマセ
(8-94)

とココトムスビという名とカスガトノという尊称を賜わったのみならず


ココチカスガト
サトノナモ
ヲキナガモリモ
タマワレバ
(8-96)

でカナサキ翁の森(杜)も賜わって、
それが春日大社と奈良公園です\(^o^)/



春日大社は6/30まで特別公開中で、そんな時に行けたのも本当にラッキーですヾ(@⌒ー⌒@)ノ



それから、
おや!??この9個の石は∑(❍ฺд❍ฺlll)

コホシ??


コホシ(九星)とは、
アメミヲヤとトホカミヱヒタメを祀ったもの!!

カスガワカヒコ(アマノコヤネ)様は、
ミハシラお
ヨツギミクラニ
ミテムスビ
アメノミヲヤお
マネキコフ
(14-5)
お役をなさった方だしなぁ〜ヽ(;▽;)ノ



また奈良に鹿がいるのも、
アマノコヤネ様がヲシカ(勅使)だったからでしょうね!??

因みに、
御祭神である、
フツヌシ様はアマノコヤネの叔父様で、
タケミカツチ様は、アマノコヤネの奥様ヒトリヒメの父上。

因みにフツヌシ様とタケミカツチ様の関係は、私自身は今のところ、
異母兄弟では??と考えてます。
池田先生は父子説ですが、
アニタダヒトリ
フツヌシガ
マサリテワレわ
マサランヤ」とミカツチ様が兄弟の切磋琢磨な良いライバル心をお持ちになり名乗り出たことを考えたり、
またフツヌシの妹アサカヒメがココトムスビの妻なのに、
タケミカツチが娘ヒトリヒメの縁談の橋架けをフツヌシに頼んでいるところを考えると…と思っております。
ヲバシリの記述まで行ったら変わるかも?ですが…。


そしてね、
アマノコヤネ様は「祝詞の神様」とされてます(TДT|||)

しかし何故、祝詞の神様と??
と言ったら、

「ヨツギノルノトコトノアヤ」で素晴らしいノト(祝詞)を詠んだからなのだと思います( ´ ▽ ` )ノ


私ね、
いつも思うんですけど…


何故、アマテルカミは日本の神社のトップで神様のトップとされているのに、
そのアマテルカミがどうして偉大なのか?
古事記や日本書記では分からない訳ですよ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

そして、そんな偉大な方をありがたがるのは良いのですが、
そのありがたい方の御心、み言葉にどうして多くの人々は耳を傾けようともしないのかヽ(;▽;)ノ

「モロニモフセ」
「モロタミモ ヨクキケ」
「タミカナラズモ コレナワスレソ」
と仰った御言葉に耳を傾けもせず、
ただありがたがってるって変だと思うのです(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

けれど、
アマテルカミはそんなことうるさく制定してないよ、
と思われるその後の神社の決めたしきたりとかは厳格だったりしてヽ(;▽;)ノ

あ、
あんまり敵を作ってはいかん、いかん((유∀유|||))


そして、
アマノコヤネ様を「祝詞の神様」としてるのだったら、
カスガマロ・ワカヒコ様がアマノコヤネとの名とカスガカミとの尊称を賜わったその由来のノト(祝詞)を紹介します(○´3`)ノ


アマイノル
コノテカシワユ
オトおスク
ヤドルオナカノ
ミコトナル
コノコわマスグ
タラチネノ
ナヱノヨツギノ
ミコトナリケリ
(ホ14-41)

少なくとも祝詞の神様とされているのであれば、
その方の作ったノトを奏上する方が、
全然関係ない祝詞を奏上するより、
その方は喜ばれると思うんだけど꒰#'ω`#꒱੭

まあ、アマノコヤネ様は、
ノトもウタも講義も素晴らしい方でしたからね(#^.^#)

そんなアマノコヤネ様とヒトリヒメのミヤは、
実は息栖神社です( ´ ▽ ` )ノ


今、16アヤ「ハラミツツシムオビノアヤ」を暗唱してまして、
この10日間は16-15〜16-20が難関で難関で覚えられなくてヽ(;▽;)ノ
でもやっとそこを制覇して21に入ったらスイスイ\(^o^)/


香取神宮フツヌシ。アマノコヤネの叔父)
鹿島神宮タケミカツチ。アマノコヤネの奥様の父。そして養子に入ったので父)
息栖神社タケミカツチヒトリヒメのミヤ。朝廷の仕事に忙しく留守がちなアマノコヤネの方をいつも拝めるように西向きの社殿)

この三社は東国三社と呼ばれていますが、③の息栖神社は御祭神が天鳥船とかされちゃってて、まったく意味が分かりませんが、
ホツマツタヱの16アヤでは、
何故、妊婦さんがお腹に巻く帯が「岩田帯」と言うのか?
また何故、茨城が「常陸」というのか?についても本当の由来が書かれていますが、
その話はまた16アヤ暗唱終えたらにしますね(^ー^)ノ


ああ、そろそろ眠さも限界なので、
とりあえず、
昨日行った元春日・枚岡(ひらおか)神社の話に持って行こっとヾノ。ÒㅅÓ)ノシムリヤリ…


春日大社は春日大社で伝統と格式のある神社で素晴らしいんですけど、

アマノコヤネの子オシクモ様が、
アマノコヤネ様を祀る為に建てたのは、
枚岡神社です( ´ ▽ ` )ノ

池田先生の展覧会から大阪市内に戻ったBebeは、行って来ました!!

電車を降りるとそこはもう枚岡神社でした(●ꉺωꉺ●)

ああ、なんだかここ凄く気持ち良い+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚





もう眠くて限界なので、
関西旅行記はその3位は書けそうなんですけど、
今夜はもう寝ますね〜(つA`)*:..。o○


おやすみなさ〜〜いヽ( ´O`)ゞファーァ…㍕(´~ヾ)㍕





最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
  • ユキキのミチとオゴる心
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ