ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

2017年05月

人を褒めるということ

書きたいことは溜まっていたので、
続けて更新してみたいと思います(`◕‸◕´+)シャキン


私は実は、
人見知りが激しいです(ノ∀≦。)ノ
そして内側に閉じこもりがちなのですよ(◍˃̵͈̑ᴗ˂̵͈̑)


どちらかというと、
全〜〜然、ヲシテを巡る旅もしてません(TДT|||)


その前に、
先づ自分が勉強っっᕦ(ò_óˇ)ᕤ

と思っていることも、あります…(*/∇\*)



そんな内向的(なのに外交的さも持ち併せております)なアテクシなのですけれど…

10代、ええ、高校生の時からの親友がいるのです(○´3`)ノ

それが大館にお嫁に行ってしまった、ともえちゃんですヾ(●´∀`●)ノ


その、ともえちゃんがですね、
今回の盛岡のヲシテ講座に来てくれたのですよワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!


そして翌日もお仕事のお休みを取って待っていてくれたのです੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



ともえちゃんの素晴らしいところ、
そして彼女から学んだことの1つは、
『コツコツ努力をし続ければ、やがては実る』!!

これが第1番目です(`◕‸◕´+)シャキン


私は、小さい頃にバレエをやっておりましたので、
大人になってもある程度のダンス感覚や、身体の柔らかさを持ち併せていたのですが、
大人になって、ともえちゃんと一緒にバレエも習い始めたのです…

その当時は、
失礼ながら、
大人になってバレエを始めても、
人より身体の固いともえちゃんはお世辞にも上手いとは言えず…
「こーゆーのって、やっぱ子供の頃からやってないと無理ぢゃんσ(・ω・`@)??」
と思っておりました、若い頃のアテクシ…


ところが、
若くして急に大館にお嫁に行ってしまうことになりまして、
東京から冬は寒い秋田の大館に嫁ぎ赤ちゃんを育てることになったともえちゃん。

最初の苦労は、
彼女は語りませんが、
今回東北に旅行し、
更に「その苦労や如何許り。+゚(つз`o)゚+。」と思えてくるのです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。



例えば、
今回道中でともえちゃんに、
「息子の卒業式に着物を着たいのだけれど、黒い羽織持っていなくて…
どうしたら良い??」と…

「はてσ(・ω・`@)??
今時、卒業式に黒い羽織を着るお母さん、居るん??」

「うん、この辺じゃあ、みんな黒い羽織だよ〜〜」と、ともえちゃん…。

黒い羽織…
分かりますよ、紋付の、
多分一つ紋の、
丈の短いあの羽織でしょ??

あんなの(失礼!)今時着る人が居るの!??

私はともえちゃんに取り敢えず説明を…












「多分、戦後の物のない時代はね、
粗末な着物でも一応、アレ(紋付の黒い羽織)を羽織っちゃったら、式に出られたんだろうね…
それで便利だったから昭和20年代〜40年代、せいぜい昭和50年代までは着られたのだと思うよ!

けれど、男の人の着物は、
羽織+袴が正装!

対して、女の人の着物は、
帯付が正装!
羽織を羽織ってしまったら寧ろ格が下がってしまうのだよ…σ(・ω・`@)

それに…
大正時代とか、
ちょっと良いとこの御令嬢や奥様方に、
長羽織とかが流行って、
それはとてもドレッシーで、膝下まである長い羽織だったんだけど、
その「入卒式お母さん黒羽織」は、
とても短い羽織で、
物のない時代、丈の長さも節約したのだろうね…
今時、売ってないと思うし、必要無いのでは??
ともえちゃん、色無地持ってるなら、
それに袋帯でも締めて行けば??」
と申したところ、


しかし、
そんな人は周りに居ないから気がひける、と言うのです…(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


「あぁ〜〜〜〜当に東北的な、
協調社会な故の悩みなのだなぁ〜〜ヽ(;▽;)ノ」と解りました!!


そんなともえちゃんなのですが、
周りの視線にもめげず、
赤ちゃんが居ても、
理解あるご主人や婚家のご協力のもと、
秋田にいってもバレエを続けたのですよ(●ꉺωꉺ●)


全然上手じゃないのに、
そこまでして続けたのですよっっ!!


そして10年経ったある日、

「べべちゃんに、
発表会観に来て欲しいんだ!」と招待状が来ました!!

それで東京から大館に遥々、
親友の素人バレエ発表会だけを観に行って来たのです!!

ところが、
私の期待は良い意味で裏切られました!!

大人になって、
あんなに身体も硬かったのに、
もう娘ではない彼女なのに、
本当に丁寧に、
努力に努力を積み重ねたのでしょう!!
本当に上手に踊っていて、
私は涙が止まらなかったのです・゜・(PД`q。)・゜・


私は、
若い頃はどちらかと言うと、
呑み込みが早く、
せっかちだし結論づけも早いし、
何より「無駄な努力」が出来ない性分でした…


けれど、
大人になっても、
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ…
積み重ねることによって、
とんでもないものが出来上がるのですლ(;ʘДʘ)ლ


この時の感動は、
今、私がヲシテを教えて行く時の、
根気の原動力になっています(✧◡✧)


「暗唱??無理無理…」

「もう年だから…」


それでも努力の継続は凄いものを生み出すことを力説したいのですっっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

天才でも、
どんなに能力があっても、
直ぐに止めてしまったら水の泡なのです!!


けれど才能なんて無くても(失礼)
好きで好きで、努力し続けて行きさえすれば、
人を感動させるほどのものを創り上げることが出来るのです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚







そんな親友ともえちゃんなのですが、
彼女はとても褒め上手なのです!!

私も彼女の素晴らしさ、可愛さは、
気づいてはおりましたが、
若い頃の私は素直ではありませんでした、
ハイ、どちらかと言うと天邪鬼ですね(笑)


けれどともえちゃんは、
「わぁ〜〜べべちゃん、可愛い!」
「わぁ〜〜べべちゃん、すっごいね〜〜!!」
「それ良いねぇ〜〜!!」
なんともスルスル褒めてくれるのです♪♪


この「人を褒めること」=人に勇気や喜びや希望を与え励ます事。

これはどんなに素晴らしい能力なのでしょう!!


私も、
ともえちゃんのその「褒めること」はちょっとずつ見倣い続けて参りました( ´ ▽ ` )ノ

だから私はともえちゃんの「褒め道」のお弟子さんです( ´ ▽ ` )ノ

この「褒め上手」は、
どんなにか人間社会の潤滑油となることでしょう+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


まだまだ、ともえちゃんの褒め力には及びません。
はい、人は誰でも粗探ししようと思えば幾らでも「アラ」はあるものなのです(#^.^#)


評論家ぶって批判したからといって、
自分が上になる訳でも、
自分の頭が良くなる訳でもないのです。


寧ろ、
「手放しに褒められる能力」というのは、
その人の人間力の器の大きさだと思うのです…


はい、まだまだな私です…(#^.^#)


他人の欠点は幾らでも挙げられると思います。
けれど、やはり器の大きさが無いと、
他人の良いところを沢山見つけて褒めるのは難しいのです…(#^.^#)


しかし、
その「褒め道」こそ、
感謝の心や喜びを育て、
「幸せに生きる秘訣」なのではないでしゃうか♪(*〇´∀`艸)*゚


その、
「人を褒めること」は、
巡り巡って、その人の「人徳」となって返ってくるのです。


それこそが、
アマテルカミもなさっていたことだと思うのですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


アマテルカミの様な頭の良い方、
物の見え過ぎちゃう方は、
本当は他人の、タミの欠点が、
もうウジャウジャ見えていたことと思います…(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…

15-4  
ウグメクタミに  メもケガれ
アシキウタヱ(訴)に  ミミケガれ
ハナモチナラヌ  ヲシヱグサ

アマテルカミの御目からしたら、
私のダメダメさ加減も丸見えで本当に恥ずかしい限りです( ;□;)ノシ))パタパタパタパ


しかしね、
アマテルカミはヲシテ文献の中で、
沢山沢山、トミやタミや赤ちゃんでさえお褒めになっていらっしゃるのですよ!!

12-11
ナンヂハフコ(這子)の  イサオシわ
モロにスギタリ   キミマモレ
カミ、アマガツと  ナおタマフ

アマテルカミの様な尊い偉大な方に褒められたら、
どんなにか嬉しくて天にも昇る気持ちでしょうか٩(♡ε♡ )۶

どんなに名誉な、
代々子孫にまで語り継ぐような誉れなのでしょうか+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

そうして、
トミやタミに喜びと希望と名誉を、
「ヲシテ」と共に与え続けて下さったのが、アマテルカミなのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


一々、目を光らせて、
「左足から出なかったから不敬なり」とか
「信心が足らん」とか
そんなことを目くじら立てて仰ったりはしないのです(笑)

だからこそ、
有り難く尊いのではないでしょうか…


だからこそ、
欠点だらけでダメダメな私でも、
希望をもって、
ほんの少しの能力でも
人々の喜びの為に使わせていただきたい!
アマテルカミやアメの御旨を伝えるお役をさせていただきたい!!

と思うのです。+゚(つз`o)゚+。




私は、
10代の頃から良寛さんのお話も好きでした。
良寛さんは、貧乏坊主で何も人に差し上げる物がなかった、
せめて、自分の口から出るものは「愛語」という人を褒め、励まし、希望を与える良き言葉のタカラモノにしよう、
となさり続けてきたのだそうです。


そうなんです!!
それはお金持ちであろうが貧乏であろうが、
子供であろうが年寄りであろうが、
出来ることではないですか!??


そして
「人を褒め」たからといって「自分の価値が下がる」訳ではなく、
寧ろ、それを認めて褒めた自分のお株も上がることなのです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


まあ、私が褒めたところで大して嬉しくないかも??
ですが、
偉い人に褒められたら本当に嬉しいですよね!!
立派な方に認められたら本当に嬉しいですよね!!!


そんなことを、
私はともえちゃんから学び、
また、
アマテルカミもなさり続けてきたということに感動を覚えるのです!!




言葉は、
そうしたエネルギーの源にもなれば、
逆に人を傷つけ殺してしまうほどの力を持つものなのです…。

あの時の一言で…

ということがありますよね…

勿論、
必要以上に人の言葉に傷つく必要もないのですが、
逆に自分の口から出るものは、
喜びを与えるものでありたいっっ!!

と思っております、
まだまだですが…(*/∇\*)


また人間は超多面体ですから、
幾つか欠点があったとしても、
素晴らしい部分をまた持っているものです!


例え誰かの欠点が目に付いたとしても、
その人の良い部分を沢山探せる人間になりたい!と思っております…


まだまだですが…(*/∇\*)


人を褒めるのも勇気が要ったり、
照れ臭かったりするの、
分かります、
私がそうでしたから…(◞ꈍ∇ꈍ)


批判の方がカッコいい、
褒めたら負け、
だなんて厨二病(中二病)ですわょ(๑´ლ`๑)フフ♡


そんな、
私の褒め道の師匠、ともえちゃんと、
大館に行けたのも、
今回の旅の大きな収穫でした!!


アンとダイアナの様な関係だった私達ですが、
こんな親友が私に居てくれたことに感謝しますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

その『人を褒めること』これが、ともえちゃんから教わった大きな第2番目のことなのです✨✨




そして、
多くの方々が
共に喜び合う御代となりますことを(○´3`)ノ


それこそが、
ミヲヤの、
アマテルカミの、
御旨なのですから….:*・✿ ✿.。.:*・(Ő‿Ő✿)✫゚*



モモもサクラも共に開きて

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

不定期更新なblog読みに来て下さりありがとうございます✩⃛˞(๑ꆨ৺ꉺ๑)♡

今日は5/20に盛岡でヲシテ講座を開かせていただいたお話から…


2017年5月20日
「盛岡ホツマの会」に呼んでいただき、
沢山の方々をお呼び下さり、お蔭様で大盛況のヲシテ講座になり、
本当にありがとうございましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


そして本当に沢山の方々にお越しいただき、誠にありがとうございましたワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!


2017年5月20日滝沢ビッグルーフ

2017年5月20日ヲシテ講座 in 盛岡


お越しいただいた方々の中には、
ホツマツタヱはともかく、
初めて「ヲシテ」を書く方々も沢山いたことと思います♪

私が感じましたのは、
北国の方々はとても真面目だと言うこと…(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


これまで広島や東京また千葉でも講座を開かせていただいたのですが、
受講される皆さまの反応というのが違うのですね!


私の講座のモットーは、
「使えるヲシテを!!」
「ただ聞いているのではなく、1つでも覚えて、使える物を持ち帰って欲しい!」
「(書いたことがなくても)ドンドンその時間にヲシテを書いて欲しい!」


ハイ、体育会なんです(≧∀≦)


そうなんですね!

例えばダンス!
話を聞いただけで踊れるでしょうかσ(・ω・`@)??

間違っても良い!
やはり実際、体を使って踊ってみなきゃ、
踊れるようになりませんよね(○´3`)ノ


そしてね、
「ルビ無し」!!


「それでは読めないのではないか!?」


多くの方々のご心配、ご尤もですウン(●´・д)(д・`●)ウン


でもね、
いくら補助輪付き自転車を乗り重ねていたから…といって
自転車に乗れるようになるのでしょうかσ(・ω・`@)


ヘロヘロしたって、転んだって、良いじゃないですか!??

実際に補助輪を外して乗る練習をしなければ、
いくら経っても決して「自転車に乗れるようにはならない!」
そう考えているのです(ღ′◡‵)


はい、
そしてね、
やり方が分かったら後は自分で出来ますよね(○´3`)ノ

はい、
でも実際に自分でやる人は本当に少ない…(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


きっとダイエットだってそうだと思うのです!

ダイエット本を読むだけで痩せるなら、
世の中、こんなに、
「痩せたいのに…」なんて悩む人もいなければ、
ダイエット産業だって発達しない訳です(ノ∀≦。)ノ


まあ、
そういうために(いや、本当はもっと欲深な野望あってのことですが…
みんなヲシテ研究の第一人者にするつもりでやってますが…)
私が「べべ組(ヲシテ学習塾)」をやり続けている訳です( ´ ▽ ` )ノ
(※入門ご希望の方はどうぞメール下さいませ♪)


お蔭様でそちらは、
のべ授業回数800回を超えましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

これも偏(ひとえ)に付いて来てくださった方々のお蔭なのです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

本当にありがとうございます((_ _(-д- 。)ペコリ


また、
池田先生をはじめ、
応援、ご支援くださる方々のお蔭です、
ありがとうございます(//∇//)


そして、
本当は、
回数を重ねなければ
「一回聞いて分かる」訳はないのですが、
多くの方々に興味を持って欲しい!
そのきっかけの1つにでもなれば…

と、
遠くから呼んで下さる方々に、
大きな感謝を申し上げます(♡´◡`♡)


特に、
この企画を成功させる為に御奔走下さった熊谷達雄様は、
ホツマツタヱなどのヲシテ文献研究のみならず、
健全な身体に健全な精神=タミの幸せ

とのお考えからだと思いますが、
発芽玄米の普及活動をなさったり、

また素晴らしい絵画もお描きの方です( ´ ▽ ` )ノ
冒頭に挙げましたフライヤーの、
「稲虫を祓う和歌山の絵画」をお描きになったのが熊谷さまです💕


そして私もね、
「健全な身体に健全な精神=タミの幸せ」
そう考えるのです(♡´◡`♡)


いくら頭(だけが)良くても、
心の健全さがなければ…
思いやりの心がなければ…

そして、
そういう気持ちを持てる為にも、
食生活、非常に大事だと思うのですよ(#^.^#)


私は、
本当に偶然!なのですが、
311をきっかけに玄米を食べ始めました!

それは、
それまで「秋田の米農家」のお友達から、玄米でお米を送っていただいていたのですが、
都心に住んでいると、
地下鉄一駅半離れたお米屋さんまで
精米しに行かなければならなかったのですが、
311の混乱で、
精米しにお米屋さんまで行けなくなってしまったのです(TДT|||)

その上、
玄米を精米するだけに持ち込む人は殆んど居ないらしく、
あまり歓迎されているとは…
だったので、
白米が切れたきっかけに、
玄米を食べることにしたのです…


すると驚くべき身体の変化、
というか感情までの変化があったのです(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


私ね、
自慢ではないのですが大食いで(笑)
有名でした(#^.^#)

そしてね、
お腹が直ぐ空いちゃってたんです(#^.^#)


はい、
今考えると「低血糖症」だったのですね!

いつも「おやつ」を持ち歩いてました(笑)

おやつのタッパーの中身は、
ドライフルーツ、
ナッツ、
かりんとう、
ショートブレッド、
甘納豆、
などです(≧∀≦)

はい、無添加自然派ではありましたが(笑)


それでもね、
玄米になって一口50回噛むようにすると、
(それまでも食べるスピードは人より遅かったのですが)
何しろお腹が空かなくなります(●ꉺωꉺ●)


腹持ちが良くて、
忙しいとご飯食べるのも忘れちゃうのです!!!


また、
それまではパンやケーキ、うどんも好きだったのですが、
甘い物が食べたくなくなりました!
お芋や南瓜やお米(玄米)だけで充分、甘い!甘過ぎるくらい甘い!
のです!


そしたらね、
空腹の時、あれだけ凶暴で
「飯食わせろ〜〜〜〜〜⁽⁽(੭ꐦ •̀Д•́ )੭*⁾⁾ 」
だったのが…
無くなりましたლ(;ʘДʘ)ლ



そしてその後、
玄米は発芽させて食べよう!!
に至りました(♡´◡`♡)


何しろ玄米になってしまうと、
おトイレの快感が凄いんです+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


あの快感を味わったら、
もう白米には戻れません(w´Д`w)


「白米の方が美味しいから…」とよく聞きますけど、
一口50回噛んだら、
本当にそうでしょうかσ(・ω・`@)


今、私の去年の上司が、
私に「発芽玄米」や「酵素玄米」を教えてくれ!と言ってきて、
教えて実践してますが、
「なんであんなに美味しいのだろう!!
凄い!!」と言っています(笑)


それは一口50回噛みにヒミツがあると思いますよ✩⃛˞(๑ꆨ৺ꉺ๑)♡

白米だとそんなに噛めませんものね(笑)


というわけで、



も是非是非読んでみて下さいね(○´3`)ノ


※過去記事「ツキミケノ ヒトハモヨロニ(長寿遺伝子の事とか)(←クリック)にも食生活のこと書いたよ(ღ′◡‵)



さて…玄米の話も長くなってしまいましたが、
そんな発芽玄米の普及活動にも励んでいらっしゃるのが、
今回の、Bebeを盛岡に呼んで下さった熊谷達雄さんなのですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


私ね、
北国の方々の反応を観て、
「あれ??笑いがない…(TДT|||)」
なあんて思ったのですよ、実は…。


私ね、
「心に残る」ことをしたい、と思っていて、
勿論、「感動」というのも重要で、
その「感動」の話は、
ヲシテ文献やアマテルカミの御心に沢山散りばめられているのは勿論のこと、
「ヲシテ文字そのもの」にも形の話や意味合いに感動が沢山詰まっている!
そう思っております♪(*〇´∀`艸)*゚


そしてそれだけで、
「真面目な堅苦しい話」にしてしまうのが嫌なのです(#^.^#)


「素晴らしい話には笑ってはいけない」というのは「真面目過ぎる方々」の「迷信」だと思っているのです(*´◒`*)


アマテルカミも、
素晴らしい方であったのみならず、
ユーモアのセンスもおありで、
それでいてその笑いと云うのは、
「人を嘲笑する」では決してなくて、
大きな大きな御心だったと思うのです╰(*´︶`*)╯♡


緊張を強いるのではなく、
笑い、緩め、楽しい!
そんな講義をしたいのですヾ(●´∀`●)ノ


けれども、
東北の方々はもしかしたら真面目過ぎて、
「(神聖な?)講義は笑ってはいけないもの」
とか、
「自分がどう感じたか?より周りの反応と合わせる」というのが大事と思っていらっしゃるのではないでしょうか…σ(・ω・`@)


そこへ行くと、
西日本(主に広島)は、
笑いもよく起きますし、
ご自分の感情を表現するのに躊躇いがそれ程ないように感じます。


これはね、
農業や生活なんかを見てみても、
冬が寒くて、
周りの人々と力を合わせあって、
助け合って協力し合って、
足並みを揃えないと生きていけない風土が関係しているのではないかしら…σ(・ω・`@)??


そこへ行くと、
多分九州なんかは、
音楽やダンスといった自己表現方法が発達しているのも、
好き勝手にやっても凍死もしないし、
作物もいい加減でも育ち易い、
というのが関係するのだと思います( ´ ▽ ` )ノ


これはどちらが良い、悪い、ではないのですよ(○´3`)ノ


寒い冬の間に自己を見つめ、
自己と対峙し、
内なる自分の表現方法として、
小説や絵画、または文学などに
秀でた方々を輩出しているのは、
正に東北〜〜+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


そして、
真面目でコツコツと努力し、
本当に細かい手間を掛けた繊細な日本酒や食品や繊維製品が出来上がってくるのだと思います\(^o^)/


そして、
「周りと足並みを揃える」ということは、
梅の花さえ
桃や桜の開花を待ち、
一斉に爛漫な春を歌い上げるのと
似ているのではないでしょうか…*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


                    早池峰神社


その、春や初夏の煌めきたるや、
他の暖かい地方の比ではないのではないか!??
と思うのです(♡´◡`♡)


また、
思いやりの心や優しさも、
寒さ厳しく助け合って生きていくからこその、
気質というのに表れていると思うのです꒰*✪∀✪꒱♬ ♡*:・



私達の日本の国は、
四季折々のみならず、
北から南へ、
東から西へ、
本当に長〜〜〜〜く、
同じ日本の国といっても、
本当に違いがあります( ´ ▽ ` )ノ


それらは、
「どちらが良い」とかそういう問題ではなく、
お互いを尊重し合い、
助け合い学び合ってこそ!
尊びあってこそ!
その恵みに気づけると思うのです(๑´ლ`๑)フフ♡



例えば5人の女性がいたとしても、
「誰が一番」ということではなく
「五色(ゐいろ)の花」のそれぞれの良さを愛でる事!!
(ホツマツタヱ16-52〜16-54)


そして真面目で頑張り屋な人が陥り易い、
「誰かを褒めたからといって、
自分の価値が下がる訳ではない」
これは声を大にして言いたいのです(`◕‸◕´+)シャキン



タミがヰヤス(居易)くある国というのは、
笑いもあり、
お互いを尊重し合い、尊び合っている国なのではないかと考えているのですヾ(●´∀`●)ノ


勿論、
誰かの良いところはどんどん真似たら良いと思います( ´ ▽ ` )ノ

けれども、
その誰かになれなくても、
その人それぞれの良さがあって、
お役も違えば、
その働きも違う!
誰かと比べて誰かの優れている部分があるからといって、
自分の価値がなくなる訳ではないのだと思うのです(๑´ლ`๑)フフ♡


ちょっと盛岡の報告とは逸れてしまいましたが、
Facebook(は、私はやらない派なんですけど)で、
「あ、べべちゃんが話してくれなくてもFacebookで読んだよ、その話」
꒰꒪д꒪|||꒱ガーン


という事なので、
私から特にご報告申し上げなくても大丈夫なんだな、
と思っております♪(*〇´∀`艸)*゚


次の記事も書きたくなってます、
書けるかな(笑)


それでは皆さま、
またどうぞ読みに来てくださいませヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.

今回、広島から遥々応援しに来てくださったべべ組の有末さんにも大きな感謝申し上げます♪
最新コメント
記事検索
プロフィール

bebe_suave

ギャラリー
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ