ヲシテ1年生☆

漢字渡来以前の日本の縄文文字『ヲシテ』 あなたも私たちと一緒に一年生から学んでみませんか( ´ ▽ ` )ノ??

2013年06月

故松本善之助先生の10年目の桜花忌のこと

2013年3月末。



ヲシテ研究所の斯波さんから「池田先生からメールが届きましたか??」とのメールが届きましたが、
そんなメールは見ていないなぁ~~σ(・ω・`@)…と。。。

あれ??ひょっとすると!??
と思いまして迷惑メール・フォルダを探して見ますと。。。。



あ、ありましたーーーーーっっヽ(;▽;)ノ


日本のヲシテ研究の第一人者である池田満先生からメールをいただけるなんて、
天にも昇る気持ちです٩(♡ε♡ )۶


ましてや、
『ホツマツタヱ』などのヲシテ文献を発見なさり、
その御研究に一生を捧げられた故松本善之助(よしのすけ)先生のお墓参りのお誘いだなんて☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




そうお取り計らいして下さったのも、斯波さんのお蔭です。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
斯波さん、ありがとうございます(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*




Bebeみたいな、
たかだかヲシテ文献を読み始めてたった五ヶ月(2013年3月末~4月初め当時)しか経っていない超初心者に、
池田先生から松本先生のお墓参りだなんて੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ



Bebeは松本先生の御著作はその当時(も今も)1冊しか持っておりません(#^.^#)
『秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1980年)です♪


そして、それは広島の素読の会の松田先生に長いことお貸ししておりまして、
広島のBebeのヲシテ仲間の雅子さんが、その続編『続、秘められた日本古代史ホツマツタヘ』 (毎日新聞社、1984年)を入手して読み終わったけれど、その前の本が読みたい、とのことで、
松田先生に雅子さんにお返しする様お願いし、
Bebeは広島で雅子さんから続編をお借りして読みました( ´ ▽ ` )ノ

広島仲間は便利で、
雅子さんとさゆちゃんとBebeとで、二冊の本を回し読みです●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●


もうお亡くなりになって10年!しかもまだまだマイナージャンルでありますので、
松本先生の著作物を入手するのは既に困難なのですよヽ(;▽;)ノ




松本先生のヲシテ研究に賭ける情熱は並々ならぬものがあり、
ジャーナリストですから文章のセンスも抜群なのですが、
それでも表立っての文壇には相手にされなかった御苦労。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


そうでしょうね、そうでしょうね…(⌇ຶД⌇ຶ)
今まで1300年もの間、記紀が最古の書物と研究なさってきた方々には、
それが覆(くつがえ)ってしまうということは、
オマンマ食い上げになってしまうということもありましょう… (⌇ຶö⌇ຶ)
そうしたら認めるなどということが出来るものか!!
という方々も沢山いらっしゃるのでしょう・゜・(PД`q。)・゜・


松本先生も、『現代用語の基礎知識』などの第一級のジャーナリストでいらっしゃいながら、
今まで築いてきた地位や肩書きを捨てての、ヲシテ研究へのご献身。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


けれども僭越ながら思いますに、
まずジャーナリストとしても一流の松本先生であったからこそ!!
【ホツマツタヱを世に出したい!岩戸を開きたい!】と思っていたカミガミ様が、
白羽の矢を当てたのでしょうし、
並々ならぬ根気のいる作業を必要としたからこそ!
まだ十代であった池田先生を出会わせ研究させたのだと思います(⌇ຶД⌇ຶ)

Bebeがヲシテ文献を今こそ世に出したい、と願っている神の一柱であったら(かなり不遜で大胆な設定ですが(((✿ฺ≧▽≦)彡☆
妄想は自由ですのよ(#^.^#)オホホ…)
きっと松本先生と池田先生のコンビで先ずは事を進めた、というのも納得です(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…





松本先生は1966年に神田の古書店にて偶然、『ホツマツタヱ』を再発見した。
同文献の約10万文字、1万行のヲシテを研究し、古事記・日本書紀でいう神代〜景行天皇までの御世について『ホツマツタヱ』が豊かな記述を残しているということなどを明らかにしてきた。
熱血漢と温和な面を備えるなど、「人間、松本善之助」として人望が篤く、全国の同志の間を飛び回りながら『ホツマツタヱ』の研究に一生を捧げ、現代における同文献研究の先駆けとなった。
関係する全国の研究会で育った後輩たちの手によって、今日においても『ホツマツタヱ』の研究が引き継がれている。
※殆どWikipedia丸写しで失礼(//∇//)


今年で松本善之助先生がお亡くなりになられて10年目だそうです(●ꉺωꉺ●)
Bebeが「ホツマツタヱ」というヲシテ文献というものの存在を知ったのは、
2012年7月の京都でですから、
松本先生にお会いしたことがある訳もなくヽ(;▽;)ノ

それでも最初にその京都で、
ホツマツタヱ発見の経緯などを教わりまして、
一番最初から松本善之助先生のお名前や経緯を知れたのはラッキーだったと思っております。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

そして、その時にそのご研究を一緒になさって継いでいらっしゃるのが池田満先生だとも教わっているのですから…。+゚(つз`o)゚+。


故松本先生は、ヲシテの解読から始められて、
池田先生と共に、
畳大にも及ぶ巨大な系図を作り上げ、
日本書紀、古事記とヲシテ文献「ホツマツタヱ」を一語一句比較するという
緻密にして気が遠くなる作業をやり遂げ、
画像1
そのお蔭で、今こうして私達が『定本(三書比較)』や
『ホツマ辞典』や『記紀原書ヲシテ』を読めるのです。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
定本〔ホツマツタエ〕―日本書紀・古事記との対比 [単行本]







池田先生のBlog「 縄文文字 ヲシテ を 復活!(☜クリックで飛びます)でも、
度々松本先生のお話が書かれていて、読むととても興味深いですね(´✪‿✪`)

池田先生が松本先生に出会われたのは、池田先生弱冠高校生だと言うのですから(΄✹ਊ✹‵)
それは実に運命というかお導きというかでなくして、どうしてあり得ましょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

このカレーライスの記事とか面白かったです(๑´ლ`๑)フフ♡








。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜*+:。❀.。.。:+❁+ ゜ ゜゜❃*+:。❀.。:+❁+ ゜ ゜゜❃ *+:。❀.。.





今年は開花がとても早かったので、すっかり桜散った東京

2013年4月4日の終電新幹線で東京に帰って来たBebeですが、
6日土曜日は、その後ヲシテ幼稚園もしてみたD兄などのお友達にヲシテの話をしたり(ღ′◡‵)


その頃、群馬のゆーちゃんはご長男の入学式でおでんわホツマをお休みしていたので、
エミちゃんとは、ミカサフミ「ナメコトノアヤ」を進めていましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



ヲシテの文字は季節の陰陽とも深い関係があります( ✪ฺД✪ฺ)

※「 縄文文字ヲシテ手習い帳」にも詳しいですよ(○´3`)ノ



画像1
ヌエアシモチガ ガダヲヱオ(TДT|||)???



ミカサフミ「ナメコトノアヤ」に出てくる七草♪
✽ゴケフ☞御行
✽ハコベナ☞繁縷
✽イタヒラナ☞田平子・ホトケノザ
✽スズナ☞蕪スズナ
✽スズシロ☞スズシロ
✽スセリ☞芹
✽ナズナ☞薺
画像1

イタヒラナ










画像1 画像1
画像1


モチ(望月、満月、正月15日)の前日のとんど焼の「カユフトマニ」って粥占神事!!





画像1
トンド焼き!!















ちょうど4/7は、(3/23に連れてっていただいた)美保神社で斎行される青柴垣神事だったようで。
鶴、亀、兎など動物を模したフトマガリ
画像1






それからこの頃のBebeは、
ホツマツタヱの4アヤの後半を勉強中でした(○´3`)ノ


アマテルカミは『キシヱ』年生まれなので、キアヱ暦と十干十二支を対応させてみたり。。。




アマテルカミご誕生時には叔母姫のキクキリヒメがご活躍o(^▽^)o

おや!?「キク(菊)」と「キリ(桐)」って皇室の紋章ではっ∑d(◐д◑´,,)??





そんなことをしながら迎えた
4月13日(土)快晴

初めてお会いする生・池田先生は、新橋色のジャケットに黄色いスーツケースの可愛らしい方ですた(๑´ლ`๑)フフ♡

それから、ヲシテ研究所の面々ꉂ ૮( ᵒ̌ૢꇴᵒ̌ૢ )ა。*゚✧

よみがえる日本語』の著者陣の斯波さんや、青木さん+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

それから、素晴らしいBlogをお書きになってる、 こと まとかさんも☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ことさんのBlogでは、「 ワカ姫~和歌のマシナイ~「扇祭りの由来」編:イザ!」の、
ホツマツタヱ・ミハタノハツ「キツノナトホムシサルアヤ(1アヤ)」のワカヒメの、
ホムシハラヒの歌の解釈が素晴らしかったので、ファンでしたが、
実際にお会いする、ことさんもBlogの様に素敵な方でしたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪





さて、
この日はBebeもお花をお持ちしたのですが、
池田先生と、松本不二子様もお持ちになっていて、
お墓の小さな花差しでは一杯になってしまいました!!

すると、やおらアウトドア・ナイフを取り出すと
素晴らしい華道家ぶりを発揮する方が!!∑d(◐д◑´,,)


新しいヲシテ研究所員で画家の 白井忠俊さんです*・.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .






池田先生が、一冊の本を松本先生の御墓前にお供えしていらっしゃいました!!
画像1

よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ―新発見『ミカサフミ ワカウタノアヤ』アマテルカミが解き明かす [単行本]
▲クリックでAmazonへ♪

あ!!
新しい御著作☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


2012年末に、未発見のヲシテ文献ミカサフミ「ワカウタノアヤ」が富士山の御師(おし)で見つかった!!との事は、池田先生のBlogで読んでおりました。

そ、それがこんなに早く解読、出版されたなんてっっ!!!(΄✹ਊ✹‵)



池田先生もさぞかし寝ずの御解読、ご執筆だったことでしょう。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


池田先生も何としても松本先生の十周忌に献本なさりたかったのでしょうね。+゚(つз`o)゚+。






このミカサフミ・ワカウタノアヤが発見されたのは、世紀の大発見で、
なぜ「~なり【けり】」とか「~~なる【かも】」等といった言葉の語源や、
また日本語の成り立ち、
そして日本精神の源とは「に こころ」であるとか、
兎も角素晴らしい発見です+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

よく古事記などでよく知られた神話エピソードでない分、余計に難しいとも思われますが、
また、ヲシテでなければここ迄ご解読出来ないでしょうし、
池田先生を始め、四国の合田静江さんをはじめとするヲシテ研究所の優秀な方々のお蔭です(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)


これは決して漢字直訳では分かりっこない!!と思いますっっ(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)




そんな方々と、
こんなひよっこがご一緒させていただいて、ほんまに光栄です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




シキミの花が咲いていると池田先生が教えて下さいました( ´ ▽ ` )ノ



まだ四月の前半だというのに、もう藤の花が咲いて、
松本不二子様や池田先生とヲシテ研究所の方々と藤の花の下で記念撮影をした後、
駅前のおうどん屋さんで、不二子様にご馳走になって、
池田先生からもお土産をいただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







池田先生と松本不二子様を駅までお見送りした後、
ヲシテ研究所の方々と散歩に出掛けました(○´3`)ノ





明治記念館も散策した後、


斯波さん、青木さん、ことさん、白井さんと表参道でヲシテ談義☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

とっても楽しかったです✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦






画家である白井さんは、里山にも頻繁に行かれていて、
その瑞々しい感性からヲシテの文字や蛇信仰についてとても面白いご研究をなさってます( ´ ▽ ` )ノ



第一線のヲシテ研究の方々と触れ合え、とても幸せな時を過ごし家路につきました.:*・✿ ✿.。.:*・(Ő‿Ő✿)✫゚*









◆追記◆

♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫* お知らせ 。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡


4月に新著「よみがえる縄文時代」もご出版なさった池田満先生ですが、
名古屋の中日文化センターにて、7月から半年間
「縄文人のこころを旅する 「ホツマツタヱ」を読み解く」のご講座を開講なさいます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


是非是非ご参加なさってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ





☞詳しくは 池田先生のBlog「縄文文字 ヲシテ を 復活!」

☞お申し込みは こちらから





ツキミケノ ヒトハモヨロニ(長寿遺伝子の事とか)

2013年6月24日現在
画像1


昨晩三時間掛けて書いた記事が消えてしまいまして(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)(⌇ຶД⌇ຶ)

その前に2時間書いた記事は無事だったのですが、
緻密に(当社比)調べたりハイパーリンク貼ったりした、故・松本善之助先生の記事とかご功績に関する記事がヽ(;▽;)ノ

ちょっと脱力感激しいので、
代わりに雑談記事を先にアップします꒰#'ω`#꒱੭




画像1

2013年6月12日。今年は梅仕事10kgです♪




今日6/24の雅子さんとのおでんわホツマでは凄い事が起きました

素読の練習、暗唱の練習では早口も取り入れてるBebeですが、
雅子さんはおっとりした品の良い奥様ですので、
「では雅子さん、次早口で!」
と言っても、
早口と普通の差異が感じられずにおりました(#^.^#)

あ、エミちゃんの時もそうだったですね、四ヶ月位!


エミちゃんは焦ってる感じも感じられませんでしたが、
雅子さんはスピードの差異は感じられないものの、
ちょっと焦ってる感じはしてました(๑>◡<๑)

「あ、雅子さんは早口で言ってるつもりなんだわ!」と、
心眼ならぬ心聴で聞いておりました(#^.^#)


ところが今日は…

は、早くなってるヽ(;▽;)ノ


おお!そう言えば雅子さんさんも丁度四ヶ月だわ( ✪ฺД✪ฺ)


凄いですね꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ


人間の努力と進歩は、
努力し続けると、
現象としてはずっと変わりなく見えても、
着実に蓄えているものがあって、
その努力の臨界点を超えた時、
ある日突然出来るようになるっっヽ(;▽;)ノ


エミちゃんだって、
ある日突然、機械で早回ししたように早口になっていたのは驚きでした✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦


雅子さんも、
普通の人が聞いても、
「あ、早口だ!」というスピードになってましたよ、今日は✧.*(⁎❝͋॔ ˙̫ॢ ॢ❝͋॓⁎)*·✧


人が無理と決めてしまう時、
おそらくあと一回トライしてみれば、
その臨界点突破だったのかもしれないのに、
諦めてしまう事が多いのかもなぁ〜。。。
と勝手に限界を自分で決めて諦めてしまう事の勿体無さを痛感します。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。



画像1

2013年6月23日。下漬けした梅干し用梅5.5kgに赤紫蘇投入♡








さて、本題に入ります(´✪‿✪`)

画像1


132上 ツキミケノ
132下 ヒトハモヨロニ


Bebeが思うホツマツタヱ1アヤ暗唱最大の難関部分です(′ʘ⌄ʘ‵)

今ここをエミちゃんのお父様、雅子さん、さゆちゃんがやっていますo(^▽^)o

あ、エミちゃんのお父様はもう少し進んで、イナムシ祓う所まで行ってますけどね(#^.^#)


「ツキミケノ ヒトハモヨロニ〜」
六人ここをトライしてマスターさせた位の実績ですが、みなここを覚えるのが難しそうでした(#^.^#)



モヨロ=百万
フソロヨ=二十万


こんな大きな数をヒ、フ、ミ、ヨで数えることもなければ、
人間の年として想像することだってなかったのですから、
耳も慣れず覚え難いのは仕方ありません(*/∇\*)


口もね、回らないし、
モヨロにフソロヨ、フヨロトシ!
似たようなのが続いて、
最初覚えるのは大変なのですよ〜〜(#^.^#)


131下 フルトシフヨリ
132上 ツキミケノ
132下 ヒトハモヨロニ
133上 ツキムケノ
133下 ヒトハフソヨロ…
(月に三回のご飯の時、人は百万年生きまして、)
(月に六回のご飯になると、人の寿命は二十万年になりました。)




お約束のように、チーム安芸の雅子さんとさゆちゃんが噛んでくれますが(o_ _)ノ彡☆バンバン

チーム安芸の授業は笑いが絶えません(≧∇≦)

雅子さんは人生を楽しむ達人ですし、
さゆちゃんは、大真面目でありながらなかなかのドジで、
しかも笑いを提供してくれる本当に愛されキャラなんですよぉ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





ところで
131下 フルシトフヨリ


ここの解釈は分かれるところのようですが、
Bebeは、
フル ⇨ 古、旧、故、降る…古くは、昔は
トシフ(2)ヨリ ⇨ 年二回から

と思っています(´✪‿✪`)

その後から月3回、月6回のご飯(ミケ)の事が記述されていますが、
縄文時代であったなら、
水田もまだまだなくて陸稲(オカボ)で細々穫れる位だったでしょうし、
ニイナメヱ(新嘗祭、今でいう勤労感謝の日、収穫祭)に捧げてからでないと
その年の新米はいただきませんでした♪
まず天地の神々様、御先祖様に感謝してそれからでないと( ◜◡‾)(‾◡◝ )

今なら収穫量というのは「俺の農業技術のお蔭で」とか「設備投資のお蔭だよ」とかもあるのでしょうけど、
昔はいくら努力して作ろうが、気象条件などに左右されることが大きかったですよね(´✪‿✪`)

祈るような気持ちで種籾を播き、
田植えをして雨が降るよう祈り、
その後は沢山晴れてくれて、
また虫や冷害や病気などにも遭いませんように(。-人-。)


そうしてようやく採れた大事なお米ヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

その量だって今とは比較にならない程の僅かなものだったでしょう…



ヲシテ時代の暦を見てみると、
「ヱ」の季節から始まっていますo(^▽^)o

ニイナメヱ(新嘗会)が農業暦の一つの節目であり、
【ヱ】の季節の始まりの【日】が「ヱカ」だったのではないでしょうか??


その捧げたお米は、
大事に新年のモチ(1月15日)の日に小豆と炊いてお粥にしていただいたりして(๑´ლ`๑)フフ♡



先日読んだ、
「土佐・物部村 神々のかたち」という写真集では、
高知県でも最も山深い、平家の落人も隠れ住んだ、
また剣岳系の最も山深いその物部村では、
当然、田んぼも厳しい山の棚田な訳ですが、
極々最近までお米のご飯は、年に1回、大晦日の日にしか食べられなかったそうです(●ꉺωꉺ●)
画像1






それを思うと、
ましてや古代は、ヱの日(新嘗祭が終わって)と、
もう1回、大晦日トンド焼き(小正月)の頃にお粥にして、
位だったのでは??
なんて想像を膨らませています(ღ′◡‵)




ところでBebeのTwitterのお友達に「不食の人」
つまり何ヶ月も、何年も!!
食べないで生きている方々がいます(●ꉺωꉺ●)
山田鷹夫さんなどがそうです!!

また浅川嘉富さんが紹介していらっしゃった秋山佳胤弁護士ももう何年も食べることをしていないのだそうです(΄✹ਊ✹‵)
秋山弁護士に依ると、
大地や太陽から直接エネルギーを得ているらしいですね(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…


随分前に見たYouTubeでも、インドのヒラ・ラタン・マネクさんは何年も不食で、
そのエネルギーは主に太陽凝視から得ているらしい!??



これらの人々は、
腸内に食物からでなく、窒素や様々な物からエネルギーを採り入れられるバクテリアや腸内細菌を持っているとか、
でしょうかね(●ꉺωꉺ●)






またBebeは今、梅酵素、生姜酵素などの酵素シロップを作っているのですが、
ちょっと酵素についてwebで調べ物をすると、
出て来るわ出て来るわ!!
酵素断食(΄✹ਊ✹‵)


画像1

6/23左から梅酵素。白梅酢。去年の赤梅酢で漬けた新生姜の紅生姜。



別にダイエットとか、そんなつもりはなかったんですけど…(#^.^#)

何しろ、
Bebeはホンマに大食いで꒰#'ω`#꒱੭

無芸大食っていうくらいで(ノ∀≦。)ノ

ノンストップイーターと呼ばれた女(*/∇\*)

食べることが好きなものですから、料理も好きです(`◕‸◕´+)キリッ!


でも、
311以降ですかね??
肉類を一切食べなくなって…
自然と玄米になりました(#^.^#)

玄米を一口50回も噛んでいると…

幸福感で、
涙が溢れてきます。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。


また、福岡や広島に行くと彼に付き合って、
食べるようになるんですけどね(*/∇\*)


でも東京にいると、
ホンマに小食で粗食になって(*≧ლ≦)

気がつくと、
あ、ご飯今日は食べ忘れた!
という日も出てきます!


ところで注目しているのは、
モヨロ(百万年)から
フソヨロ(二十万年)になった!
つまり、
ご飯の回数が倍に増えた時、
寿命が1/5に縮んだ!
ということなんです(●ꉺωꉺ●)

そして更に続くのは、
134上 イマノヨハ
134下 タダフヨロトシ
135上 イキナルル
135下 ミケカサナレバ
136上 ヨワヒナシ


ミケ(ご飯)が重なればヨワヒ(齢)がナシだそうですよっっ!!



更に2万年という大きさに騙されずに、
Bebeがいつも注目しているのは、
イマ(当時)が一日二食になったのか一日一食なのかは分かりませんけど、
寿命が100万年からは1/50になってる!ってことなんです(΄✹ਊ✹‵)


二万歳!
現代の寿命が80歳だと仮定すれば、250倍ですけど、
5×50ですのよっ!旦那っ!!
あ〜ら、奥様も!!
ちょいとそこのオニーサンも!!


月に三食だった時と比べて、
日に三食+二間食=五食位の現代は、
ご飯の回数は50倍!!
だったら寿命も1/250とかになってもおかしくないかも??ヽ(;▽;)ノ

常識という物差しを持って「科学的」ということに、
Bebeは甚だ疑問に思っていますが、
何故なら常識というのは時代と共に常に変わり、
僅か50年前でも携帯電話の登場は信じられなかったことでしょうね…
また今、読んでいる池田先生お勧めの「ミトコンドリアの本」によると、
細菌は自然に湧くと科学者の間では信じられていたと…

ほんのちっぽけな、
アホなBebeには、
何が正しいとか真実であるかとか、
何も分からない、というのが真実で、
あらゆる可能性がある!
と思っています(#^.^#)

なので、
100万年という寿命があったか??
というのも、
考えにくいし、
想像しにくい、
数え方が今とちがったのかも??
とは思うけど、
でも実際に今と同じ数え方でもあったのかも??
その可能性も捨てきれない、
と思っています(#^.^#)


更に、続くのは、

136下 ユエニヲンカミ
137上 ツキニミケ
(故にアマテルカミは月に三回のご飯でした)


日に三食ではありませんよ!!
月に三食ですよヽ(;▽;)ノ

ホンマに少食どころか、
最近知ったのは、
間欠断食が長寿遺伝子をONにするらしいんですよ+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


最近の研究では、カロリー制限もそうですが、
長寿の為に有効なのは、
定期的な断食なんだそう(●ꉺωꉺ●)!!!





137下 ニカキハホナヤ

血液の浄化には緑の野菜が有効ですが、
とりわけチヨミ草という富士山にあったという草は、
それはそれは苦く、
でも不老不死の妙薬として、
秦の始皇帝や徐福までそれを求めていたのかも??
伝説の扶桑の国の蓬莱山とは、
富士山のことだったかも知れませんウン(●´・д)(д・`●)ウン

富士山は一昨日2013年6月22日に世界遺産に登録されたようですが…





138上 ミナミムキ

この南向きには、
アマテルカミがタミみんなのことをいつも見ていた、
ヒ(1)ヨリト(10)マデおツクス
ことも指しているでしょうねヽ(;▽;)ノ(推測)
勿論、不食の人々が日光浴を欠かしていないことのように、
南に向いていつも日を浴びることもあるでしうね♪


138下 アサキオウケテ

おおお!
不食のインド人も、
朝日光浴を!
朝の氣プラーナを摂っているのでしょう!!

と、共に注目は、
アサのアの字はぐるぐるの、
アメツチ(天地)のア!!
正に、天の氣を摂っていたのでしょう!!!


139上 ナガイキノ

あ!呼吸法だ∑d(◐д◑´,,)
長息呼吸法!
これは氣功を知っている方なら誰でもご存知のことですねヽ(;▽;)ノ



まあ、実際、
土だけを食べて生きている人や、
木人間と呼ばれる男や、
何十年間も不食の人もいるわけで、


それどころか、
世界中で、
何年も不食と医師の証明を得て正式に登録しているだけで、
4000人もいるというのは驚愕の事実ですね∑d(◐д◑´,,)

あ、
不老不死と言えば仙人ですけど、
仙人は霞を食べているらしいですが、
高い山の良い氣を食している、
つまり不食であることが長寿の秘訣なのかもですねぇ(●ꉺωꉺ●)

ますます考えちゃうわ(#^.^#)




ところで玄米で沢山噛むようになると、
甘いお菓子が不要になってくるのですよ、コレホント!!

欲望に抗(あらが)い難い、
本能に忠実!
と言われることも多いBebeですが(て、どんな人よ٩(๑`ȏ´๑)۶ キーキー)

あれだけ、
「食いしん坊のべべちゃん」
という光栄な称号で呼ばれたこのワタクシですが…
(あ、食べても肥らないので、
ダイエットとか考えたことなかっただけです(#^.^#)…)


玄米になりよく噛むようになると美味しそうなケーキを目にしても、
別に食べたいと思わなくなったのです(*/∇\*)

血糖値の上昇が緩やかになり、
お砂糖中毒の低血糖症による飢餓状態から解放されるからですね(*´∇`*)


けれども、
彼はスヰーツ男子ですから、
仕方なく??時々身体に良さそうなオヤツを用意しますけど(#^.^#)


まあ、
大体現代人は、
お砂糖中毒の低血糖症ですからね(#^.^#)

このお砂糖を摂らないだけで、
鬱から解放され、
性格が穏やかになり、
幸福感で満たされ
感謝の気持ちが湧いてくる、ってものです(#^.^#)

分かります…
だって空腹時には凶暴でしたもん(*/∇\*)

でも、
お砂糖を全く摂らなくなると、
あの強烈な空腹感てなくなるんです(●ꉺωꉺ●)

そうなると、
案外、
忙しいしそれほどお腹空いてないから、
もう少し後でよいか??

なんて思ってると、
食べ忘れちゃうことも出てきちゃうんですよ、
コレホンマ!!



ところで遺伝子的に見たら、
人類の歴史の中で、
こんなに食糧が溢れている時代はかつてはなかった!!
人間の細胞は飢餓には強いが、
飽食には滅法弱い!!
ってことなんです(΄✹ਊ✹‵)


だからあながち、
ツキミケノぉ〜

も、
お米のご飯が月三回ってことのみならず、
食事回数も現代よりずっとずっと少なかったのでは??
なんて思ってます(#^.^#)

だってそれより前の時代は、
栗とかドングリとか木の実とか貝(でも鮑とか蛤とか牡蠣とか高級なもの食べてたらすぅぃ〜い٩(♡ε♡ )۶)ですよっ!!?



まだまだ疑問は続きます!


餓死する人と、
不食でも生きられる人の違いは何なのだろσ(・ω・`@)??



これは一つは『意識』の差、
というか、
不安や恐れ、といった『恐怖心』にもあるのかなぁ~~と考えています(´✪‿✪`)

勿論、皆さんにいきなり無謀な断食を勧めているわけでは決してないのです♪

けれども、
「三食キチンと食べなければ」
という刷り込みの洗礼を私達は受けていますが、
どうやら長寿遺伝子がONになるのも、
間欠断食(なる言葉を、酵素で調べた時はじめて知ったのですが)や飢餓状態が欠かせないらしいですし!!
病気の時は食べないのが治癒には効果的らしいんですよ(♡´◡`♡)


それよりも、
「不安や恐れ」は人を蝕み病ませてしまいます(╯•﹏•╰)

不安や恐れは、その原因となるものがあるからだ!!
という人もいるでしょう。。。

けれど、
どんな状況でどんな状態であろうが、
その置かれた恵みを数える人と、
その置かれた不幸を嘆く人とでは全く違ってくるってものですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


あなたは幾つ、
自分の今の恵みを挙げられますか??



画像1



Bebeはまだまだ意識的な断食をしようとか不食とかは出来ませんけど(#^.^#)
それでも
ハンバーグ一個作るエネルギーや穀物で、おにぎりなら65個分であるとか、
養豚の糞尿問題で川や海が汚染されている!
牛のゲップが一番地球温暖化させている原因。
牛が食べる穀物は地球上の人類の食べる穀物の七倍。
もし人類が総てベジタリアンになれば飢餓問題は解決できる。

世界の穀物相場が上がったのは、中国人達が牛肉を食べるようになったから…

と聞けば、
せめて少しでも貢献出来たら…
と思い、
肉食は致しません(◞‸◟ㆀ)ショボン

と思うわけです。

もう二年ちょいになりますが、
全くお肉食べたいとは思いません(*´∇`*)

第一、アマテルカミも禁じていますしね(○´3`)ノ



アマネクトホリ、
どんな人にも植物、動物、鉱物に至るまで照らしてくれている、
ヒノワに還られた日のカミ・アマテルカミ(´✪‿✪`)


どんな人々だって飢え死ぬ事は望んでいない筈です( p′︵‵。)
せめて!!
自分が肉を食べないことで少しでも世界から餓死者が減ったら・゜・(PД`q。)・゜・
と思う訳です・゜・(PД`q。)・゜・


勿論、今肉食の方々を責めているわけではありませんよ♪
Bebeだってほんの二年ちょっと前までは普通に肉食だったわけですから。。。

ただ少しでも知っていただき、
週6回肉食だった人が、
週1日でも肉食をしない日を作ってみる!
とか、
お肉の量を半分に減らす!
とかからだって、
みんながやればそれなりの効果があると思うんです\(^o^)/


最後に蛇足ながら、
人間の身体には素晴らしい名医が二人いるそうで。。。。

一人は、「食欲不信」
これは以上述べたように、
野生動物が病気になったら食べずに、
じっとして体内酵素が治癒に回るようにしているのですから、
食べることによって酵素を消費するより、
具合が悪い時は食べないで体内の治癒力を高めるのが理に適っていると思いますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


そして、もう一人は「噛む」ということ(○´3`)ノ
その唾液はどんなワクチンよりも強力なのだそうですo(^▽^)o

白米だと難しいかも?ですが、
玄米なら50回どころか一口100回も簡単ですよ(○´3`)ノ

よく「唾を吐く」って言いますけど、
あれこそ、大事な唾液先生を吐き出してて、
罰当たりなことですわねぇ…(#^.^#)




画像1

甕(みか)の腹滿(はらみ)て雙(なら)べてぞ




あら、甕並べちゃって、やっぱりまだ不食無理だわ(ノ∀≦。)ノ




Skype特別授業と2013年3月末~4月初めの広島での日々

広島・宮島名物アナゴを炊いて。。3月27日のお弁当
画像1

※お弁当はヲシテとは関係ないですよ(ノ∀≦。)ノ
ただ、肉体の食物と共に、霊の食物も大切なわけで、
良い《コト》の霊的食物、例えば五七の歌形式で書かれたヲシテ文献に触れることで、
良い霊的な栄養を摂取するのも大切な事と考えておりま~すヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙






3月28日(木)

エミちゃんパパと19回目のお電話ホツマ、その日とうとう奉呈文終了ワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!

エミちゃんパパは65歳だけれど、日々読みも書きもホンマに一生懸命練習されていて頭が下がります。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
また授業も録音して繰り返し聞いてるらしい!!

エミちゃんパパとは今年の1月の第二週から始まりましたが、いつも、その謙虚さ、努力、好奇心と心の柔軟さに感動を覚えます。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

奉呈文終了おめでとうございま---すワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!

そのご褒美に翌日は斯波さんの特別講義♪♪


まだまだ多くの人々は、物質的豊かさ=幸福と思い込み、
沢山勉強した☞良い学校☞良い企業☞高いお給料☞安定した生活、
それこそが幸福なのだ!
と信じているようですが、
エミちゃんのお父様から聞く、昔の日本の生活、
物はなくても、物と幸福感は関係ない!
といったお話を聞けるのも楽しみです✧.*(⁎❝͋॔ ˙̫ॢ ॢ❝͋॓⁎)*·✧


女性の社会進出により、
共働きによって収入は増えたかもしれません…

総ての共働きを批判しているわけではないのですが、
必要ないのに無理して保育園に預け、
その結果、疲れて家事も代行サーヴィスを利用したり、
疲れてお金があるのだからと外食に偏りがちになり、
お子さんの教育は他人任せ。。

それが本当に豊かな生活でしょうか??

物を買う、消費生活が豊かな生活と履き違え、
使い捨て文化!
「うちはうちの稼ぎで買ってるんだから文句はないでしょう??」

それより、
例えば家族総出で味噌作り、
子供達もキャーキャー言いながら手伝う!
味噌作りの大鍋などは村で共有!!

家族や様々な方々の手を借りての田植え!

またレジャー施設に出掛けずとも、
年末の障子張替え!
この日ばかりは、
子供達も思い切り障子をビリビリしても怒られない(*≧ლ≦)



そもそも子供達の楽しみが、
ゲームやレジャー施設に連れていったり旅行しなければ可哀相、とは誰が決めたのですか??

小さな子供達には、
そこの石ころの形に驚嘆し、
そこの草に畏敬の念を覚え、
海の波の寄せ来るを飽かず眺められるものではないでしょうか??


勿論、こうしてインターネットを使い、
Skypeを使い、iPhoneを利用させていただいているBebeにとって、
いや電気もガスも使い、
電気洗濯機や掃除機を使わせていただき、
Amazonを利用し飛行機や新幹線に乗せていただき、
都市生活で暮らさせていただいているBebeにとって、
何もかも文明の利器を否定するものではないのです(´✪‿✪`)


今よりも昔の生活が良かったと言って、
何もかも文明を捨てて山に籠って自給自足すれば良い!
と言っているわけではないのです(´✪‿✪`)


そうではなく、
「何もかも自分で稼いだお金で暮らしてるのだ!
だから便利な物を利用し、使い捨てても良い」
という考えや、
能力偏重主義、
強ければ良い、
稼ぎが大きければ偉い、
という考え方に、
現代人の抱える【鬱】になる要因が沢山含まれているのではないかしら??
ということなんです(′ʘ⌄ʘ‵)


人は「食う為に働いて」いますけど、
「この仕事では食っていけない」なんて何と矛盾な(΄✹ਊ✹‵)


本当は、お日様もお土も、
人々が食うだけのものは与えてくださっていると思うのですよ( p′︵‵。)

まして極寒の地でも、灼熱に砂漠でもない、
この豊かな森と海に囲まれた日本ではヽ(;▽;)ノ


例えばハイテク産業に必要なレアメタルにしろ、
大地が与えてくれた恵みなのではないですか??

電気だって石油だって、
大地が与えてくれた恵みなのではないですか??


争いごとの利権の為のものなのでしょうか??


こうして、
様々な自然災害、環境汚染が進む現代、
その時代に住む私達は、
そういったアワ(天地)の恵みについてもう一度考え、
増大する医療費にも拘らず増え続ける鬱病患者数、
巨大になり過ぎた軍事産業の為に崩壊に向かわされている世の在り方を、
元から考えてみる必要があると思います。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。







3月29日(金)

この日は、Bebe達グループの全員、
群馬のゆーちゃん、三重のエミちゃんとお父さん、広島のさゆちゃんと雅子さん、が、
日本ヲシテ研究所の斯波さんによるSkype特別講義の日でしたワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!


その予習で、ゆーちゃんとエミちゃんとBebeは少し、
ミカサフミの「ナメコトノアヤ」と「トシウチニナスコトノアヤ」を読んでおきました(*/∇\*)


ヲシテの文字は
フトマニの中心(アウワ)の一座と、
中心から二列目のトホカミヱヒタメの八座と、
合わせて九座のコホシ(九星)図表との密接な関係が…(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…

画像1


季節や方角、そして縄文哲学、宇宙の神秘や、ヲシテの奥深さに感動੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


画像1


細々と、ヲシテの読み書きを練習し、
暗唱、書き取りをしながら学んできた私達ですが、
まだゆーちゃん、エミちゃん、Bebeですら教科書《記紀原書ヲシテ》を手にしてたった4ヶ月のド素人集団です꒰#'ω`#꒱੭

斯波さんは、ヲシテの形そのものに哲学や様々な事柄が含まれていると発見、研究なさっていらした天才ですヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

その研究の第一人者である斯波さんから直々に学べる私達はなんと幸運なのでしょう✫★✬*:・ヽ꒰ ◍′Д‵꒱ノ・:*:・゚✩✫✦


日々、一生懸命時間のない中、暗唱に、書き取りに励んできた仲間達にも、
この斯波さんからの特別授業は、
大きな励みとなりご褒美プレゼントだったことと思いますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


私達みんな斯波さんのコホシの授業に感動いたしまして、
斯波さん、本当にありがとうございました(∗ඹᴗඹ̥∗)♡*+:•*







3月30日(土)
この日は彼と福岡に出掛けましたo(^▽^)o

本当はとある講演会の福岡講演に行く筈だったのですが、
それが急に講師の方のご体調によりキャンセルになってしまったので、
広島から福岡のバスを予約していた私達は
福岡にお花見旅行に行くことにしたのです(ღ′◡‵)


福岡!!
ああ福岡!博多!!


実は今でも月に1~2度は福岡の夢を見るとですよ꒰#'ω`#꒱੭
(ちょっと博多弁ば使ってみたと!)


半径2kmの女Bebeなんですが、
2010年の夏に彼が東京から福岡転勤になり、
「長距離恋愛とかって無理(TДT|||)」と思ったBebeですが、
彼の手厚い支援と、
『それでも会いに行きたい(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)』という気持ちが、
二年弱(しかもその内4ヶ月以上は横須賀出張だった)で10回以上の福岡通いと相成りまして(#^.^#)


初めて目にする食材や風習(●ꉺωꉺ●)

それらのもの総てが、
「ああ!彼のいる福岡のもの!!」と思い、
大好きになったのです꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ


福岡勤務は超ハードで、
深夜帰り、朝帰りは序の口で、
時に二徹なんてこともあった福岡で、
彼の帰りを待ちながら、
周りに友達も居ない福岡で、
買い物に通った福岡・西新、唐人町!!


何しろ無農薬野菜とかも凄く豊富で安い٩(♡ε♡ )۶

また住みたい位の楽しみだった福岡行きは取り止めません(`◕‸◕´+)キリッ!



豆ご飯炊いてお弁当も出来ました♪
画像1



今年は桜の開花が物凄く早かったので、既に盛りを過ぎていますが…(#^.^#)

画像1




芽吹き柳もキラキラと…
画像1






大好きだった唐人町のかまぼこ屋さんも寄ってヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙
画像1




ああ!西新のリヤカー屋台の市場キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

画像1



二年間、指を咥えて見ていた博多曲げもののお重箱買ってもろた٩(♡ε♡ )۶
画像1



バスで行ったからあまり重い物は買えないけど、
それでも広島からしても博多の野菜は激安なので、苺やら野菜などを買い込んで、
広島に帰りました(ღ′◡‵)






翌3月31日(日)は、
広島ご近所の広島城にお花見ピクニックヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙



福岡で買った高菜漬けで高菜おむすび(∩╹∀╹∩)
画像1




ちょっと曇天ですが、桜とお城は良いですね(*´∇`*)
画像1



原爆を投下され、焼けてしまった広島城ですが、
日清戦争時には大本営が置かれ、明治天皇が指揮なさったとか!!

その時も、
天皇陛下が寝起きをなさる場所は、屏風一枚だけで、
本当に質素で、
古より日本の天皇・アマカミ、アマキミが質素を旨とし、
タミの為にヒ(一)よりト(十)までを尽くされてきたことが窺われます。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
(素読の会の松田先生談)



お花見の後は『クラウドアトラス』という映画を観に行きましたが、
人の生まれ変わりの仕組みに考えさせられるものがあり、
お勧めで~す(○´3`)ノ
ちょっと複雑で、一回観ただけぢゃ、Bebeなんか分からないんですけど(/●◔∀◐●)/








四季折々の季節の食材に恵まれた日本の国!
とりわけ春の恵みは嬉しいですよね(♡´◡`♡)


菜の花の苦味は解毒効果も(○´3`)ノ
4月1日のお弁当
画像1





タケノコ茹でたり
画像1





とか言って、フランスの風習ですが꒰#'ω`#꒱੭
《四月の魚・Poisson d'Avril 》という名のパイを焼いて…
画像1





ウドや山菜には冬の間に溜め込んだ毒素を排出する力がヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙
4月2日のお弁当
画像1





大体週8本、毎日おでんわホツマの授業がなんやかんや入っているBebeですが、
土日以外では水曜日はオフ日にさせて貰ってるので、
4月3日(水)は、広島駅前の市場に出掛けたり(○´3`)ノ
画像1



そういうOFF日は、自分自身の勉強も頑張りますヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙
買い物帰りにカフェで書き練♪
画像1



あ、広島に居ると半径2kmどころか、
半径500mの女になっちゃって、
普段はカフェなんて滅多に入らない(ってか、ないっ!!)のですよ(#^.^#)
八丁堀とか広島駅前という大都会に出て来た時位ですの(#^.^#)



そうして翌4月4日(木)は、
東京に帰るに当たっての食材始末のベジ餃子お弁当(○´3`)ノ
画像1



昼過ぎには、
広島の大学院生さゆちゃんが来て、
残った食材で一緒にお昼ご飯を食べ、
前週金曜日の斯波さんのコホシの復習と奉呈文の授業をしまして、


さゆちゃんのノートに本当に感動したんですけど。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
アップは控えますね(#^.^#)


夕方家事を終え、
東京に帰って来ました*。⋆ฺ(*´◡`)ノ



今日もお読みいただきありがとうございま~す◟꒰◍´Д‵◍꒱◞



❀附録・映画『クラウドアトラス』予告❀




出雲旅行と広島行きのこと。2013年3月半ば

3月半ば

この頃、エミちゃんのお父様とのおでんわホツマの授業は、20回目を迎え、
奉呈文(序文)もそろそろ終わりに近づきました(´✪‿✪`)



Bebeはと言えば…
肩や腕の骨の痛みは随分と楽になってきたものの、
なぜか大風邪をひいて3日間動けずにおりました(/●◔∀◐●)/

けれど、Bebeにとっては熱は恵みなのですよ(๑´ლ`๑)フフ♡

発熱=悪、ではなく、
身体が闘ってくれているからこその発熱なのです꒰*✪∀✪꒱♬ ♡*:・


症状はサインであって、
症状が悪なのではありません(ღ′◡‵)


やれ熱が出たから下げる!
お腹下したから下痢止めを!
頭が痛ければ頭痛薬(痛みを感じさせなくする)!

では、
原因にはアクセスせず、
身体さんが闘ってくれているのを無視どころか妨害しちゃってます╮(ਊ◞‸◟ਊ|||)╭


総ての病は、
「巡り」が滞っているからヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

ひょっとして人類全体の、
地球環境への巡りを壊している故の、
その人自体が直接関与した訳ではなくとも、
被害者ではなく「人類としての」責任はあるのですから、
そういう意味でも「巡り」なのかもです。。。


(あ、メグリ=メクリ、です( ´ ▽ ` )ノ
日捲り暦みたいですね(๑´ლ`๑)フフ♡)


もしも難病に苦しんでいらっしゃる方がいらしたら、
気分を害されたらごめんなさい、ですが。。。


病が「罰」という意味ではないのですよ(´✪‿✪`)

いろんな事に気づけたり、
それすらも大きな大きな恵みなのだと思いま~すワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!




画像1

アワノウタ
カダガキウチテ
ヒキウタフ
オノツトコヱモ
アキラカニ
ヰクラムワタオ
ネコヱワケ
フソヨニカヨヒ
ヨソヤコヱ
コレミノウチノ
メクリヨク
ヤマヒアラネバ
ナカラエリ
スミヱノヲキナ
コレオシル

(ホ1-5~1-7)

毎度、カタカナだと助詞や特殊文字や数詞の表記が伝わらなくて哀しいわヽ(;▽;)ノ



アワウタはアワ(天地)のメクリ(循環)に合う・同調する韻律ですので、
氣とか血液とかリンパとかの巡りが良くなって病気がなくなるようですよヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙




そういう訳で、
前置き長くなりましたが、
こんなに調子悪くて大丈夫(TДT|||)??
と心配しましたが、
当日奇跡的に回復し(いつもそういうタイミング運は抜群です!)
3月18日には夜行バスに乗って京都に出発しました(○´3`)ノ



ヲシテ仲間のエミちゃんのお嬢ちゃん・アイナちゃんの作品を観たり、
エミちゃんや京都のお友達に逢って楽しい一時♬♩♫♪☻(●´∀`●)☻♪♫♩♬

画像1



画像1


その夜は広島へ(ღ′◡‵)


広島に転がりついたものの、
やっぱその週は体調ダメダメで、
それでも何とか日々のお弁当作り(⇦クリック)とおでんわホツマの授業は頑張ります(/●◔∀◐●)/






3月22日(金)

その日は、ゆーちゃんとエミちゃんのおでんわホツマの40回目でしたワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!

三人一緒に10/19に教科書「記紀原書・ヲシテ」を注文して頑張ってきたよ꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ

そして、その日の授業は、
日本ヲシテ研究所の斯波さんの授業参観?参聴?もありました(๑´ლ`๑)フフ♡

Bebe達のおでんわホツマの半分位は、素読や暗唱練習です(´✪‿✪`)

それでも、みんなヲシテでの《読み》だけでなく《書き》も出来るようにしながら、

また「ツボ三つ上(ま、古代の地図は今とは上下逆さま、らしいですが)から??」
とBebeが問えば、
即座に「ケタツボ(ケタツホ)・ハラミハツボ・オキツボ!(`◕‸◕´+)キリッ!」と答えられます!!



あ、濁点、濁音に関してはそもそもなかった、は同意しますが、
濁点を総て取っての音読、練習してみましたけど(何事も実践実験しております!)
発音上、練習しても難しいものは沢山ありますよね(ღ′◡‵)

例えば、
東北の方が(あ、差別ぢゃありませんよっ!)
「おら、イザナギなんで、言っでね!!イザナギだべ!?」
って、
いくら「イサナギ」と仰ってるつもりでも、
きっと「イザナギだべ!?」と聞こえることってあるでしょうねウン(●´・д)(д・`●)ウン


それから、
アフリカの難しい発音とか、
日本人には聞き取れない発音て沢山あるでしょう??


また、中国や韓国の方は、
日本の清音と濁音の違いは聞き取れない(=発音出来ない)でしょう??
差別的な例で申し訳ないですが、
「戦争中、『十円五十銭(じゅうえんごじっせん)』て言ってみろ!
というのがあって、
どうしても中国人や韓国人の方には、
『チューエンコチッセン』としか発音出来ない」とかあります(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…
(かと言って、韓国とかは母音数は日本より多いですから、
日本人には難しい発音もあるでしょうね!!)


私達は、教科書通りの発音(清音表記はその通りに)は心掛けていますが、
文字(書き言葉)は殆ど清音だったは同意しますが、
1~4アヤ位迄続けて何度も、総ての濁点を外して読んでみた結果、
顎も攣りそうですし、
そこまで不自由な思いをしながら発音したか??は甚だ疑問で( ;´Д`)
発音上も「清音」説はちょっと疑問です(´✪‿✪`)

例えば、表記は「(助詞の)は」でも「わ」と発音するように、
リエゾンってあって普通だと考えてま~す(○´3`)ノ


ま、私達だって、「ヒカシ(東)」とか「オキツホ」位はスラスラですけど(((✿ฺ≧▽≦)彡☆







3月23日(土)
その日は朝5時起きでお弁当作って、
朝6時には、広島まほろばの会の松田先生がお迎えに来てくださって、
出雲・松江ツアーに出発しましたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

Bebeと彼は人生二度目(2012年の7月に1回目)の出雲ですo(^▽^)o


画像1

美保神社では結婚式が꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ

美保神社と言えば、オホナムチの息子のクシヒコ(大物主神/二代目オオモノヌシ)様ですね(♡´◡`♡)
慢心した父上オホナムチ様に諌言されましたが、聞き入れてもらえず、
この美保関(みほのせき)にて隠遁生活を送られます♪
鯛を釣っている恵比寿さまは、このクシヒコ様の笑顔がモデルのようです( ◜◡‾)(‾◡◝ )




それから、「フトマガリ」について調べてた時、
美保神社の青柴垣(あおふしがき)神事のフトマガリが(΄✹ਊ✹‵)
画像1







画像1

鷦鷯家(ささきけ)や明治の建物の老舗旅館「美保館」も素敵꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ






出雲國二宮・佐田神社の近くでお弁当ワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ
画像1

この日は松田先生のお誕生日で、苺のパイも焼いたよ(○´3`)ノ





画像1

松江フォーゲルパーク(鳥の楽園)





稲佐の浜
画像1

神有月にはこの浜から各国の神々様が上がって出雲大社に向かわれるのだそう!!





画像1

八百万の神々を先導された龍蛇神様が、こんな風にして(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…






画像1

この海では【エイ】リアンも獲れるらしい∑(❍ฺд❍ฺlll)





画像1

出雲大社の大注連縄ワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ




画像1

出雲はつい最近まで、古代に文化があったとか信じられていなかった!!
単なる神話だと思われていたのですが、1980年代に荒神谷遺跡が出て初めて、実際に古代の事が。。。


と同じように、出雲大社の空中神殿は、
高さが、48mとも96mとも言われているけれど、
こんなに柱もデッカ~~~~い+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚

それも、またオオナムチさまが「カシマダチ(鹿島立ち)」=右の臣としての職務を解かれる、
ことの原因にもなったり( p′︵‵。)









画像1

日御碕(ひのみさき)神社
出雲はまたソサノヲ(素盞鳴尊)様と所縁が深い地ですけど、
日沈宮にはアマテルカミが(´✪‿✪`)








画像1

また出雲の熊野神社の亀太夫神事、
出雲大社の神官がお餅を持って行くと熊野大社の下級神官・亀太夫に叱られペコペコする神事も興味深いね(΄✹ਊ✹‵)




画像1






画像1

舊出雲驛(旧出雲駅)カッコいいねヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙





帰りは出雲蕎麦を頂き
画像1


温泉に入って。。。


実に18時間の旅でございました(w´Д`w)










翌3月24日(日)は松田先生の素読の会に参加(○´3`)ノ

画像1


この日はBebeも、
参加者の皆さんにヲシテで名前を書いて差し上げる、というお手伝いをいたしました(○´3`)ノ

会場となった邇保姫神社(にほひめじんじゃ)は、
1945年の原爆投下にも旧社殿は残っていたものの、
2007年に放火され焼失してしまって新しい社殿でした!

ニホツヒメ、ニホツヒメ…


あーーーーーーーーーっっ∑(❍ฺд❍ฺlll)

ニホツヒメってニフノカミ!!!

つまりはアマテルカミの妹(姉として生まれたが戸籍上は妹)のワカヒメ(ヒルコヒメ)ぢゃないのぉ(TДT|||)??


キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー


こんなところでも、
いくら『蛭子』『水蛭子』だの書かれ、存在を抹殺されようが、
和歌の語源ともなった才女ワカヒメはまたこうして神社に残されているのですねぇ。+゚(つз`o)゚+。


と、感動したところで、
長くなりましたので、
続きはまた今度+:.゚(人>◡σ).。+゚


お読みいただきありがとうございま~~~す♬♩♫♪☻(●´∀`●)☻♪♫♩♬








お江戸も春うらら・2013年3月前半のこと

エミちゃんのお嬢ちゃんアイナちゃんのヲシテお習字(΄✹ਊ✹‵)
画像1


アイナちゃんは学校のお友達にもヲシテを教えていて、
クラスの半分以上の子はもうヲシテを書けるんだってキャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

素晴らしいね੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ





弥生三月ヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

ゆーちゃんとエミちゃんの授業は、ホツマツタヱ2アヤ「アメナナヨトコミキノアヤ」の半分迄進んで来ましたo(^▽^)o

アメナナヨ、つまり初代アマカミクニトコタチから、
7代目アマカミ(今でいう天皇皇后)イサナギ・イサナミ様までのうち、
とうとう5代目アマカミ、オオトノチ・オオトマエまで進んで来たよ(○´3`)ノ

オオトノチ・オオトマエ様の別名は、ツノクヰ・イククイなんだけど、
古事記なんかでは誤って書かれているね(╯•﹏•╰)

そしてどうしてツノクヰ・イククイ様が「オオトノチ」「オオトマエ」と呼ばれるようになったかの由来も書いてあるよヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙




【初代】
《ヲ》クニトコタチ
《紀》國常立尊(くにのとこたちのみこと)
《記》國之常立神(くにのとこたちのかみ)


【2代目】
《ヲ》クニサツチ
《紀》國狹槌尊(くにのさつちのみこと)
《記》豐雲野神(とよぐもぬのかみ)


【3代目】
《ヲ》トヨクンヌ
《紀》豐斟渟尊(とよぐもぬのみこと)
《記》宇比邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)


【4代目】
《ヲ》ウビチニ・スビチニ(別名(幼名)モモヒナギ・モモヒナミ)
《紀》泥土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)
《記》角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)


【5代目】
《ヲ》オオトノチ・オオトマエ(別名 ツノクヰ・イククイ)
《紀》大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫邊尊(おおとまべのみこと)
《記》意富斗能地神(おおとのじのかみ)・ 大斗乃辨神(おおとのべのかみ)


【6代目】
《ヲ》オモタル・カシコネ
《紀》面足尊 (おもだるのみこと) ・惶根尊 (かしこねのみこと)
《記》淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)


【7代目】
《ヲ》イサナギ・イサナミ
《紀》伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)・伊弉冉尊 (いざなみのみこと)
《記》伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)



ヲシテで書かないでカタカナで書くと、
なんだか漢字の方が一見立派そうに見えるけど(#^.^#)

でも漢字はその後輸入した外国文字ですからね( ;´Д`)

それになんだか「泥」とか「邪」とかって字の印象も、どうよ~??(╯•﹏•╰)
自分の子供とかにこぞって付けたくなる字ですか!??
ましてや。。。





また広島まほろばの会の松田先生が丁度、三月三日にホツマツタヱの話の雛祭りの由来を習ったそうで、
俄然ホツマツタヱやヲシテ文献に興味を持ったそうで、
松田先生に「よみがえる日本語」を贈ったり、
ヲシテ表もせっせこ作ったりしました꒰#'ω`#꒱੭
画像1




この頃(3月5日でした)Bebeは、3アヤ「ヒヒメミヲウムトノノアヤ」の暗唱達成。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪


暗誦って特別なことぢゃないよo(^▽^)o
誰にでも出来て簡単やからやってみたら良いよ(○´3`)ノ

難しそう!と思ってやってみない人が多くて、勿体無いよ(*/∇\*)

Bebe達のホツマツタヱ勉強仲間も見てご覧よo(^▽^)o
みんな出来てるよヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙

時間のない人は、1日に「5+7」のたった12文字だけでも覚えていったらいいんやよo(^▽^)o

Bebeは覚えるのは、専らお風呂と歩く時だけど꒰#'ω`#꒱੭


特別の勉強時間を作らなくても、仲間達もみんな工夫してるよ( ´ ▽ ` )ノ






そして3月6日には日本ヲシテ研究所の斯波さんに初めてお会いすることになりましたキャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー


画像1


斯波さんは、田んぼや畑もやってらっしゃり、ご自分で育てて収穫されたお米や里芋を持ってきてくださり、
そんな嬉しいご馳走とピクニックですワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!

画像1



颯爽とした着物姿で現れた素敵な斯波さんは、
「よみがえる日本語」の構想、ヲシテの形の意味解きをなさった方で、
農や着物に親しんだりという素敵な感性が
またそうした豊かな発想と結びついてらっしゃるのでしょうね꒰*✪∀✪꒱♬ ♡*:・


コホシ(九星)のこと、
またヲシテの成り立ちの事など色んな事を教えていただきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

こうした初心者の私達にありがとうございま~すワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ

斯波さんのノートは、筆ペン書きでとっても素敵です(๑´ლ`๑)フフ♡

画像1


単なる懐古趣味というのではなく、
PCやハイテク機器をも使いこなせ、
古いものも新しいものもニュートラルに研究なさる姿勢が素敵ですね✩⃛˞(๑ꆨ৺ꉺ๑)♡



そうして、Bebeが次に広島に行く3月後半には、
Bebe達のおでんわホツマの授業参観(といってもSkype)と、
更にその翌週にはコホシなどのヲシテの図相の原理などの特別授業、
Bebeも、ゆーちゃんも、エミちゃんも、エミちゃんのお父さんも、さゆちゃんも、雅子さんも、
揃って受けることをお約束していただき、
とてもワクワクしながら、
ヲシテの世界に胸をときめかせておりました( ✪ฺД✪ฺ)★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜


画像1

3/9もう東京の桜満開でびっくり(΄✹ਊ✹‵)



この頃通算120回授業達成ワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!
3/12当時の授業記録
ゆーちゃん 10/21〜 27回
エミちゃん 10/23〜 27回
ゆー&エミ合同 2/4〜 11回
あいな 10/23〜 7回
兄 11/5〜 13回
エミパパ 1/15〜 16回
さゆり 2/4〜 10回
まさこ 2/14〜 8回
合同フトマニ 2/1

画像1









ヲシテ研究者の方々と知り合うo(^▽^)o東京での2月後半の日々のこと


6/6未明東京に帰って参りまして、1週間以上、下書きのまま放って置いた記事、取り敢えずアップします(#^.^#)


と共に、賜りましたコメントのお返事もお返し出来てなくてごめんなさい\(//∇//)\

落ち着き次第書かせていただきます(#^.^#)





♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡*゚¨゚゚・♫*:..。♡



2013年2月後半


さて、この頃Twitterで、ヲシテ研究所の平岡憲人さんやびーちぇさん、斯波克幸さんに仲良くしていただき、
先生もいないまま初心者集団で歩んできた私達も、
ようやっと同志の先輩方を得た想いでした(´✪‿✪`)

中でも、斯波さんには本当に親切に色々お教えいただき、
私達もヲシテの道を学ぶ喜びをより一層知った想いでしたヾ(˹ᆺ˺✿)ノ゙


また、ヲシテ研究40年の池田先生にも、こうした私達のような初心者も、
池田先生の提唱なさっている
「ヲシテの原文そのもので味わうこと」
「素読百回」方式で学んでいる1年生も、ちらほら出てきた事を知っていただき、
こうして応援していただくことになったのは、
何という大きな喜びでしょうか。+゚(つз`o)゚+。

ヲシテで読み書きをマスターするには、
(相当の!というほどではありませんが、)
ほんの少しの努力が必要だからです(´✪‿✪`)

けれどもそれらは、ヲシテ文献を読むにあたっての【お約束】であり、

例えば音楽を学ぶために【楽譜を読んだり書いたりできること】や、

例えば経理を学ぶために【複式簿記の仕訳などが読み書きできること】や、

コンピュータのプログラミングをするにあたって【コンピュータの言語や関数が読み書きできること】!!


それらと一緒なのだと思いますo(^▽^)o



そして、
見慣れないヲシテ文字ではありますが、

基本はたった
【母音5コ、子音10コ】を覚えさえすれば、

あとは組み合わせであり、

アルファベット26文字より難易度は易しいと思われますし、
ハングルを覚えるより遥かに易しいと思われますし、

ええっと!
アルファベットは目が慣れてらっしゃるなら、
キリル文字やギリシャ文字、ロシア文字、に置き換えてみてもいいですよ(#^.^#)


おまけに、発音は【日本語】なのですから~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/







2月になると、
お蔭様で肩や腕の骨の痛みもぐっと軽減し、
ヲシテの書き練習も余計に楽しくなって来ましたワ━(*´Θ`人´Θ`*)━ィ

画像1


ちょっとの振動で悲鳴を上げのたうちまわる程の痛みから思えば、
沢山の書き練習が出来るようになったのは何という恵みでしょう੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


まだ筆圧は強くなく、
オマケに楽しくて楽しくて沢山書いても覚えますから、
沢山鉛筆デッサンした10代の頃でさえ、そんなに鉛筆の品質の差は分かりませんでしたが、
もう鉛筆の滑らかさの差が如実に感じられます(;●ꉺωꉺ●) ゴクリ…

デザインの格好良さではステッドラーとか好きだったのですが、
芯も硬いし、
第一ナイフで削っているのですが木もユニの方がずっと節なく滑らかに削れます(๑´ლ`๑)フフ♡

あまり贅沢すれば良いって程でもないし、
ましてや誰かに見せるための作品でもない、自分の練習の為ですから(#^.^#)
三菱鉛筆のユニのBを週に1~2本は消耗してしまうのだって、
かなりな贅沢だと思います꒰#'ω`#꒱੭


短くなると鉛筆補助軸を付けますが、
それでももうこの辺になると補助軸の装着も難しくなります(#^.^#)


また、こんな真っ白いノートに、
日に何ページも、
自分の練習だけで消耗させていただくことが出来る時代に生まれさせていただいた有り難さヽ(;▽;)ノ

だってBebeは女王さまでも貴族でもなければ、
その書く行為自体が誰かのための何かを生み出している訳でもなければ、
たった100数十円で買えるノートですが、
それらのパルプだって外国、特に第三世界からの、
経済格差を利用した輸入に頼っているものが多いのだと思うと、
その恵みは無駄には出来ないでしょうし、
こうして書ける恵みはありがたいものの、
どうか経済格差を利用しての弱肉強食が是正されますように(。-人-。)

と祈らずにはいられません。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。







エミちゃんとゆーちゃんは2アヤ「アメナナヨトコミキノアヤ」から合同授業に入り、

2月22日(夫婦の日??)には二人とも、
33回目(3月3日のお話)の授業で、

モモヒナギ・モモヒナミの結婚式のお話=3月3日・雛祭りの起源にも入りました+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
画像1


御酒の由来、
盃の由来、
本当に面白いです(●ꉺωꉺ●)
画像1


画像1


画像2







そしてその頃、Bebe自身の暗唱は通算50ページに達しましたワ━━ヽ(′▽`*)乂(*′▽`)ノ━━イ!!
画像1

そろそろ自分自身の暗唱は3アヤも終わる頃でした(♡´◡`♡)



2月24日
今年の味噌も仕込みましたヾノ。ÒㅅÓ)ノシ


画像1




始めてヲシテ研究所の斯波さんと3月にお会いする約束をいていただきながら、

東京では、いろんな友達に会う度にヲシテの話を熱く語っていた頃でした(´✪‿✪`)



それと共に、
2月より広島メンバー二人も加わり、
ご家族の看病の為、広島と大阪を往復する雅子さんは、新幹線待ちの駅でもお電話ホツマツタヱの授業を受けてます。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

大学院生のさゆちゃんも何カ国後もの語学や法律の勉強をこなしながらも、ホツマツタヱは学びたいと。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

Bebeもおでんわホツマ週10~8本と忙しくなったのですが、
その恵みは一段と大きくなりました੭່ʓ (Ō̥̥̥̥̥̥̥ ԑ Ō̥̥̥̥̥̥̥ ૢ) ੭່ʓ


初心者でありながら、
こうして仲間に恵まれ、
先輩方とも知り合うことが出来、
本当にありがたいことです꒰✪ૢꇵ✪ૢ꒱ෆ⃛ෆ⃛ೄ





最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
  • 『アマネク』というやり方
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ