ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

ヲシテ研究所

「よみがえる日本語」





一番最初に教科書「記紀原書ヲシテ」を買った時、ほぼ同時に三重のエミちゃん、群馬のゆーちゃんも買いました!


Bebeは一ヶ月あまりに渡り、毎日ヲシテ日記を書いて来たのですが、
それでも教科書を開いた時、
スラスラ読めなさ加減にはげんなりしました…꒰✘Д✘◍꒱


「う〜ん、時間ある時にでも読んでみようかなぁ…」というエッセイを読むような軽い気持ちでは読めっこないぢゃん(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


Bebeはまだそれでも人一倍トライする気概はある方ですが、
他の人達をそこでメゲさせてはダメだ!

と妙な使命感が湧きます。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。



そして予習を始めたのです…




何しろ、
「積ん読(ツンドク)」とか嫌いなのですよねぇ꒰#'ω`#꒱੭

そもそも子供の頃「本の虫」(「本の虫」というのと頭が良いというのは違いますよ!単に活字中毒というだけですよ)だったので、
なんだか二十歳位までには人の一生分(あくまで平均値の、ということで、難解な書籍でも何でも読みこなせる、とは違いますよ)は読んだ気がして、
二十歳の頃は「書を捨て町に出よう!」と街生まれの癖に思いながら、
「本を読みたいなぁ〜!何か読みたい本ないかしら??」というのが無くなっています(#^.^#)
いえ、時々はあるんですけど、
しかし何でも良いから読みたい!
のではなく、
読みたい内容だから読みたい!
なだけ、ってことです。

例えば映画好きの人は次から次に映画観るでしょ??
Bebeは観たい映画でなければ、
なんでもかんでも映画観れれば嬉しい、
とかないし、
映画という手法であれ、書籍という手法であれ、その他音楽、バレエ、演劇なんでも良いのですけど、
自分の読みたい本でなければ興味ないし、
といったところです(#^.^#)

Bebeの彼なんかは書店に行くこと自体が好きみたいですけど、
Bebeは自分の好み本の置いてあるような書店でないと、
ただ単に話題の本ばかり沢山ある大型書店なんかは別に嬉しくないんですの(#^.^#)


彼は本を読んでいる時間が至福であると同時に、
本を読むという行為自体が好き(酔ってる?)みたいですが、
Bebeにとっては子供の頃からか読書は娯楽、快楽(テレビ権が無かったのでテレビ代わりですね)でしたから、
読書=偉い!頭良い!勉強家!
というのが全くありません(#^.^#)

だっていつも研究書読んでる訳ではないですしね(((✿ฺ≧▽≦)彡☆


彼は、例えば他所の家に行って本棚を見て「なんだ!DVDと漫画しかないな…」と
本を読む読まないで人を判断したり、
本を読むことに対して美化してる部分がありますが、
Bebeは増え過ぎる本に埋もれないように、
なるべく本は買いたくない!
よっぽど読みたい内容でないと買いたくない!
それでも買っちゃった本は、読み込んでコストパフォーマンスを上げよう!
と思っておりますの(#^.^#)


皮肉な事に、
Bebeは読むスピードが速いですから、
本は極力読みたくないのに年間読書冊数は多くて、
彼は本を読みたいのに忙し過ぎて読書の時間が取れない!
だからこそ!
彼にとっては読書出来る時間が至福!
かつ仕事から解放された喜びの時間なのでしょうね(#^.^#)


最近は時間潰しに本を読むということをせずとも、
時間潰しに暗唱や書き練が何処ででも出来るから良いですよ〜o(^▽^)o
電車の中とか最適ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪



それで読み始めた2012年10月20日!!

その模様はこちらに書きました!
始めの一歩♪ 教科書『記紀原書ヲシテ』を勉強しよう♪( ´θ`)ノ2012年10月20日の事・その① (←クリックで飛びます)

読んでびっくり!ホツマツタヱ!ヲシテで読み始める。2012年10月20日の事・その② :(←クリックで飛びます)


そしてね、
辞典も「よみがえる日本語」も持っていなかったのですが、

その日に、
タカラやカガミの文字の意味を発見したのです∑d(◐д◑´,,)



何故なら、
ヲシテ表をずっと見てきたからです!!

画像1

日本ヲシテ研究所の池田満先生のヲシテ表


自分で発見したからこそ!!
の嬉しさです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚




よみがえる日本語を注文したのは、
だいぶ後になってからでした(;≧ꌂ≦)
週に何本ものお電話ホツマの授業をして一ヶ月も経った頃でした(#^.^#)



明治書院
池田満・監修
青木純雄、平岡憲人・著 


しかし、
この本、ホンマにすっご〜〜〜いですよ+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


◆ヲシテは単なる表音文字ではなく、表意文字であるということ。

◆縦書きでなくてはヲシテは意味をなさないということ。

◆日本語の単語などが、ヲシテによって作られているということ。




つまり、
仮名で読んでも、漢字で読んでも、
ヲシテ文献を読んでる意味が激減してしまうということを表しています∑(❍ฺд❍ฺlll)



これ、本当にそうなのか??
よくこの頃、
いろんな単語を書き出しては、
語源についてヲシテで考える!に
チャレンジしてましたヾ(●´∀`●)ノ


最初は、
そう考えるのって難しい( ;´Д`)

けれど、
表意文字と言っても、
元が象形文字の漢字のように、
具体的な何か?を表すのと違い、
ヲシテは抽象というか状態やイメージを表す表意文字なのですo(^▽^)o


まだそんな事が分かり始めてほんの十年も経っていないでしょうし、
それで読める方々もほんの数人なのだと思いますし、
第一何千年も前の事ですから、
一つ一つの解釈については
「お前のその考えは正しい」「間違ってる」
なんてジャッジ出来る人は誰もいないと思いますから、
Bebe達みたいにお気楽に
どうぞ楽しんでそういう意味の探り方の癖をつけてみて下さ〜い(○´3`)ノ


皆さんも、「よみがえる日本語」ごっこをして行ったら面白いと思いますよ〜ヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


あなたにもきっと!!
新発見が沢山待ってますよ〜〜(๑´ლ`๑)フフ♡






いや、この本難しくて、
Bebeなんかもキチンと読みこなせているとは言い難いんですけど(/●◔∀◐●)/
これも一緒に誰かとグループ学習したいのですが、多分20時間位はゆうに掛かりそう??
実際、自分達で練習するとなるともっとかなり時間取りそうで、週一回なら半年位掛かっちゃいそうでまだやってませんが( ;´Д`)

もうこうなってくると、
ヲシテ研究のジャンルですからね(/●◔∀◐●)/

べべなんかまだたかだか7アヤですから、
キチンとホツマツタヱ読み進む方が先で、
まだまだヲシテ自体を研究する準備なんか出来てないのですがねぇ꒰#'ω`#꒱੭


もう今はただひたすらに、
キチンと暗唱してモノにしながら進みたいだけです(。-人-。)


いまはただ
みをやのこころ
なぞらんと
ただひたすらに
となふのみなり











。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.



◆ ◆ お知らせ ◆ ◆

広島の「本来の自分を思い出し まことの日本に やわす会」の方々から、宮島で開催する会に呼んでいただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



縄文時代から続く日本のタカラ、トノヲシテ、やまとの心について楽しくお話しさせていただこうと思いま〜す(((o(*゚▽゚*)o)))


皆さん是非是非ご参加くださいませ*。⋆ฺ(*´◡`)ノ

▽ 詳細はこちら▽
「まことの日本を"やわす"研究会」を開催します。
△クリックで飛びます△

日時◎平成26年3月8日(土)13時〜
9日(日)15時
会場◎宮島シーサイドホテル
定員◎50名
参加費◎20000円(一泊三食付)




故松本善之助先生の10年目の桜花忌のこと

2013年3月末。



ヲシテ研究所の斯波さんから「池田先生からメールが届きましたか??」とのメールが届きましたが、
そんなメールは見ていないなぁ~~σ(・ω・`@)…と。。。

あれ??ひょっとすると!??
と思いまして迷惑メール・フォルダを探して見ますと。。。。



あ、ありましたーーーーーっっヽ(;▽;)ノ


日本のヲシテ研究の第一人者である池田満先生からメールをいただけるなんて、
天にも昇る気持ちです٩(♡ε♡ )۶


ましてや、
『ホツマツタヱ』などのヲシテ文献を発見なさり、
その御研究に一生を捧げられた故松本善之助(よしのすけ)先生のお墓参りのお誘いだなんて☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




そうお取り計らいして下さったのも、斯波さんのお蔭です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
斯波さん、ありがとうございます(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*




Bebeみたいな、
たかだかヲシテ文献を読み始めてたった五ヶ月(2013年3月末~4月初め当時)しか経っていない超初心者に、
池田先生から松本先生のお墓参りだなんて੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



Bebeは松本先生の御著作はその当時(も今も)1冊しか持っておりません(#^.^#)
『秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1980年)です♪


そして、それは広島の素読の会の松田先生に長いことお貸ししておりまして、
広島のBebeのヲシテ仲間の雅子さんが、その続編『続、秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1984年)を入手して読み終わったけれど、その前の本が読みたい、とのことで、
松田先生に雅子さんにお返しする様お願いし、
Bebeは広島で雅子さんから続編をお借りして読みました( ´ ▽ ` )ノ

広島仲間は便利で、
雅子さんとさゆちゃんとBebeとで、二冊の本を回し読みです●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●


もうお亡くなりになって10年!しかもまだまだマイナージャンルでありますので、
松本先生の著作物を入手するのは既に困難なのですよヽ(;▽;)ノ




松本先生のヲシテ研究に賭ける情熱は並々ならぬものがあり、
ジャーナリストですから文章のセンスも抜群なのですが、
それでも表立っての文壇には相手にされなかった御苦労。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


そうでしょうね、そうでしょうね…(⌇ຶД⌇ຶ)
今まで1300年もの間、記紀が最古の書物と研究なさってきた方々には、
それが覆(くつがえ)ってしまうということは、
オマンマ食い上げになってしまうということもありましょう… (⌇ຶö⌇ຶ)
そうしたら認めるなどということが出来るものか!!
という方々も沢山いらっしゃるのでしょう・゜・(PД`q。)・゜・


松本先生も、『現代用語の基礎知識』などの第一級のジャーナリストでいらっしゃいながら、
今まで築いてきた地位や肩書きを捨てての、ヲシテ研究へのご献身。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


けれども僭越ながら思いますに、
まずジャーナリストとしても一流の松本先生であったからこそ!!
【ホツマツタヱを世に出したい!岩戸を開きたい!】と思っていたカミガミ様が、
白羽の矢を当てたのでしょうし、
並々ならぬ根気のいる作業を必要としたからこそ!
まだ十代であった池田先生を出会わせ研究させたのだと思います(⌇ຶД⌇ຶ)

Bebeがヲシテ文献を今こそ世に出したい、と願っている神の一柱であったら(かなり不遜で大胆な設定ですが(((✿ฺ≧▽≦)彡☆
妄想は自由ですのよ(#^.^#)オホホ…)
きっと松本先生と池田先生のコンビで先ずは事を進めた、というのも納得です(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…





松本先生は1966年に神田の古書店にて偶然、『ホツマツタヱ』を再発見した。
同文献の約10万文字、1万行のヲシテを研究し、古事記・日本書紀でいう神代〜景行天皇までの御世について『ホツマツタヱ』が豊かな記述を残しているということなどを明らかにしてきた。
熱血漢と温和な面を備えるなど、「人間、松本善之助」として人望が篤く、全国の同志の間を飛び回りながら『ホツマツタヱ』の研究に一生を捧げ、現代における同文献研究の先駆けとなった。
関係する全国の研究会で育った後輩たちの手によって、今日においても『ホツマツタヱ』の研究が引き継がれている。
※殆どWikipedia丸写しで失礼(//∇//)


今年で松本善之助先生がお亡くなりになられて10年目だそうです(●ꉺωꉺ●)
Bebeが「ホツマツタヱ」というヲシテ文献というものの存在を知ったのは、
2012年7月の京都でですから、
松本先生にお会いしたことがある訳もなくヽ(;▽;)ノ

それでも最初にその京都で、
ホツマツタヱ発見の経緯などを教わりまして、
一番最初から松本善之助先生のお名前や経緯を知れたのはラッキーだったと思っております。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

そして、その時にそのご研究を一緒になさって継いでいらっしゃるのが池田満先生だとも教わっているのですから…。+゚(つз`o)゚+。


故松本先生は、ヲシテの解読から始められて、
池田先生と共に、
畳大にも及ぶ巨大な系図を作り上げ、
日本書紀、古事記とヲシテ文献「ホツマツタヱ」を一語一句比較するという
緻密にして気が遠くなる作業をやり遂げ、
画像1
そのお蔭で、今こうして私達が『定本(三書比較)』や
『ホツマ辞典』や『記紀原書ヲシテ』を読めるのです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
定本〔ホツマツタエ〕―日本書紀・古事記との対比 [単行本]







池田先生のBlog「 縄文文字 ヲシテ を 復活!(☜クリックで飛びます)でも、
度々松本先生のお話が書かれていて、読むととても興味深いですね(´✪‿✪`)

池田先生が松本先生に出会われたのは、池田先生弱冠高校生だと言うのですから(΄✹ਊ✹‵)
それは実に運命というかお導きというかでなくして、どうしてあり得ましょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

このカレーライスの記事とか面白かったです(๑´ლ`๑)フフ♡








。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.





今年は開花がとても早かったので、すっかり桜散った東京

2013年4月4日の終電新幹線で東京に帰って来たBebeですが、
6日土曜日は、その後ヲシテ幼稚園もしてみたD兄などのお友達にヲシテの話をしたり(ღ′◡‵)


その頃、群馬のゆーちゃんはご長男の入学式でおでんわホツマをお休みしていたので、
エミちゃんとは、ミカサフミ「ナメコトノアヤ」を進めていましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



ヲシテの文字は季節の陰陽とも深い関係があります( ✪ฺД✪ฺ)

※「 縄文文字ヲシテ手習い帳」にも詳しいですよ(○´3`)ノ



画像1
ヌエアシモチガ ガダヲヱオ(TДT|||)???



ミカサフミ「ナメコトノアヤ」に出てくる七草♪
✽ゴケフ☞御行
✽ハコベナ☞繁縷
✽イタヒラナ☞田平子・ホトケノザ
✽スズナ☞蕪スズナ
✽スズシロ☞スズシロ
✽スセリ☞芹
✽ナズナ☞薺
画像1

イタヒラナ










画像1 画像1
画像1


モチ(望月、満月、正月15日)の前日のとんど焼の「カユフトマニ」って粥占神事!!





画像1
トンド焼き!!















ちょうど4/7は、(3/23に連れてっていただいた)美保神社で斎行される青柴垣神事だったようで。
鶴、亀、兎など動物を模したフトマガリ
画像1






それからこの頃のBebeは、
ホツマツタヱの4アヤの後半を勉強中でした(○´3`)ノ


アマテルカミは『キシヱ』年生まれなので、キアヱ暦と十干十二支を対応させてみたり。。。




アマテルカミご誕生時には叔母姫のキクキリヒメがご活躍o(^▽^)o

おや!?「キク(菊)」と「キリ(桐)」って皇室の紋章ではっ∑d(◐д◑´,,)??





そんなことをしながら迎えた
4月13日(土)快晴

初めてお会いする生・池田先生は、新橋色のジャケットに黄色いスーツケースの可愛らしい方ですた(๑´ლ`๑)フフ♡

それから、ヲシテ研究所の面々ꉂ ૮( ᵒ̌ૢꇴᵒ̌ૢ )ა。*゚✧

よみがえる日本語』の著者陣の斯波さんや、青木さん+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

それから、素晴らしいBlogをお書きになってる、 こと まとかさんも☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ことさんのBlogでは、「 ワカ姫~和歌のマシナイ~「扇祭りの由来」編:イザ!」の、
ホツマツタヱ・ミハタノハツ「キツノナトホムシサルアヤ(1アヤ)」のワカヒメの、
ホムシハラヒの歌の解釈が素晴らしかったので、ファンでしたが、
実際にお会いする、ことさんもBlogの様に素敵な方でしたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪





さて、
この日はBebeもお花をお持ちしたのですが、
池田先生と、松本不二子様もお持ちになっていて、
お墓の小さな花差しでは一杯になってしまいました!!

すると、やおらアウトドア・ナイフを取り出すと
素晴らしい華道家ぶりを発揮する方が!!∑d(◐д◑´,,)


新しいヲシテ研究所員で画家の 白井忠俊さんです*・.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .






池田先生が、一冊の本を松本先生の御墓前にお供えしていらっしゃいました!!
画像1

よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ―新発見『ミカサフミ ワカウタノアヤ』アマテルカミが解き明かす [単行本]
▲クリックでAmazonへ♪

あ!!
新しい御著作☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


2012年末に、未発見のヲシテ文献ミカサフミ「ワカウタノアヤ」が富士山の御師(おし)で見つかった!!との事は、池田先生のBlogで読んでおりました。

そ、それがこんなに早く解読、出版されたなんてっっ!!!(΄✹ਊ✹‵)



池田先生もさぞかし寝ずの御解読、ご執筆だったことでしょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


池田先生も何としても松本先生の十周忌に献本なさりたかったのでしょうね。+゚(つз`o)゚+。






このミカサフミ・ワカウタノアヤが発見されたのは、世紀の大発見で、
なぜ「~なり【けり】」とか「~~なる【かも】」等といった言葉の語源や、
また日本語の成り立ち、
そして日本精神の源とは「に こころ」であるとか、
兎も角素晴らしい発見です+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

よく古事記などでよく知られた神話エピソードでない分、余計に難しいとも思われますが、
また、ヲシテでなければここ迄ご解読出来ないでしょうし、
池田先生を始め、四国の合田静江さんをはじめとするヲシテ研究所の優秀な方々のお蔭です(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)


これは決して漢字直訳では分かりっこない!!と思いますっっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)




そんな方々と、
こんなひよっこがご一緒させていただいて、ほんまに光栄です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




シキミの花が咲いていると池田先生が教えて下さいました( ´ ▽ ` )ノ



まだ四月の前半だというのに、もう藤の花が咲いて、
松本不二子様や池田先生とヲシテ研究所の方々と藤の花の下で記念撮影をした後、
駅前のおうどん屋さんで、不二子様にご馳走になって、
池田先生からもお土産をいただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







池田先生と松本不二子様を駅までお見送りした後、
ヲシテ研究所の方々と散歩に出掛けました(○´3`)ノ





明治記念館も散策した後、


斯波さん、青木さん、ことさん、白井さんと表参道でヲシテ談義☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

とっても楽しかったです✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦






画家である白井さんは、里山にも頻繁に行かれていて、
その瑞々しい感性からヲシテの文字や蛇信仰についてとても面白いご研究をなさってます( ´ ▽ ` )ノ



第一線のヲシテ研究の方々と触れ合え、とても幸せな時を過ごし家路につきました.:*・✿ ✿.。.:*・(Ő‿Ő✿)✫゚*









◆追記◆

♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫* お知らせ 。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


4月に新著「よみがえる縄文時代」もご出版なさった池田満先生ですが、
名古屋の中日文化センターにて、7月から半年間
「縄文人のこころを旅する 「ホツマツタヱ」を読み解く」のご講座を開講なさいます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


是非是非ご参加なさってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ





☞詳しくは 池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」

☞お申し込みは こちらから





梅ほころび桃わらう。。2013年2月半ばのこと

画像1

2013年2月8日。広島。道路の街路樹の花壇にも草が萌え始めました♪


【一人力(イチニンリキ)】


『人、一人の力で何が出来たか?』

いくら力ある一人とて、
その一人が無敵のではない。

敵が無いのが【無敵】!!

和すから無敵。。。






私達一人一人は、
文明の利器を使いこなせ、
高層ビルに住み、
様々な通信手段を使え、
何もかも調べられる世の中にあって、
さも賢く、力強くなったかのように勘違いしている!!


しかしどうだろう??


もしも無人島に一人放り出されたとして、
ビルが建てられるのか??

大型トラックを作れるのか??

パソコン一つ組み立てられるのか??

ネット回線を引きインターネットが使えるのか??




それどころか食べ物一つ確保するのも大変なのではないか。。




電気一つ止まったらどんなにひ弱なのか?ということを、
311で思い知ったではないか。。!??







♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡




2月8日
東京に帰りました(ღ′◡‵)

画像1

コシクニノ
ヒナルノタケノ
カンミヤニ
キノミオモチテ
アレマセバ
ニワニウヱオク
ミトセノチ
ヤヨヒノミカニ
ハナモミモ
モモナルユヱニ
モモノハナ



(その頃、Twitterにもヲシテ研究所の方々がいらっしゃると知り、フォローしたと思います♪)


Bebeは、広島のデパートで、
立ち雛を見て、
そしてその葉書を見て、
感動したのです∑(❍ฺд❍ฺlll)

な、なんと!!

もうきっと4000年(位ですかね??)昔から、
その姿が変わっていないんだろうな!!ということを。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


これを見た途端、

口をついてオートマティックに出てきちゃうよ(*≧ლ≦)


ヲハカムリ
ウオソデハカマ
メハコソデ
ウハカツキナリ
(ハガキの絵の通りなりね!!)

そ、その通りなりლ(;ʘДʘ)ლ


ヲシテ文献『ホツマツタヱ』の2アヤ『アメナナヨトコミキノアヤ』です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


それ以前の時代は結婚制度というものが確立していなかったのですが、
4代アマカミ(天皇皇后)のウビチニ・スビチニさんの結婚式が結婚式の始まりなのですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


コシクニ(越前地方)のヒナルノタケで、
植えた木の実が三年経った旧暦弥生の三日(当然、三日月です。今の四月初旬~半ば)に、
花も(実も)、モモ(沢山、沢山。物質的豊穣さ。百)成ったので「モモ(桃)」と!!


ここの話はとってもおもしろいので、
また機会があったらしますね~(*´∇`*)


で、広島で買ったその葉書、
東京に帰って、
丁度2アヤを学び始めたばかりの、群馬のゆーちゃんと、三重のエミちゃんに出しました+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


そして奉呈文と1アヤは、
ゆーちゃん週2回、
エミちゃん週2~3回、
マンツーマンでみていたのですが、
1月からエミちゃんのお父さんも週2回、
2月から広島のさゆちゃんも週2~3回の授業も増えたし(/●◔∀◐●)/

2アヤからはゆーちゃん、エミちゃんは合同で授業することになりましたo(^▽^)o


この頃迄にBebeは、約90回の授業を行ってきました(#^.^#)

数させていただく恵みってありますよね(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*


初心者の素人ながらも、
これだけの授業を行ったということは、
それだけの気づきのチャンスもいただいてます+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

これは誰がやっても、それだけやればその通りだと思います(๑´ლ`๑)フフ♡


それにね、
どんな親だって最初の子の時には、
1年生の新米お父さん、お母さんで、
赤ちゃんに「親」として育ててもらって「親になる」んだと思います(ღ′◡‵)


また、みんなのコーチをしたBebeは、
一人でコーチになれたわけではなく
どんなに威張りんぼなジャイヤンが、
「おう!これから俺がコーチなっ!!
いいか!?」
と宣言したところで、
だあれもついてきてくれる人が無ければ、
コーチにはなれないのです(#^.^#)


というわけで、
Bebeは本当に、
心が綺麗で、真面目で努力家で、
愛に溢れた仲間達に恵まれただけなのです・゜・(PД`q。)・゜・




そして東京に帰ったら、
群馬のゆーちゃんからBebeの誕生日プレゼントが!!
画像1

と、こんなにゴ~~ジャスなプレゼントが੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ

これで池田先生の御著作が全部揃いました~~ヽ(;▽;)ノ
(※2013年2月当時です。2013年4月には、2012年12月新発見のミカサフミ・ワカウタのアヤのことが書かれた『よみがえる縄文時代 イサナギ・イサナミのこころ』が出版されます。)

ホンマにゆーちゃん、ありがとう(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)






2月12日


とうとうBebe自身の2アヤの暗唱も暗書(見ないでヲシテで全文書く)も達成し、
池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」コメントを書き込んでみまして。。・:*:・:┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ:・:*:・



それと共に、
日本ヲシテ研究所の斯波さんやびーちぇさん、平岡さんにも親切にしていただきました。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

ホンマに嬉しかったぁぁぁ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン





と、ともにですね!!


一緒に京都で「ホツマツタヱ」に出会ったり、
いつも広島に行く度に仲良くして貰ってる雅子さんが、
「べべちゃん、私も1ヶ月間、毎日ヲシテでアワウタを書き続けました!!
準備が出来ましたので、
私もべべちゃんにお電話ホツマをお願いします!」とლ(;ʘДʘ)ლ


今までも、
「雅子さんもやれば良いのになぁ。。。」とは思ってはいたものの、
雅子さんは重症のご家族の看病の為に広島⇄大阪を行ったり来たり!!
そして中学生と小学生のお子さんも抱え、
お仕事も持ってらっしゃる超多忙な方です(●ꉺωꉺ●)


でも雅子さんも始めるって嬉しいよぉ。。੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


雅子さんは
「もう最近は、物の名前も出てこなくて、
アレがコレしてソレで。。
とかだから、
みんなみたいに暗唱なんて無理かも??
だけど、
どうぞお手柔らかに。。(◡‿◡ฺ*)」
なんて言ってます(*≧ლ≦)


そんな雅子さんも奉呈文の暗唱を5月現在既にマスターし、
明日5/31の発表会には、その優しいお声を皆さんに披露するのですよヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙)




。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.



そうして2月14日には雅子さんも週2回のおでんわホツマも始めて、
ゆーちゃん&エミちゃんは合同になりましたが、
5人×週2回ずつ ⇒週8本の授業となりました(´✪‿✪`)


Bebe自身、そして5人の仲間達それぞれで、6人分の暗唱までの授業をやっても、
まだ新しい発見が出てくる、って凄いことなんです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


もう奉呈文だけで、Bebeも千回は読んだであろう。。けれども、


例えば、
0-16
63行目「ヰオヤスクヌル」
画像1

「ヰ」は「居る」、住む、生きているということだと思いますが、
それはどんなに近代的で環境が整えられていようが、
人間関係の「居(ゐ)心地」が悪ければ「ヤスク」はありません(╯•﹏•╰)


そして、ここが言いたい!!

「ヰオヤスクナル」なら分かるけど、
「ナル」ではなく「ヌル」って何よっっ!!??


それがヲシテで見たならば、
【ナ】⊕は、上下(アメツチ)の通っている線と、横(地上)が交わって、「成って」いる状態、
ウツホ◯ですから、ちょっと自然にそうなってる感じですが、
【ヌ】はホ△ですから、どんどん燃えて上昇して行くエネルギー、意志の力を感じます(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

「単に、段々成り行きになって行く」ではなく、
「どんどん、より一層そうなるようにする」ということの意志や願いが
この【ヌ】の字に表れている(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

と解釈出来たりですね꒰#'ω`#꒱੭

あ、皆さんがその解釈、受け入れなくてもいいのですけどね(#^.^#)



そんな風な発見もまた、仲間がいるからこそ!!なのですヽ(;▽;)ノ


そして2月にはさゆちゃん、雅子さんという広島仲間も増え、
ゆーちゃんも書き練に燃えたり、
またエミちゃんはいろんな解釈の発表をしてくれるようになり、
エミちゃんのお父さんの日々の努力に励まされながら、


またヲシテ研究所の方々や池田先生とも知り合え、
親切にしていただき、


まだ寒い2月の半ばだけれど、


画像1

雅子さんは『梅』だ!!さん(๑´ლ`๑)フフ♡


この青空に向かってスックと立ち、
ほころばし始めた梅の花のように、
『ハナサクミヨノ ハルヤキヌラン!!』の気持ちをそれぞれの胸に抱いておりました✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦




最新コメント
記事検索
プロフィール

bebe_suave

ギャラリー
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
  • ホツマツタヱ前編暗唱達成とドライブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ